【ショアジギング】メタルジグをスライドさせる方法とおすすめメタルジグ3選【釣れるアクション】

5年ほど前の記事を掘り起こしました( *´艸`)

オナ〇ーのし過ぎてクラッシュした右腕の痛みはなくなりましたけど、暑いんでね

去年までは平気で真昼間にショアジギしてましたけど、あれって慣れてたんですよ

初夏から真夏への気温というか概況に体を慣れさせて

そうすると服装とか準備とか完璧になるんすよね

今いきなり行ったら、たぶん〇にますw

それくらい体が鈍ってると思うわ

行くとしたら朝マズメかなー

ま、そう言うとるうちは行かないでしょう( *´艸`)

さてさて、今日はショアジギングのお話です

まぁまぁ得意分野ではあるとは思う

ショアジギングのメタルジグのアクションの一つ、スライドジャークの真夏のエロ体験談です

ショアジギングでメタルジグのスライドアクションを推す訳

堤防ショアジギでは、メタルジグを横っ飛びさせるスライドジャークを多用します

100回キャストしたら105回はスライドジャークで狙ってる

スライドジャークさせるためにほぼほぼワンピッチジャークで釣る

  • ネイリ(カンパチ)はスライドアクションが反応がいい時が多い
  • 体力が持つ(長時間続けられる)

大きな理由はこの二つですね

明らかに群れが入ってきてるのに反応が薄い時はワンピッチジャークでスライドするメタルジグで活性が上がる事が結構多い

活性の高い群れが入ってたらどんな動きでも釣れますけど、俺が狙ってるネイリは一日何回も回遊してる感じ

何となくですけど、無理矢理スイッチ入れてメタルジグを追わせるのはスライドジャークですね

ちゃんと検証してますからね、数回程度( *´艸`)

どんだけ早巻き、ジャカジャカ巻きをしてもネイリが浮いてこないけど、メタルジグをスライドさせながらワンピッチジャークで巻き上げるとワラワラとネイリが追ってくるってのを経験してる

数回ではないけど、まぁ数十回そういう経験したら、そりゃワンピッチジャークに頼るようになるでしょw

俺は単純なんすよ(/ω\)イヤン

ワンピッチジャークは途中から修行という感覚に陥りますので、座禅のようなもんですね

ここでタダ巻きやジャカジャカ巻きなどの煩悩に惑わされてはいけません( ー`дー´)キリッ

1時間に1回はあるであろう回遊をひたすらワンピッチジャークで待つのです

ワンピッチジャークしながら着衣プレイを真剣に妄想し続けることをお勧めします

メタルジグをスライドさせるにはロッドの動きではない問題

ショアジギシーズンになると何人も堤防でショアジギンガー様を見ますけど、ロッドをあおりながら釣る人が多いですね

Dカップ女子大生の俺からすると、ちゃんとスライドしてる?と思う動きな人も結構いる

まぁ、動かし方なんか時合いになりゃどうでもいいですけどねw

凄くロッドの動きは派手なのに、釣れない・・・でも近くで俺がちょこちょこ釣り上げるとマネしてくる人にも会いました

マネしてるのはロッドの動かし方とかピッチ(間隔)

俺が同じ調子でずーっとワンピッチジャークして釣るもんで、その調子(間隔)をマネてたんだと思うけど、やっぱり俺が釣るんです( *´艸`)

何回かそういうのがあったかなー

だって地元の散歩ジジイに、俺があまりにもオーラを放つ魅惑のDカップ女子大生だから覚えてくれてて「あんたが来たらあんたばっかり釣って帰りよるわ」ってセクハラされたことありますからね

ロッドを同じようにあおっても全然違うんですよ

シーバスロッドのような柔らかいロッドだと鋭いスライドジャークは生まれない

俺はバシッバシッと鋭くスライドするメタルジグのアクションを目指してるから、シーバスロッドの流用はしないし、かなり強いショアジギング専用のロッドを使うの

シーバスロッドと適合ウェイトギリギリのメタルジグでは同じようにロッドを動かしても、ネイリは釣果の差が出るんじゃないっすかね

食い気のある時は関係ないけどw

スライドジャークのコツはラインスラック(糸フケ)の操作

メタルジグのスライドアクションは、エギングのダートがかなり近い、というか一緒

ワインド釣法もスライドアクションに近い、というか一緒

エギングのダートもふにゃふにゃロッドじゃできないので、エギングロッドは全体に張りのあるロッドが多い

ダートの理屈が分かってるエギングをやってる人は簡単にメタルジグもスライドさせちゃうと思います

簡単に言えば

  1. ラインスラック(糸フケ)を意図的に出しては、ラインを張る
  2. ラインを張る時は、瞬間的に、一瞬で張る
  3. 音がバシっと出るくらい、一瞬で張る
  4. そして、張った瞬間にラインを緩めてラインスラックを意図的に出す

