【全て分かる】サーフのヒラメ釣り入門【おすすめタックル・ポイント・釣り方】

サーフでルアーフィッシングは衰えを知らず年々人気が増しています。

サーフの釣りは、ルアーフィッシングの中でも結構敷居は低く、ヒラメやマゴチ、スズキ、ハマチやブリという高級魚が釣れるのも魅力の一つですね。

サーフでのルアーフィッシングが気になっている初心者の方向けに、すごくすごく簡潔にタックルや釣り方などを解説したいと思います。

サーフからヒラメを釣る!人気が衰えない理由は?

サーフからヒラメを釣る!人気が衰えない理由は?

サーフでのメインターゲットはヒラメ。しかも、サーフから釣れる魚はヒラメだけでなく、マゴチ、スズキ、ブリ・ハマチの青物も釣れます。場所によってはサワラ(サゴシ)、状況次第ではマダイまで釣れます。

どの魚も食べておいしい、しかも、お店で食べたら超高級扱いでそうそう手が出ない魚ばかり。これがサーフのルアーフィッシングが人気の高い理由でもあります

ヒラメの薄造り

お店で頼んだらいったいいくらするでしょう。こんなうまいヒラメがサーフから気軽に狙えて釣れるんです。そりゃ人気が高まる一方ですね

全国各地のサーフでヒラメが釣れる!

全国各地のサーフでヒラメが釣れる!

サーフの釣りは大人気でブームで、全国各地の外洋に面したサーフだと、ヒラメ狙いのルアーマンがたくさん確認できると思います。

特に休日の朝マズメに行くと、場所によってはズラーっと並んでルアーを投げているのが見えると思います。

今は全国的にもサーフヒラメは大人気なため、ちょっとしたサーフでもヒラメ狙いのルアーマンを見る事ができます。

そして、どのサーフからもヒラメが釣れてるってところが人気の一つです。

全国各地のサーフからヒラメは釣れてるので、どこに住んでいても狙えるターゲットと言えるでしょう。

急深サーフと遠浅サーフの特徴や釣り方など、別ページで解説していますので参考にしてみてください

【ヒラメ】遠浅サーフ・急深サーフの違いや特徴・命を守る注意点・おすすめルアー6選【マゴチ】

サーフからヒラメが釣れるシーズン・季節

サーフからヒラメが釣れるシーズン・季節

サーフからヒラメが釣れるシーズンは地域によって違いますが、一年中どこかしらで釣れてます。かなり大まかですが、以下のようなシーズンがヒラメが釣れる季節です

サーフからヒラメの釣れるシーズン
  1. 北日本 = 春から秋がヒラメのシーズン
  2. 西日本 = 秋から春がヒラメのシーズン

     

    ヒラメの適水温が関係すると言われていますが、ほとんどのヒラメ狙いの人は水温を測って釣りをしないと思います。行ける日行ける時ににサーフに行く、これが基本です。あくまでもシーズンって言うのは目安ですが、座布団ヒラメという70cm以上の大型も狙えるのもシーズン中とも言えます。

    ヒラメはサイズによってこう呼ばれてます
    40cm未満 ソゲ
    60cmから70cmまで 小座布団
    70cmから80cmまで 座布団
    80cm以上 大座布団

    座布団釣った~とかよく言いますね。ちなみに、40cm未満のソゲはリリースする事が多いです。県の条例などでは30cm未満はリリースと決められているところも多いです。強制ではありませんが、40cm未満の小さいヒラメはリリースする事をおすすめします。

    ヒラメが釣れやすい時間帯

    ヒラメが一番釣れる時間帯は、朝マズメです。朝マズメは手元がぎりぎり見えるくらいでまだ日が昇ってない早朝から太陽が完全に出るまでの短時間になりますが、ヒラメを釣るには最高の時間帯です

    朝マズメにヒラメを狙うアングラーが一番多いため、場所によってはかなり競合して空いてないという事もあるようです。夕マズメも朝マズメ同じようによく釣れる時間帯です。

    太陽が昇ってから(デイゲーム)もヒラメは釣れますので、釣る練習を人の少なくなったデイゲームでたくさんやってから、朝マズメに臨むのが一番良いと思います。初心者がいきなり暗い時間帯から単独釣行をするのはおすすめしません。

