【飛ぶロッド】サーフでどうしても飛距離を出したいって人だけ見て下さい。本当に飛ぶサーフロッドとは?飛距離が出せるようになるトレーニングとは?そんな危険な話【タックル】

飛ばないのは年齢のせいですか?

みなさんこんにちは

MOSS田音々です!

姉の方です!

飛距離が出るって言ってるルアーを飛距離が出るって言うロッドを使ってるのに飛距離が出ない

飛距離に悩まされてる女子アナアングラーのみなさんに吉報です

どうして飛距離が出ないかを考える前に、泣きぼくろ周辺が絶対にいい匂いがしそうランキングに変動がありました

永遠の泣きぼくろ周辺が絶対にいい匂いがしそうラインキング1位は若林有子アナことわかばちゃんです(´ー`*)ウンウン

しかし、ズムサタの新お天気キャスターに就任された田﨑さくら様の泣きぼくろもとてもいい匂いがしそうで一気にランキングトップになったんです(´ー`*)ウンウン

わかばちゃんは泣きぼくろと口元のほくろと耳元のほくろを結んだわかばちゃん大三角地帯がいい匂いがするというトライアングル理論が成立されていますが、泣きぼくろという部分に注目した場合・・・田﨑さくらちゃんの泣きぼくろもとてもいい匂いがしそうなんですよね!

しかし、残念ながら泣きぼくろとルアーの飛距離は関係性が無いんですよね

わかばちゃんにもさくらちゃんにもここだけは伝えておくべき点です

こんなにいい匂いがする泣きぼくろがあるのに、なんで飛距離が出せないの!ロッドが悪いのよ!

なんて勘違いをしてしまうと、せっかくの泣きぼくろが台無しです

ルアーが飛ばないのはロッドのせいですか?

だったらロッドを変えてみませんか?

タックルのせいになる人は、どんどんタックルを変えてみるといいんです

なかなか自分の思い通りになるタックルに当たる事はないでしょう

だってあなた、というかお前みたいな貴様が単純にヘタクソだからです(´ー`*)ウンウン

サンドウォーカーをポイって捨ててGクラロッドのパーツを褒めるようなクソYoutuberもいます

サンドウォーカーを使うとバラシが増えるそうです

ロッドが変わったらバラシが増えるような底辺の超低レベルのヘタクソだと気付きもしない

それが無能って事です

今回は、誰もが飛距離に満足いくロッドを選ぶ、という内容ではありません

飛距離に振り切った話です

飛距離だけを優先して、とにかく飛ばしたいって考えてる女子アナアングラーだけ見てもらえたらOKです(´ー`*)ウンウン

ここで紹介してるロッドで飛距離が出なかったら、諦めて下さいm(__)m

そんな話です

飛距離に振り切ったサーフ専用ロッドとはこういうロッドです

とにかく飛距離を出したい!

飛距離に振り切ったスペックのサーフロッドが欲しい!

というアングラーは、下記のスペックのロッドを参考にしてください

  • 10フィート後半から11フィート前半
  • 200g程度あるロッド
  • 同じ機種のロッドで一番長くて重たい「パワー重視・飛距離重視」のロッド

もちろん、このスペックのロッドを大きく振り切るキャストも必要です

キャスト力があるアングラーが、こういうロッドでフルキャストしたら120~130mの飛距離も夢ではありません

ルアーが飛んでない・・・もしこうだったらロッドを変えると飛ぶかもしれません

サーフで飛距離を出したい・・・と思って当ブログをご覧になられてる女子アナアングラー様でしょうか?

