【2023・2024年最新版】リーズナブルでコスパのいいおすすめサーフ専用ロッド・サーフでも使えるロッドたち、そんな立ち話【1万円から2万円】

毎年恒例のリーズナブルなコスパ抜群なサーフロッド特集です

あんまり目新しいロッドは出てないんですが、フラットレック1Gが発売されてるのでリライトしてみました

ロッドだけでなく、リールやルアーなどのタックルは釣果と直接は関係ないという結果がパパ活女子大生のアンケート結果として発表される予定だと聞いた気がする夢を見た記憶があります

タックルって所有欲を満たすもので、使いたいメーカーの使いたいロッドを使う事が楽しいってやつです

高いタックルを買うのは釣果を伸ばしたいって理由じゃないですもんね

そんな所有欲だけのためにロッドを買うのはあほくさいぜ

安いロッドでもヒラメは釣れるんだぜ

ダイソールアー使って釣って、安いパクリルアー使っても釣れるんだぜ

それが良かったらそうすりゃいい

ただし、メーカーが開発に何年もかけて作ったルアーにお金を出して使わせてもらってる私に絡むなってやつ(´ー`*)ウンウン

自分のモノサシで他人を測る人はたいていは口臭が酷い、そして口臭が酷いと自分では全く気付いていません

  • 高いロッドはいらない
  • 高いロッドは買えない
  • 高いロッドを買うなら安いロッドを2本買った方がいい

いろんな理由でリーズナブルなロッドを選ぶアングラーも多いと思います

安さを突き詰めると数千円で作った昭和竹製サーフロッドに当たる可能性もあります(ありません)

2023年から2024年シーズンの各メーカーから出てる安心して使えるリーズナブルサーフロッドを紹介してみたいと思います

言っときますけど、安いですからね

単にケチって買っといて「感度が悪い」だと「折れる」だの頭の悪い事言わない事です

釣りのレベルが高い人は、タックルの金額関係なくちゃんと使えるはずです( *´艸`)

この価格帯のロッドの特徴としては

  • ロッド重量はそこそこある(180g~200g)
  • ガイドがアルコナイト中心(普通に使う分には問題はない)
  • グリップやリールシートに語彙力が無い

一言で言えば、ちょうどいいブスです(怒られる)

それともう一つ、材料費や人件費などの年々コストが上がってるんで、同じロッド性能なのに単純にお値段だけ高くなってます

10年前くらいなら海外製がコストも人件費も安く作れたんですが、今は時代も変わって海外=安く仕上がるではないですからね

今の15,000円のロッドは数年前の1万円ロッドクラスと思った方がいいですよ(´ー`*)ウンウン

楽天Kobo電子書籍ストア
¥4,180 (2024/02/17 19:41時点 | 楽天市場調べ)

コスパ最強?サーフロッド メジャークラフト フラットレック1G

フラットレック5Gの下位機種、フラットレック1Gが発売されました

ひとまず、2023~2024年の一押しリーズナブルサーフロッドはフラットレック1Gです

釣具のバスメイトインフィニティ
¥14,080 (2024/02/21 01:57時点 | 楽天市場調べ)
釣具のバスメイトインフィニティ
¥14,520 (2024/02/17 17:51時点 | 楽天市場調べ)

えーとね

多分フラットレック5Gとは全く違うロッドです

名前だけ

えーとね

多分

トリプルクロスです(超怒られる)

フラットレック5Gをメインに使ってるんで、5Gと1Gの違いをうんと検証するつもりです

既に買ってるんですが、この前やっと段ボールから出しました(´ー`*)ウンウン

急にロッド重量を表記してる(10.6フィートモデルで202g)

フラットレック5Gはメーカー表記はないけど、うちにあるのは150g台という強烈な軽さ

富士工業製Kガイドフレーム採用なので、恐らくSicリングガイドだと思われます

この価格帯でSicって他のメーカーにはない仕様です

このインフレのご時世に1万円前半って価格ですし、大変怪しい、いや、失礼、どんなロッドに仕上がってるか楽しみです

ダイワのコスパのいいサーフロッド オーバーゼアとシーバスフラットX

ダイワはサーフ専用ロッドとしてオーバーゼアシリーズを発売してます

ハイエンド・中堅機種・廉価版と3つで展開しています

オーバーゼアシリーズでの廉価版のオーバーゼアです

ダイワ(DAIWA)
¥18,865 (2024/02/15 09:22時点 | Amazon調べ)