    まずは夕方の明るいうちにサーフに入って、夕マズメに暗くなるまで練習するのもおすすめします。

    サーフからヒラメを釣る時に使用するロッドはロングキャストできるロッドを

    サーフで使用するロッドはロングキャストできるロッドを

    サーフでヒラメを釣る場合、遠くへルアーをキャストできるロッドが有利です。サーフで使用するロッドは、10フィート以上が基本で、他のルアーフィッシングと比べると長いロングロッドです。今はサーフ専用ロッドがたくさんありますので、それから選んだら間違いないでしょう。

    コスパ抜群!メジャークラフト トリプルクロスサーフ

    1万円台で買えるサーフ用ロッドとしては作りもしっかりしたロッドです

    created by Rinker
    Major Craft(メジャークラフト)
    ¥17,856 (2022/09/29 22:12:29時点 Amazon調べ-詳細)

    コスパのいいサーフロッドの記事です↓

    初めての人でも扱いやすい テンリュウ サンドウォーカー

    ロッドの作り、キャストのしやすさ、誰が使っても文句なしのロッドです

    私も使っているロッドです

    本格的なサーフロッドの記事です↓

    サーフでは遠くへ飛ばせる大型リールを選ぼう【ヒラメ釣り】

    サーフでは4000番クラスのハイギアのリールが基本です。

    ロッドが10フィート以上のロングロッドなので、ロッドとリールのバランスも考慮するとそれくらいの大きさがぴったり。
    ロッドと違って、リールは安くても良いものが増えました。1万円台のリールでも防水、防塵機能がついてたり、ひと昔前と比べるとコストパフォーマンスが良い安いリールが多くなりました。

    コスパも性能も抜群 シマノ アルテグラ

    2万円でお釣りがくる金額ですが、性能は十分です

    私も使ってみて、全く問題なし、逆にこれ以上の性能は必要ないと思ったくらいです

    created by Rinker
    シマノ(SHIMANO)
    ¥14,637 (2022/09/29 20:53:05時点 Amazon調べ-詳細)

    サーフで使えるリールの記事です↓

    サーフで使用するおすすめPEライン・リーダー・スナップ【ヒラメ釣り】

    サーフで使用するおすすめPEライン・リーダー・スナップ

    サーフではPEラインを使用し、それにリーダーラインシステムで結束、その先にスナップを結ぶのが基本中の基本。PEラインは1号を200m巻くのをおすすめします。不意な大物が掛かっても安心です。リーダは4号~5号を選べば問題ないです。

    初心者の方は釣具店でリールとPEラインを買い、その釣具店でリールに巻いてもらう事をおすすめします。無料サービスでやってくれるはずです。リールにラインを巻く勉強にもなるし、行く行くは自分で巻き替えるようにした方がいいんじゃないかなと思います。

    コスパも良くおすすめPEライン サンライン シグロンPEx8

    色んな釣りにこのシグロンを使ってますが、コスパも品質も抜群です

    created by Rinker
    サンライン(SUNLINE)
    ¥1,804 (2022/09/30 00:08:11時点 Amazon調べ-詳細)

    リーダーと言えばシーガー Jr.シーガー

    リーダーと言っても、エサ釣りのハリスでも十分です

    created by Rinker
    クレハ(KUREHA)
    ¥771 (2022/09/29 21:37:17時点 Amazon調べ-詳細)

    リーダーに関しては、ちょっとお得でずるい買い方があります(笑)

    リーダーのずるい?賢い買い方

    最初に30~50m巻きのフロロリーダーを買います(安価でOK)。それが無くなったら、100m巻きなどの安くて大容量のハリスを買います。最初に買ったリーダーの空のスプールに大容量のハリスを巻いて使います。実は、リーダーとエサ釣り用のハリスは何ら変わらないですよね。ちなみに私の使ってるのは「銀鱗」です(笑)。

    created by Rinker
    クレハ(KUREHA)
    ¥925 (2022/09/29 20:53:06時点 Amazon調べ-詳細)