40gのシンキングペンシルやメタルジグをフルキャスト

ロッドはちゃんと曲がってる

ルアーの速度も結構出てる

ルアーの飛行姿勢も真っすぐでビューンって飛ばせてる

なのにリールで巻いたら思ったより早く巻き取ってしまう

こういう感覚で飛距離が出てないと思ってるとしたら、ロッドを変えたら飛距離が伸びる可能性大です

30~40gのシンキングペンシルやメタルジグは100mは普通に飛びますし、120~130mくらい飛ばせます

このタイプのルアーを巻き取って100回なら全然飛んでませんし、140~150回くらい巻けたらかなり飛んでると思います

既にロッドの反発力の限界まで曲げられてるとしたら、もっと反発力がある高くて曲がらないロングロッドにすると飛距離が伸びるかもしれませんね

同じメーカーで同じラインナップのロッドのパワーが上の機種の方が飛ばせる

今使ってるロッドがラインナップされてる中でどの位置にいるかを確かめてみましょう

ロッドの反発力はメーカーによって全く違ってて、同じMHでも全然違ってます

もし今使ってるロッドよりもパワーのあるタイプがラインナップされているのであれば、それに変えてみるのも良いと思います

メーカーごと変えてしまうと、アルファベットのパワー表記と全然違うって事が起きる可能性大です

同じMなのに太さもパワーも持続力も違う、なんて問題が起きます

同機種のラインナップでパワーのあるタイプを選ぶとそれが起きません

パワーが上だけでなく、長さもあるタイプがあればベストではありますが、1~2インチくらいの差ではロッドの反発力の方が飛距離に関係してくる場合が多いです

例えば、今使ってるのが「108M」であれば「110MH」「106MH」というタイプにすればOK

注意点としてはロッドの重量が軽くなるのは選ばないという事ですね

一概には言えませんが、ロッドの重さはブランクスの厚みにも関係していて、ブランクスが厚いという事は反発力も上がります

まぁ・・・パワーが上の表記なのに軽くなるってロッドはあんまり見たことがないんですが、ロッドの重量も少し気にする必要はあると思います

ロッドは長い方が飛ぶのは、ロッドが長いから

理屈的にもロッドは長くて硬い方が飛びます

しかし、これも心理的な要素も含まれます

長いロッドを振る時って、必ず力が入るんです

短いロッドはシュッと振り切れますが、長いロッドは力を入れないとブワンって感じで体感的にも遅い振りになります

そうならないように意識的に力が入って強く振ります

全く同じ力で同じスイングをすれば短いロッドの方が飛ぶ人もいるのが事実ですが、長いロッドは自然と力も入るってところも飛ぶ理由でしょう

飛距離も出る!軽い!誰でも飛ばせる!というバーサタイルモデルロッドは外すべき理由

誰でも飛ばせる!

そして軽い!

しかも飛距離も出る!

というロッドはたくさんありますよね?

ほとんどのメーカーがそういう売り文句ですし、宣伝してるプロアングラーもそれです( *´艸`)

飛距離を求めるのであれば、そういうバーサタイルモデル(万能タイプ)は外すと良いと思います

シーバスロッドを使ってるアングラーは正しくそれです

そりゃ重たいルアーは飛ばせないです

シーバスって40gのルアーを使って攻略してます?

重たくても30gくらいまでのルアーが一番飛ばせる設計なんです

飛距離重視でサーフ専用ロッドを選ぶなら、10フィート後半、200g前後の重量

これくらいのロッドじゃないと反発力は期待できません

恐らく、サーフロッドの平均は10.6~10.10フィートで170~180gくらいだと思います

そのレングス(長さ)で200gくらいまで重量があるタイプがパワーが上のロッドとしてラインナップされていれば、恐らくそれが飛距離重視、飛距離に振り切ったタイプと言えるでしょう

何回も言いますけど、ロッドのパワーはメーカーによって全然違うので、絶対ではありません( *´艸`)

あと、素人Youtubeの「軽く100m飛ぶ」という勘違い動画にダマされない事です

下記の記事を見てもらえれば分かりますが、軽く振って100m飛ぶようなロッドはこの世にありません

勘違い素人Youtuberの共通点は「リール1回で1m巻けるから100回巻いたら100m飛んでる」です

ルアーを遠くまで飛ばす!遠投しやすい飛距離の出るタックルとは?