ロングロッドを使ってみたいけど、11フィートは長すぎるなーって思ってたらこれかも

ガイドがトップだけSicであとはアルコナイトガイドっす

特に問題はないです

これが問題だと考える人が問題です

安いロッドはアルコナイトでトップSicってのがどのメーカーでも言える事

だってね、ガイドメーカーなんか日本に人差し指だけで数えられるくらいしかないですから( *´艸`)

売れ行きがイマイチパッとしないオーバーゼアシリーズとは別にお求めやすいシーバスフラットXという機種が発売予定です

釣具のポイント 楽天市場店
¥11,935 (2023/10/09 15:48時点 | 楽天市場調べ)

レングス(長さ)が10フィートまでしかないのが痛いところですが、昨今のインフレご時世に1万ちょいというリーズナブル価格が魅力です

ネーミングも初心者が見てもすっごく分かりやすいw

10フィートモデルでルアーは50gまで、ロッド重量は170gとなってます

ダイワのロッドは軽いですが結構曲がるロッド(柔らかめ)が多いので、恐らくそういう傾向が強いかなと予想してます

ガイド素材などの詳細はサイトに出てませんが、この価格なんでいちいち文句言わねえことだ(´ー`*)ウンウン

どーしてもいちゃもん付けるアホが出てくるんですけど、100円の寿司に一流寿司職人が採点して採算度返しの美味さを当然のように求める日本人気質はどうにかならんもんかね

寿司なんか女子アナが洗ってない手で握ったのが一番おいしいでしょうし、田中瞳アナの握った寿司なら一貫1万円出してでも食べたいし、若林有子アナのお風呂の残り湯で作ったあがりなんか1杯5万円で飲んでみたいですよね(´ー`*)ウンウン

シマノのコスパのいいサーフロッド 22ネッサBB

シマノと言えば堀田氏であり、堀田氏と言えばネッサ氏でしょう

ここ最近、若いイケメンと一緒にネッサ氏をアピールする方向性になってます

世代交代も含め、徐々に堀田カラーを変えていくのかな・・・

2024年はネッサリミテッドが出ますし、次のリミテッドは新たなサーフプロが監修するかもしれませんね

カリスマ性と20年以上サーフのトッププロとして走ってる堀田氏ではないネッサになるとすごくさみしい

と言えばウソになりますが、いつまでもおっさんに頼るわけにはいきまへんからね(超怒られる)

私の願いが叶うのであれば、志田音々ちゃん監修のねねっさリミテッドを出してほしいですね(´ー`*)ウンウン

志田音々ちゃんが一晩一緒に過ごしたモデルを限定として発売してくれるなら30万で買いたいです(´ー`*)ウンウン

ネッサシリーズは現在4機種が発売されてます

  • 恐らく初回ロッドだけ売ればいい路線の超ハイエンドネッサリミテッド
  • もはや存在すら意味の分からないネッサエクスチューン
  • リミテッドそっちのけで堀田氏が使用してる場面をよく見る売れ筋中堅機種のネッサXR
  • 2022年にブラッシュアップされたコスパ抜群のネッサBB
シマノ(SHIMANO)
¥20,800 (2024/02/18 19:30時点 | Amazon調べ)

こちらもトップガイドSicであとはアルコナイトガイド

ネッサシリーズの特徴は3ピースってところっすね

ちょっとしたスペースに置けるんで、ご主人様に見つからないようにこっそり2本目って人に強くおすすめできます( ー`дー´)キリッ

ネッサBBは堀田氏のYoutubeで絶賛されてますです

ネッサBBの良さというより堀田氏の人の良さが伝わる動画ですね(´ー`*)ウンウン

2万円前後の価格帯のサーフ専用ロッドとしてはお値段通り

ネッサシリーズだけでなく、他のロッドでもそうですが、リーズナブルと中堅機種の差がすごく出るのがロッドの宿命ですね

中堅機種ロッドとハイエンドロッドの差は大きく感じないんですが、廉価版と中堅機種は結構違うなって思っちゃったのネッサです(怒られる)