    安心の強さと大容量でコスパもいい ウォーターランド スーパースナップ

    スナップはスーパースナップをおすすめします(私も今使ってます)

    created by Rinker
    Water Land(ウォーターランド)
    ¥216 (2022/09/29 22:21:06時点 Amazon調べ-詳細)

    スナップは毎回交換しなくても2~3回使い回せしても特に問題はありません

    PEラインとリーダーとスナップの結び方【サーフからヒラメ釣り】

    PEラインとリーダー、スナップを買って並べても誰も結んでくれません(笑)。簡単にできる結束方法、ラインシステムやスナップの結び方を紹介します。

    PEラインとリーダーを結ぶラインシステム

    PEラインとリーダーはラインシステムという結束をする必要があります。ラインシステムと検索するととてもたくさんの結び方が出てくると思います。基本的には下の2つを注目して覚えてみましょう

    1. 電車結び
    2. FGノット

    初心者は電車結びをしっかり覚える事をおすすめします。コツとしては、PEラインを締める時にゆっくりとツバなどで湿らせて締める事。PEラインは摩擦熱で一気に弱くなるため、濡らしてゆっくり締めるが最大のコツです。

    実はラインシステムはいっぱいありますが、全てにおいてPEライン側に摩擦熱を起こさずにしっかり締められるかどうかが強度のカギです。

    FGノットは摩擦系ノットと言われる結束強度が100%近い強いラインシステムが組めます。ハードルは高いかもしれませんが「編み込み FGノット」で検索すればやり方が出てきます。

    家で何度も練習してみて、現場でもFGノットが組めれば最強ですね

    現場でのFGノットのやり方動画 → PEライントラブル回避の法則 と 編み込み式現場主義FGノット!

    村岡さんの動画はとにかく分かり易くて実戦的です。何回も見て覚えて絶対に損はないです。

    リーダーとスナップの結び方

    リーダーとスナップの結び方

    この画像は実際に私が結んでるスナップです。こんな感じで結んだあとの残り糸(ヒゲと言います)を長めに残してます。特に意味はないです。切るのがめんどくさいだけ(笑)。結び方は・・・20年くらい前に覚えて、ずっとこればかりしてたので結び方の名称が分からない!!

    私のやっていた結び方(ノット)はジャンスィックスペシャルっていう結び方でした。漁師結びの一種らしくてマグロ釣りにも使われている強いノットです。どうりで強い訳です。今まで何百匹の魚釣ってますけど、スナップの結び目で切れた事は一度もないです。

    サーフでヒラメが釣れるルアーは遠投性と安定性

    サーフでヒラメが釣れるルアーは遠投性と安定性

    サーフで使用するルアーは、本当に種類が多くて迷います。初心者であれば、比較的重たいルアーが遠投も効きストレスなく使えると思います。ヒラメを狙う場合は底付近にルアーを通すので重さは20~30gが扱いやすいですね。

    おすすめのルアーの種類としては

    1. ヘビーシンキングペンシル
    2. メタルジグ
    3. ジグヘッド(+ソフトルアー)

    すべてのルアーはただ巻きで釣れるので簡単です

    よく飛びよく釣れるヘビーシンキングペンシル DUO ビーチウォーカーウェッジ95S

    私のパイロット的なルアーです

    誰が使ってもよく飛んでヒラメのヒットゾーンである底付近を簡単に探れます

    サーフで大人気のぶっ飛びメタルジグ 飛び過ぎダニエル 30g

    メタルジグもヒラメを釣るのに重要なルアーです

    ただ巻きでよく釣れるメタルジグとして全国的にも人気のルアーですね

    遠投性も抜群のジグヘッド ビーチウォーカーハウル

    よく飛びソフトルアーの自然なアクションで思わずヒラメもヒットしてしまうジグヘッドです

    ルアーは基本的にただ巻きでOK

    ルアーのアクションは、キャストして着底させて、そのまままく「ただ巻き」でOKです。私自身、ヒラメの9割はただ巻きで釣っています。ルアーの詳しい使い方は下記に書いていますので最後まで読んでみてください。

