PEラインとフロロのリーダー。
これが私の基本的なライン。
私というか、皆さんとも言える。
PEとリーダーを結ぶには、色々なノットがあります。
はっきり言って、どれでもいい。
電車結びでも結構使える。
自分がよく使うノットで言えば、
FGノット
電車結び
サージャンノット
FGノットは強い。
根がかりしても、リーダーが残る確率は結構高い。
このリーダーが残る確率は、集中力を持続させるに大いなる影響あり。
プッツンしてリーダー結んで・・・
これがマズメ時ならどんなにイライラすることかw
しかし、FGノットは慣れないと、摩擦でPEラインが傷む。
FGノットなのに、すぐに切れるって人は、締める時に問題あり。
なので、FGノットは初心者には勧めまへん。
で、今、このシステムを使ってます。
このシステムのいいところは、リーダーが残る確率が高い。
そして、魚との引っ張り合いでは切れない。
自分の中では良い事ずくめ。
しかも、簡単にできる。
欠点もある。
ガイドに巻き込めない。
ロングリーダーでガイドに巻き込む場合には使わない。
そういう時は、FGノットで対応してる。
では、どんなシステムか。

 

 

PEラインとフロロリーダーの結び方
サージャンノット(クリックで結び方リンクへ)
リンク先にあるように、ばらつきが出ないように締めるのがコツ。
ばらつくと、ただの電車結びになっちゃうw
これ、強いですよ。
サーフから81cmの真鯛を釣った時もこれ。
全く問題ない。
0.6号+フロロ3号のアジングタックルでネイリを釣ったのもこれ。
ばらつきなく結んだら、十分な強度が出ます。
ラインを輪にくぐらせないといけないので、
先にリーダーを切っておく必要があり、あまり長いリーダーだと結びづらい。
自分はサーフでもリーダーは60cmくらいなので、それくらいなら大丈夫。
このラインシステムと、あとはスナップと結ばなければならない訳ですが、
その結び方が
漁師結び(リンク先の真ん中の方にあります)
簡単でも強い。
しかも、根がかりしてゆっくり引っ張ったら、この結び目から切れる。
強さだけなら、パロマーノットは最強かつ簡単。
でも、強すぎてリーダーごと切れちゃう(笑)
漁師結びなら、結構な確率でリーダーは残ります。
サージャンノット + 漁師結び
初心者の方でも簡単に、かつ、強度の十分なラインシステムが組めると思います。
サーフ真鯛
サーフ真鯛 posted by (C)MOSS77
DSC_3207
DSC_3207 posted by (C)MOSS77