シマノのコスパのいいサーフロッド ムーンショット(シーバスロッドですけど)

サーフ専用ルアーはすっごく重たいルアーが多いので、ネッサBBの硬さがあった方がいいかもしれません

個人的にはミノー中心の釣りなので、もうちょっとマイルドに曲がるロッド、そして安いってのがムーンショット

私は110Mを持ってたんですけど、ネッサシリーズと比べるとよく曲がってフローティングミノーなんかが飛ばしやすい

ただし、40g超えルアーになると、うんとこしょ感が出てシャキッと投げられない

多分、もうひとつパワーが上のS106MHがしっくりきそうな気がする

正直、ネッサBBに2万払うなら、ムーンショットの方がマシな気がする( *´艸`)

堀田氏に思い入れがないなら、なおさらムーンショットをおすすめします(怒られる)

いずれはもうちょっと良いロッドを買うなら・・・ネッサBBからネッサXRよりはムーンショットで更にお財布守っといてネッサXRってレベルアップの方もいいかもしんないっす

ちなみにムーンショットってのは「誰もやったことない前人未到の事を達成してすごいぜってアピールする壮大な計画や挑戦」って意味らしい

ムーンショット計画ってのは月に向かってロケットを打ち上げる計画らしいね

ジャクソンのコスパのいいサーフロッド オーシャンゲートサーフ

サーフトライブという上位機種がありますがそれの下位機種のサーフロッド

サーフトライブも3万円しないロッドなんですけど、更にコスパのいいサーフロッドがオーシャンゲートサーフ

釣人館ますだ 楽天市場支店
¥17,327 (2023/02/08 09:57時点 | 楽天市場調べ)

とにかくロープライスに仕上げるためにガイドやらなにやらシンプルに仕上げてる、という事みたい

アルコナイトリングです

欠点は・・・ロッド重量が200g超えです

ただ、ロッドの重量は持ってみて振ってみないと分からない部分があるんですよね

トラウトロッドなんかもそうですけど、重量はあるけど実際持ったら軽いしキャストしやすい、みたいなね

ロッド重量はグリップなんかも含まれるんでね、実際に数時間現場で振ってみないと分かんない部分でもあり、私が使ったことないんで何ともわからない( *´艸`)

そもそもオーシャンゲートサーフの上位機種であるサーフトライブがそんなに高くない

一気にロッド重量が180g台になるので、この価格差なら・・・って思っちゃうな( *´艸`)

コスパ抜群おすすめサーフロッドでした

Air control(エアーコントロール)
¥3,400 (2024/02/18 22:26時点 | Amazon調べ)

こんな感じでかき集めてみました

2023年から2024年シーズンのリーズナブルサーフロッドはやはりフラットレック1Gかな

釣具のバスメイトインフィニティ
¥14,520 (2024/02/17 17:51時点 | 楽天市場調べ)

新しければいいかって言われたらそうでもないんですけど、やっぱり買うなら新しい方がいいです(´ー`*)ウンウン

あなた、というか貴様みたいなお前も、あんなにかわいいかわいいって妄想してた22新人かわいこちゃんも、今年入社した23新人かわいこちゃん見た瞬間、23新人かわいこちゃんの前を声かけてくれるまで30分以上うろうろして気色悪いって思われてるでしょ?

こういうリーズナブル路線は、最初の1本にいいんじゃないでしょうかね?

1シーズンくらい釣ってみて、完全にサーフの虜になったらさっさと売り払ってワンランク上のロッドを使ってみて下さい

この手のロッドは意外と高く売れます( *´艸`)

高いロッドは思ったより安く、数回使用でも半額くらいにしかならない現象をオーバーゼアと言います(言いません)

やはり1万円のロッドと3万、5万のロッドは全然違います

と言えばウソになりますが、毎回3時間、4時間と毎週キャストし続けてると違いが体感として分かるようになります

もちろん、ダイソールアー最高って思考回路が働くタイプもおりますので、1万円ロッドでも釣れるよ( ̄m ̄〃)プププ

みたいになる口臭もいる事でしょう

リーズナブルロッドは、多少悪くても「まぁそんなもんか」ほんの少し良いと思ったら「この値段でこれ!?」と過剰反応してしまいますから( *´艸`)

ダイソールアーは100円だから許せるんですよ( *´艸`)

最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m