これの繰り返しでメタルジグはきれいにスライドしていきます

普通ルアーは、巻いてる方向に向かって動いてますけど、スライドさせるという事は、進行方向と全然違う方向にぶっ飛ばすアクションをさせるという事

なので、ラインを張りっぱなしだと巻いてる進行方向にしか動かないから、必ずラインを弛ませてメタルジグを自由に動かす時間を与える

その時にメタルジグの動く方向をコントロールすればいいだけ

メタルジグをスライドアクションさせる時動き・図解付き解説

さっき文字で説明したメタルジグをスライドさせる方法

  1. ラインスラック(糸フケ)を意図的に出しては、ラインを張る
  2. ラインを張る時は、瞬間的に、一瞬で張る
  3. 音がバシっと出るくらい、一瞬で張る
  4. そして、張った瞬間にラインを緩めてラインスラックを意図的に出す

これをとてもとても分かりやすいFカップ美大生に書いてもらったイラスト付きで解説します

メタルジグをキャストしたらたいていは着底させますよね?

ていうか、させろ

メタルジグが着底した段階でかなりのラインスラック(糸ふけ)が出てます

まずは糸ふけを取ってから2~3回シャクリ上げます

で、振り上げたロッドを下した状態だと下図のようになるハズ

っていうかなる

syoazigi01

ラインスラックが出てますねぇ

心配しなくても出るんですよ奥さん

これを一瞬でラインスラックを無くします

バシッとラインを張りましょう

syoazigi02

すると、矢印方向にジグが飛ぼうとする力が発生します

その瞬間、ラインを緩めましょう

ラインが張ってるのはほんの一瞬だけです

ほんの一瞬ですけど、しっかりとバシっと音が出るくらい張ります

そしてすぐにロッドを下ろしてラインスラック(糸ふけ)を出す

syoazigi03

ラインが緩んだ分、抵抗が無くなり、メタルジグは瞬間的に矢印方向に飛びます

syoazigi04

これで1スライド出来ました(^^)

飛んだ方向の逆側、メタルジグの後ろにラインスラックが自然に発生します

そして、それを瞬間的に張ります

syoazigi05

ラインに引っ張られたメタルジグは逆方向に飛ぶ力が加わります

syoazigi06

くるっとひっくり返って逆方向に向きました

ちゃんと向きますから奥さん

間髪入れずにラインを緩めてラインスラックを出しましょう

ラインを張るのは一瞬だけです

syoazigi07

惰性で横っ飛びします

syoazigi08

これを繰り返します

ラインスラック→張る→ラインスラック→張る

これの繰り返し

syoazigi09

海中では、メタルジグが斜めに走りながら左右に動く

これがメタルジグのスライドアクション

最初は上方向や斜め方向にスライドしますが、メタルジグ自体は重たいので上方向への動きはだんだんとなくなって、4~5回目のスライドジャークからはほぼ真横に動くようになるはずです

メタルジグのスライドアクションで幅を出す方法

慣れてくれば、ラインスラックの時間を瞬間的に調整すればメタルジグのスライドする幅もコントロールできる

これはメタルジグの種類(形状や重さ)によって全然変わってくるところっすね

スライド幅が長めのメタルジグや、すぐにスピードが落ちるメタルジグなど、いっぱいあります

これは釣ってる人の力加減やロッドの強さなんかでも違いが出てくるところですね

ほんで、幅が長いからどうなん?って話ですけど、スライドの幅があるってことは、同じ場所でスライドアクションしてる時間が長いって事

同じ5mでも何回もスライドアクションが出来るので、ネイリをイライラさせることもできると真面目に考えてます

美味しそう!!ってメタルジグを食ってくるよりも、しつこいんじゃボケ!!って食わせる事も意識してる( *´艸`)