    ルアーのカラーについて

    ルアーの種類以上に迷うのがルアーのカラーです。最初はとにかく「使ってみたい」と思うカラーを1個買ってみてください。

    ルアーフィッシングでは、派手な色の方が釣れやすいという常識がありますし、朝でも夜でも昼でも、どんなカラーでも釣れるんですよ。初心者の方はどうしても色んなカラーを揃えたくなりますが、カラーよりも種類違いを買う方が良いです。

    揃えて欲しいサーフで必須のアイテム【ヒラメ釣り】

    揃えて欲しいサーフで必須のアイテム

    ロッド、リール、ライン、スナップ、そしてルアー、これが揃ったらほぼほぼタックル的にはOKです。でも、サーフという場所は堤防や漁港と違って、波が来るっていうものがあります。

    下記の6つのアイテムも必ず買っておきましょう。実際にサーフで釣る時、ヒラメが掛かった時、持って帰る時、いずれの場合も困る事はなくなります。

    サーフでの釣りで揃えて欲しいアイテム

     

    ライフジャケット

    ウェーダー

    フィッシュグリップ

    プライヤー(長めのタイプ)

    ハサミ

    ナイフ

    サーフでは必ずウェーダーを履こう

    サーフでは波も来ますし、冬がシーズンでもある事が多いので防風防寒としても必須です

    ウェーダーの底の部分はフェルトでOKです

    基本的に砂の上で釣るので、スパイクは不要です

    フローティングベストもサーフで必須アイテム

    フローティングベストは安物でOKですが、安物は救命胴衣としての機能は期待しないでください

    あくまでも、ルアーやそのほかの小物を入れて身につけるものと思ってください

    created by Rinker
    プロックス(Prox)
    ¥5,944 (2022/09/29 20:53:10時点 Amazon調べ-詳細)

    ウェーダーにフローティングベストでも海に入って釣るのは辞めましょう

    ウェーダーを履き、フローティングベストを着たら、何か無敵になった気分になります(笑)。しかし、ウェーディングという海に入って釣るスタイルはサーフではやらないでください。

    波の強さ、高さは慣れていてもびっくりする事があります。太ももまで海に入ってしまうと、ちょっと強い波が来たら胸のあたりまで入ってしまい、簡単に転がされてしまいます。そうなったらウェーダー内に海水が入り、起き上がる事もできない場合もあります。

    初心者と言わず、慣れた人でもウェーディングがしないのがサーフの釣りです。

    ヒラメ掛かった時の必須アイテム プライヤー・フィッシュグリップ

    フィッシュグリップやプライヤーは、魚が掛かった時に必要なアイテムです

    特にプライヤーは、フックを外す時に絶対に必要です

    長めの大きなプライヤーを選んでください

    created by Rinker
    スミス(SMITH LTD)
    ¥1,591 (2022/09/29 21:37:19時点 Amazon調べ-詳細)

    フィッシュグリップは魚を持って帰る時にぶら下げる用途です(笑)

    リリースする際にもフィッシュグリップがあれば便利ですね

    ラインを切る時に必ず必要 PEラインを切れるラインカッター

    ハサミはPEラインを切るのに必須です

    ライントラブルなどでラインシステムを組み直した時にPEラインを切ると思いますが、これが歯で切れるようなもんではないので、釣り専用のPEラインを切るハサミは必須です

    ピンオンリール付きでフローティングベストに装着するタイプが便利です

    created by Rinker
    ダイワ(DAIWA)
    ¥1,320 (2022/09/29 21:37:19時点 Amazon調べ-詳細)

    釣ったヒラメを締める道具 フィッシングナイフ

    フィッシングナイフがあれば、魚を締める時にエラを切ったりできます

    ナイフは魚を締める時に必要ですが、私はダイソーの100円セラミックナイフを使ってます

    《次ページ~サーフでのヒラメの釣り方~2ページ目は下部のボタンで》

    サーフでヒラメがよく釣れるポイント・ルアーで狙う場所とは?