どうしてもルアーを遠くまで飛ばしたい、という飛距離優先の女子アナアングラーの方もいると思います

サーフでの釣りで飛距離を出すためにはこういうタックルが必要です

  • 10フィート後半長くて硬い(反発の強い)ロッド
  • 細いPEライン(0.8号から1号)
  • 4000~5000番クラスの大きなリール
  • 40g前後のメタルジグ・シンキングペンシル

このタックルでしっかりした大きくて力強いキャストが出来たら130mくらい飛ばせる人もいると思います

実際に130m近い飛距離が出ると、ハンドルは150回くらい巻かないと回収できません

この飛距離が現実的に出せても、それを何回も続けるのは無理だと思います( *´艸`)

現実的には「このタックルで100mラインを狙える」と考えましょう(´ー`*)ウンウン

本気で飛距離を出す釣りは「投げ釣り(キャスティング)」です

4m近い物干しざおみたいに硬くて重たいロッドを体を回転させて全身を使ったすごいキャストします

それで150m以上、すごい人は200m以上の飛距離を出します

Youtubeなどで調べると投げ釣りのキャストは沢山出るので「150m近い飛距離を出すのはこういう事か」と知識として入れて置くのも良いでしょう

そうすると「あのYoutuberがアップしてる140m飛ばせるロッドっていう動画って勘違いなんだ」って分かります( *´艸`)

間違った情報の動画やブログをアップしてたら大変な事が起こるんですよね

本当に140m飛んでると勘違してそのロッドを買ったらどう責任取るんだろうなって思います(´ー`*)ウンウン

一応、現役女子大生ブロガーとして裏動画で活動してる私ですらモザイクはなるべく薄くしたりと、内容には十分気を付けてます

私のブログで間違った知識や勘違いをしてタックルを揃えて欲しくないですからね(´ー`*)ウンウン

ロッドは硬くて長い方が飛ぶという真実・本当に飛距離が出るロッドとは

ロッドは長くて硬い方がよく飛びます

硬いという事は反発力も強いという事です

カーボンロッドってそういうもんです

反発力の強い硬いロッドをぐにゃっと曲げるキャストパワーがあるとめちゃくちゃルアーは飛ばせます

曲がりやすいロッドは飛ばしやすいと勘違いしているアングラーも多いです

自分は上手いはずなのに、メーカーが飛ばせるっていうこのロッド・・・全然飛ばねえよ

って感覚になったことのあるあなた、というか貴様みたいなお前はキャストが下手なんです、可哀そうに(´ー`*)ウンウン

キャストが下手で低レベル低空飛行なままベテランになってしまった口臭に次ぐ口臭を放つモルボルグレート系ベテラン口臭アングラーもかなり多いです

飛距離が出るサーフ専用ロッド

釣具のポイント 楽天市場店
¥34,254 (2024/04/14 19:15時点 | 楽天市場調べ)
Lure&Boats Back Lash
¥36,630 (2024/05/28 06:52時点 | 楽天市場調べ)
つり具のマルニシ楽天市場店
¥86,900 (2024/05/22 20:12時点 | 楽天市場調べ)

このロッドたちで飛ばせない人は、キャストパワーが単純にない、小手先キャストしか出来てないって事です

「このロッドは経験値の高い、かつ、エキスパートであるこの私がキャストしても全然飛びません。買わない方がいいです」とキリッとした汚い顔で丁寧な言葉遣いと長文で低評価を入れてるベテラン口臭アングラーも多いんですが、真実はそういう事なんです

軽くて柔らかい、曲げやすいロッドは飛ばないという真実

普段シーバスロッドを使ってるアングラーで、サーフで飛距離が出るタイプのルアーが飛ばせないって人もいます

硬くて反発力のある、本来飛距離の出るロッドを曲げるパワーが無い、キャストがそもそも下手なアングラーは、弱い力でも曲げられるロッドを選んでいきます

恐らく「軽い」「曲がる」というサーフロッドやシーバスロッドになると思います

簡単に曲がると飛ばせてる感覚になり、シーバスロッドを好む傾向があります

こういうアングラーが陥るのが、飛ぶタイプの重たいルアーが飛ばなくなるって事です

13~14cmの40g前後のシンキングペンシルをロッドを曲げてフルキャストしても100回も巻けないってアングラーは、ロッドの反発力の限界に来てるかもしれません

曲がらないけど、もっと反発力のある重たいロッドを使うと更に飛距離が出る可能性が高いでしょう

飛距離を重視したいのであれば、ネッサシリーズとオーバーゼアシリーズはあまりおすすめしません

ネッサと言えば堀田氏、オーバーゼアと言えば高橋氏

このサーフのカリスマプロのキャストを見れば分かると思いますが、全身を使った飛距離重視のキャストはしてません

でも、誰よりも上手く誰よりも釣りますよね?