スライドジャークは闘争本能を呼び起こす動きでもあるんじゃなっすかね

メタルジグがスライドした後のフォール時間の調整も

ラインを張ってメタルジグをスライドさせる時のコンマ何秒とかの世界ですけど、メタルジグがフォールする時間も意識しましょう

横っ飛びしたメタルジグの一瞬のフォール時間

これ、大事

バシッバシッとスライドさせながら、ちょっと食わせの間を入れる間隔

これ、大事

試験に出ます

スライド中のメタルジグには食ってこない事が多く、スライドが終わった瞬間やスピードが弱まった瞬間にアタリが集中します

なので、実際に食ってきた時、次の動作はもう1回ジャークさせるためにロッドをあおってるんですよ

自動的にフッキングできることが多いのもワンピッチジャークのメリットでもありますね

この瞬間的なフォール時間も1秒くらいとった方がいい時もありますね

俺の経験上では、40cmクラスの小さいネイリが多く入ってる時はフォール時間を長めにとるといい感じです

目に見える青物がいない時でも、このフォール時間はちょこちょこ違いは出してます

俺の場合、フルキャストして着底させて30回ワンピッチジャークしてまた底を取る、の繰り返しなんですけど、その30回シャクり上げてる途中で何回かフォールを長めのちょいスロージャークを入れる感じですね

1回のキャストでスライド幅やフォール時間をいくつか試す、そんな釣り方

日によってはパターンにハマるときもあるので、その日のネイリのクセが掴めたら連発したりもします

まぁ、単に活性が上がって時合いが来ただけかもしんないけど( *´艸`)

メタルジグをきれいにスライドさせたいなら専用タックルで

ラインスラックを張る力は一瞬で加えないとメタルジグはスライドしません

だから、シーバスロッドやシーバスロッド派生ロッドはお勧めしません

ロッドは曲がりやすければ曲がりやすいほどパワーを吸収します

魚のパワーもこちら側から入れるメタルジグへのパワーも吸収されてしまいます

なので、ショアジギ専用ロッドの硬さと張りがあった方がきれいにメタルジグはスライドします

ショアジギング専用タックルなら、ラインスラックをコントロールするだけでメタルジグは横っ飛びスライドジャークが出しやすい

女性でも簡単にスライドジャークが出来ると思います

もし、この記事でスライドジャークが簡単に出せた、という女性がいたら揉ませてくださいね(^^)

上手く説明できてないかもしれませんが、このロッド操作さえ掴めたら、真夏の堤防でも辛抱強くネイリを狙えると思います

厳選3選メタルジグのスライドアクションの詳細

俺が使ってるメタルジグは、完全にスライドアクションを考慮してのチョイス

この3つを気に入って使ってる

UZU 俺のシャバジグ

ネイリ(カンパチ)を釣るために作成したといわれるシャバジグです

唯一無二の形状で、シャバジグのスライドアクションの特徴は、初速とストップではないでしょうかね

シュッと動いてピタっと止まる

いやね、ピタッとは止まらないですよ、止まる訳ないでしょ(/ω\)イヤン

でも、他のジグと比べると明らかに食わせの間が出来ますね

欠点は高いって事です

メタルジグに1,000円以上払いたくねえって性分の俺でも、シャバジグは買ってしまう

なかなか手に入らないので見つけ次第大人買いですw

高いけどコーティングは強いし、普通に使うくらいじゃコーティング剥げたりしない

障害物にぶつけてやっと剥げ出すくらい強いですね

ジャッカル スライドスティック

これは形状から想像できる通りの動きwww

ビューンと横っ飛びして余韻を残したフォールって感じですね

俺の感覚としては、シャバジグはビシバシ、スライドスティックはびよーんびよーんですw

なので、明らかに動きが違うので使い分けができるんですよ

シャバジグでアタリが止まったらスライドスティックに変えてのんびりにチェンジ、その逆も然り

安いし手に入りやすいし、これは初心者にもめっちゃオススメ!

欠点は、ぶつけたらぐにょぐにょ曲がる事( *´艸`)

曲がっても力づくで直して使いましょう

形状が似ていたら同じような動きが期待できます

撃投ジグレベルも同じようなジャークができますね

スライドスティックの方が安いので買わなくなりました(/ω\)イヤン

スライドスティックを知るまではレベルがマストアイテムでした

エイムス メタルヘッドSL

これは左右非対称の形状で、予測不可能なスライドをするメタルジグですね

スライドさせたら突然下や上にどーんって動いたりしますw

フォール中もめちゃくちゃ変な動きしたりするので、これも先ほどのシャバジグ、スライドスティックと全然違う使い方が出来ますね

メタルジグ任せにはなるけど、変則的な動きが出ます

それがいいかどうかは知りませんけど、主力のメタルジグの間に使ったりですね

最近見かけないのが欠点

これもストックが少なくなったんで欲しいんですよね

まぁ、今シーズンはやるかどうかも分からんので来シーズンの話www

そんな訳でまた長文になってしましました

最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m