    サーフで狙うポイントは

    • 離岸流
    • 波打ち際
    • スリット(海底の溝)
    • 馬の背の周り
    • 川の流れ込み

    言い出したらキリがないですね

    サーフでヒラメがよく釣れるポイントとは?

    遠浅サーフの場合は、この図の青く囲んだところのように、沖目に浅い場所があるポイントを探してみましょう。沖目の浅場から波打ち際までの海水が溜まったようになる場所はヒラメがよく釣れるポイントです。こういうのはパッと見た目で分かりやすいポイントではないでしょうか。

    初心者の方は、ひとまず真っすぐ投げて、右か左に2m移動を繰り返してみてください。最初は離岸流も流れも分からない事も多いと思います。何回もやってると、自然と分かるようになりますので、いきなり離岸流をどうこうとか考えなくてもいいです。

    真っすぐ投げて2m移動、真っすぐ投げて2m移動、これの繰り返しでOKです。何度往復してもヒラメは釣れるのでしつこいくらい同じ場所を往復してみましょう

    サーフでのルアーの操作方法とヒラメの釣れるアクション【ヒラメ釣り】

    サーフでのルアーの操作方法とヒラメの釣れるアクション

    ルアーのキャストは「ペンデュラムキャスト」を覚えて下さい。Youtube検索すると沢山出てきます。

    サーフではいろんな種類のルアーを使いますが、先ほどおすすめした3種類の使い方を書いておきます

    ルアーを巻く(リトリーブ)スピードは?

    ルアーを巻くスピードの目安は、PEラインがちょっと張っている状態がベスト。

    まずはPEラインがたるむまで巻くスピードを落とします。PEラインが弛んだら、少し巻くスピードを上げて、PEラインがピンと張ったらそのスピードを維持してください。少し張ってゆるまず、これがルアーの巻き方のコツです。

    ルアーの種類や重さによってラインが張るスピードは変わりますので、ルアーによって自分で調整してください。初心者は早巻きになりがち、そして、ゆっくりの時に緩み過ぎる傾向が強いです

    サーフでの基本的なルアーの使い方

    サーフ初心者は、ひとまずシンキングペンシルからキャストしてみてください。シンキングペンシルは難しいなどという人がいますが、ちょっと考えが古いです。サーフの基本はシンキングペンシルです。

    シンキングペンシルをキャストして着水したら、すぐに巻かずに止めて底へ着くまで我慢してください。ルアーが底へ着いた合図は、PEラインが緩んだり、トンってロッドやハンドルに伝わるので分かると思います。底へルアーがついたら巻き始めて下さい。底へ着底させてから巻き始める、これを基本としてルアーを巻いてください。

    ジグヘッドメタルジグも同じような使い方です

    • キャスト → 着底 → ラインが少し張って緩まないスピードを維持

    これがルアーを巻くコツです。

    ルアーを巻いてる最中のロッドの角度は、真っすぐ前に倒して少しだけロッドの先が上がってるような状態をキープしてください。ロッドを動かしたりする誘いっていう動作は最初は要りません。

    ロッドを動かすよりも、ちゃんとルアーを巻く方が大事な基本技術ですし、普通にゆっくり巻くのが最もヒラメが釣れる操作方法です。基本はただ巻きですが、色んな動かし方はただ巻きで釣れるようになってからでOKです

    サーフでヒラメがヒットした時と取り込み方法(ランディング)

    サーフでヒラメがヒットした時と取り込み方法(ランディング)

    サーフでヒラメがヒットすると、色んなアタリが伝わってきます。アタリの種類は様々ですが

    • リールが急に巻けなくってロッドにガツガツと衝撃が伝わる

    恐らくこのアタリが多いと思います。普通に巻いてるといきなり衝撃がくるので誰でも分かると思います。ここでしっかりアワセろ!と言いたいですが、最初はロッドを立ててそのまま巻いてOKです。派手にアワセいれる人ほどバラしてます(笑)