本当はこれで良いんですよ(´ー`*)ウンウン

でも、ここまで読んでるって事は「飛距離を重視」ですよね?

であれば、ネッサとオーバーゼアは外すといいでしょう

ネッサもオーバーゼアもパワー重視のラインナップはありますが、それでも曲がり重視です

曲がる=柔らかい=誰でも使いやすい=反発力は弱い(飛ばなくなる)

これが現実です

飛距離の限界がすぐに出るタイプのロッド

釣具のポイント 楽天市場店
¥35,497 (2024/04/21 14:18時点 | 楽天市場調べ)
ヨコオ 楽天市場店
¥34,334 (2024/05/23 11:27時点 | 楽天市場調べ)
フィッシング遊
¥36,630 (2023/12/21 09:55時点 | 楽天市場調べ)

普通に飛ぶんですけど、100m以上の飛距離を出そうとすると限界点が見えやすいロッドです

重たいルアーに関しては飛ばなくなりますが、比較的軽いルアーに関してはめちゃくちゃキャストしやすいです

20~30gのルアーを中心にランガンするタイプであれば、めちゃくちゃお勧めするロッドなんですよね

軽くて曲がる、誰でもキャストしやすいロッドですが、これで40gのシンペンが飛ばないって悩む方がおかしいです

そりゃ飛ばんでしょ

柔らかいもん

って答えになります(´ー`*)ウンウン

飛距離にはパワーが必要、高反発のロッドが曲がらないなら諦めましょう

人間、諦めが肝心な場面もあります

ロッドメーカーが「飛距離重視」としてるタイプに変えても飛ばないのであれば、キャストする能力が足りないです

残念ながら、腕力(筋力)や体格ってのは飛距離に関わってきます

南後杏子アナがモンスターサーフ109を使っても飛ばないんです(T_T)

若林有子アナがサブル109を使っても飛ばないんです(T_T)

体を鍛え直すか、諦めて軽くて曲がるロッドにして「飛距離は諦める」かのどちらかです

女子アナアングラーのみなさんには、飛距離重視でゴリゴリに鍛えるよりも、往復ビンタからの二の腕口鼻塞ぎで空気が漏れない密着感を重視していただきたいです(´ー`*)ウンウン

残念ながら、体格やパワー、運動能力なんかも飛距離には影響します

稲村亜美様は女性では腕力も体格もあるタイプでステキな女性陣の中では飛距離が出る方でしょうけど、リングで私とタイマン勝負した時として、すぐにマウントを取られたがる私に上から全力でパンチを浴びせても半笑いで耐えられますし、スタンディングで勝負だと離れて構えたところで、リングで大の字になってるのに既にスタンディングしてた私を見て「汗で滑ってたんじゃなかったんだ」と亜美様は驚愕の事実を知る事になります(´ー`*)ウンウン

人間、諦める事も大事です

飛距離を出すために必要なトレーニング・筋トレ

私は筋肉芸人ではないし、筋肉系セクシー丸出し系女子大生でもありません

どこを鍛えれば飛距離が出るようになるかはあまり知らないので、筋肉に詳しいアングラーを探して聞いてくださいm(__)m

飛距離を出すためのトレーニング、筋トレもですが「1年以上続けられるトレーニング」ことをする事は大事だと思います

  • 10kgのダンベルで左右交互にダンベルカールを50回(片手25回)
  • フロントランジ20回(片足10回)

これを毎朝やってます

朝よりも夕方、寝る前・・・50回やるなら15回×3回の方が効果が高い・・・3日に1回は休息を入れて・・・たんぱく質を・・・筋トレ後にプロテインを・・・

必ずこういう意見を丁寧な言葉と口臭と共に書いてくる気色悪い系が出てきます

理屈で筋肉はつきませんし、トレーニングの効果も出ません

どうやったら毎日続けられるかが重要です

私の性格上、朝起きてすぐにやらないと続けられません

寝る前とか毎日〇時とか、そういう形だと忘れちゃいます( *´艸`)

フロントランジは3年以上、ダンベルカールも2年以上続いてます

飛距離は出てる方だったんですけど、すぐに肩回りが痛くなるし、3時間くらい釣ってると足腰が震えてきて砂に埋もれてきて夜中のひとみんプレイやつつみんプレイに支障が出てました