    テレビでみるプロなんかは「演出」も含まれてます。実際はロッドが曲がってそのまま巻く方が逃げられる事が少ないです。私の体験談ですが、私は反射的にガツっとアワセるクセがありまして、結構な数バラしてます(^^;。

    サーフでやり始めた最初の頃は向こうアワセでヒラメの重さがロッドに掛かってそのまま巻いて全くバラシなしでした。サーフは向こうアワセという、魚任せのアワセでいいくらいです。

    サーフでのヒラメの取り込み(ランディング)の仕方

    ちょっと文章が長くなりますが、簡潔に言うと、ランディング中はロッドを変に動かすなって事を、詳細に書いてます。

    ヒラメが掛かったらどんどんリールを巻いてください。ロッドを倒して起こしてと忙しく動かす(ポンピングって言います)人もいますが、ロッドは掛かった魚の抵抗で曲がってると思うので、それをキープしてゆっくり巻いてください。

    派手にロッドを動かすと、魚にフック(針)が刺さってる部分が動いてバレやすいんですよ。これもテレビに出てる有名人が演出でロッドを派手に動かして巻いてる悪影響ですね。ロッドを変に倒したり起こしたりせず、曲がったまま固定でぐりぐりとリールを巻いて魚を寄せて下さい。

    だんだんとPEラインが岸に近くなってきて波打ち際にラインが近くなったら、かなり魚も寄ってきてます。ここで、ロッドの角度はそのままでリールも巻きながら後ろに歩いてズリ上げて下さい。できれば波に乗せると簡単ですが、最初はどの辺まで魚が寄ってるか見えない事が多いと思います。

    何となく岸近くまで来たと感じたら、思い切って後ろに歩きながら寄せましょう。ヒラメが波打ち際に見えるとしっぽをバタバタとさせる姿が見えると思います。ここまで来たら一気に後ろに歩いて波から引っこ抜きましょう。

    ロッドを曲げたままヒラメと綱引きするイメージが良いと思います。ロッドを煽って曲げてヒラメを波からぶち抜いてるのは確かにカッコいいかもしれませんが、それはいっぱい釣って慣れてからです。それがかっこいいと感じてるなら真似すればいいでしょう(笑)

    すごく勘違いしてる人が多い部分です。ロッドの曲がりを利用して横や上へ煽った方が魚を引き寄せられると思っている人が多いようですが、魚を寄せるためにパワーを掛けたいのであれば、ロッドを曲げるのではなく後ろに引く(歩く)方が簡単に魚が寄ります。

    根掛かりした時にルアーに力を掛けて外すしたり切る時にどうしてますか?ロッドを思い切り曲げても切れないでしょ?それと理屈は同じなんです。魚を寄せたい時は、ロッドを大きく煽って曲げるではなくて、ロッドを曲げたまま、そのまま後ろに引く、なんです。

    サーフでヒラメが釣れた時に注意点とヒラメの締め方・保存方法

    サーフでヒラメが釣れた時に注意点とヒラメの締め方・保存方法

    無事、魚をランディング成功しました!ヒラメにしろ、マゴチにしろ、釣れてからもしばらく暴れます。ここでフックを外すんですが、絶対に素手はダメです。フックを触った瞬間、頭振って大暴れします。

    ルアーにはフックが沢山ついており、魚に刺さってないフックが指に深く刺さる危険性があります。自分の指にフッキングさせる事故のほとんどが、素手で外そうとするからなんですよ。絶対にプライヤーを使ってフックを外しましょう。プライヤーが小さすぎても素手で外す状況に近いんで危ないので長いプライヤーがなお安心ですね。

    フックは刺さってるフックの軸を挟んで抜けばいいんですが、口の中だけでなく外側にもフッキングしたりもします。気を付けながら刺さってるフックを外していきましょう。

    ヒラメは胴体を手で押さえた方が外しやすいです。ヒラメの場合、お腹(白い方)が表になってると体をそらされるので暴れて外しにくくなります。色の付いた方?を表にして、胴体を押さえて動かないようにしてフックを外しましょう。

    足で踏んずけるのはかわいそうですが、初心者の方はそれがいいかもしれません。人目を気にして、人がいなければやさしく軽く踏んじゃいましょう(笑)最初だけですよ、初心者だけ。

    たくさん釣って慣れて、カッコよくチャチャっとフックは外しせるようになりましょう。私なんかは、魚体に触らずにフックをパパっと外しちゃいます。その方が魚も弱らないのでリリースしても元気です。

    40cm以上のヒラメなら堂々と持ち帰りましょう

    40cm以上のヒラメサイズが釣れたら食べちゃいましょう。その際は、ヒラメを締めますがさっさと苦しまずに締める。

    ヒラメの急所

    私の場合、最初にプライヤーで急所を突き刺します。ヒラメを裏返してエラの近くのTになってる部分にグサってプライヤーを刺して、大きくグルっと回して急所をぐちゃぐちゃにするイメージです。残酷かもしれませんが、何もせずに陸に置いておく方がヒラメは苦しいですからね。

    その際にナイフを使って急所を刺そうとすると、魚って意外と硬くて刺さらずに手が滑って大怪我の可能性もあります。プライヤーでブッ刺すのが安全です。ナイフはエラを切る道具と割り切りましょう。

    マゴチはエラとエラの間の頭の頂点?ヒラメの急所、マゴチの急所、魚の急所などでググれば狙う場所は分かると思います。ナイフでエラを切ると血が出ます。波打ち際でフィッシュグリップで口をはさんでジャブジャブするのが一番ですが、波打ち際も危ないっちゃあ危ないんで岸で血を抜いてOKです。

    締めた後のヒラメですが、私がサーフで釣る季節は冬なんで、砂地の湿った場所を掘って埋めちゃいます。冬なら砂埋めで1時間くらいは全然大丈夫ですが、一応1時間を限度にして、それ以上は砂に埋めないようにはしてます。

    近くに車があればクーラーに入れるのが一番ですが、私の釣りがランガンっていうサーフを歩きまくる釣りなんで、クーラーまで遠い事が多いんで、砂埋めです(笑)。春シーズンの温かい時期になると、昼間だとほぼリリースします。

    朝マズメなんかは日が差すまでは砂に埋める事もありますが、衛生的にも良くなさそうなのでリリースが多くなりますね

    砂に埋めた魚

    気を付ける点は、波打ち際に埋めない事です(笑)。波が入ると一撃で埋めた位置が分からなくなります。上の画像は波を食らって頭だけ出してたヒラスズキです。これがヒラメやマゴチだったら砂と同化して行方不明になっていた事でしょう。

    ちなみにクーラーは必需品に入れてませんが、買うとしたら大きめが良いです。

    90cm超えるブリだと飛び出てしまう大きさですが(笑)、70cmまでヒラメなら十分に入る大きさのクーラーです。

    サーフのヒラメ釣りは準備をしっかりすれば誰でも始められます!

    サーフのヒラメ釣りは準備をしっかりすれば誰でも始められます!

    サーフでヒラメ釣りをする場合は、タックルなどはしっかり準備しましょう。それさえできれば、後はサーフに通ってルアーを投げるだけです。本当に簡単にヒラメは釣れるもんです。

    私自身、初めて行った時に5枚のヒラメを釣るというビギナーズラックで完全にサーフでの釣りにハマってしまいました。サーフの魅力はヒラメだけでなく、メーター近い青物も釣れるんです。とにかくルアーフィッシングをやるなら、サーフヒラメはおすすめです。今すぐ始めましょう!

    なお、このブログは初心者だけでなく、かなり詳しいサーフでのヒラメ釣りの内容を記載した記事もあります。面白く楽しく釣りの魅力やタックルを紹介しているつもりです(笑)

    もしよければ、他の記事も参考に読んでいただければうれしいです。

    それでは、ご覧いただいたみなさんが座布団ヒラメを釣り上げて捌いて振舞う姿を想像して、終わりにしたいと思います。

    最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m

    MOSS77