フロントレンジはめちゃくちゃ効果あります

腰痛も無くなったし下半身だけは4時間プレイしても全然大丈夫ですし、お風呂ではあっという間なのにお布団では1回でいいでしょ!しつこいです!と新人かわいこちゃんに怒られるくらいでした(´ー`*)ウンウン

肩周辺もダンベルカールでかなり強くなって、フルキャスト出来る時間はかなり長くなってます

何でもいいので、続けることが大事なんです

プロテインを飲んでも筋肉はつきませんし、筋肉痛が1回起こっても筋肉はつきません

結果も出てないのにすぐに黒のタンクトップ着て筋トレしてるのをアピールしたりするタイプは続かないでしょう

私が「毎朝」「決まった事」「2個」のトレーニングをしてるのは、継続できるからです

もし一つお勧めするとしたら、先ほど書いてたフロントランジですね

足腰はめちゃくちゃ強くなりますが、大事なのは継続ですよ

女子アナアングラーのみなさんも、何か一つ毎日続けられる筋トレをすると飛距離にも影響が出るし、釣れるまで釣り続ける体力も付くので始めてみましょう(´ー`*)ウンウン

毎日は効果が無い?プロテイン飲まないと意味がない?

ぜんぜんそんな事ないです

結果の出てない人間ほど他人の足を引っ張ってくるもんです

腕立て伏せでも何でもいいので、毎日何かトレーニングを続けてみましょう

3ヶ月くらいまで続いたら本物でしょうし、かなり効果が感じられると思います(´ー`*)ウンウン

ちなみにトップバスト113cmで上腕36cmになってから1年ほどサイズは変わってません

更に上を目指すには相当負荷をかけないといけないんだなって実感してます(´ー`*)ウンウン

飛距離に振り切ったサーフタックルは投げ釣り竿と投げ釣り用リール

反発力の強いロッドを曲げられない自分を鍛え直すという方向性が出た女子アングラーのみなさん

ここで一つ「本当に飛ばせる飛距離に振り切ったタックル」を紹介します

フィッシング遊
¥22,522 (2024/04/21 10:55時点 | 楽天市場調べ)
つり具トビヌケ
¥23,947 (2024/05/26 05:44時点 | 楽天市場調べ)

これにPEライン0.8号を300m巻いたら完璧です

飛距離に振り切ったサーフ用タックルは多分これです

しかし、やっぱり飛ばせない人が多いです

この投げ釣りタックルは20号から30号のオモリをキャストするロッドです

重さにすると100gくらいです( ー`дー´)キリッ

このタックルになるとバスロッドみたいな振りかぶりキャストなんかできない訳で、ペンデュラムキャストしてもロッドが曲がる前に振り終わります

投げ釣りではV字投法や回転投法という特殊なキャスト方法を使って200mくらいぶっ飛ばしてるんです

興味のある方はクリックすればググった結果が出るんで見て下さいm(__)m

このタックルだと、サーフ用ルアーは軽すぎて曲がらないです

100gくらいのメタルジグを使う必要があります

軽すぎて曲がらないという事は、飛ばないんですよ

これって「軽いルアーが飛ばせない人」と同じ状況と言えます

ロッドが強くてルアーが軽い、なおかつキャスト力が無いアングラーがよく陥る飛ばない現象ですね(´ー`*)ウンウン

絶対にやってはいけないサーブキャスト
ルアーの飛距離を出すとして紹介されてる「サーブキャスト」というものがあります
ルアーを上空で振って回転させてキャストするような方法ですが、これは絶対に真似しないでください
「周囲に誰もいないことを確認する」という肩書を付ければいいってもんではありません
こういうのってサーファーや海水浴客が近くにいても平気でフルキャストするバカが真似すると大変なことになります
フックという凶器が付いてるルアーを上空で振り回す時点で頭がイカれてます

ペンデュラムキャストを会得すれば120~130mくらいは出せます

ペンデュラムキャストで反発力のあるロッドを曲げる訓練をしましょう

サーブキャストして上空でルアーが切れて後方へ飛んで行って近くで遊んでた子供の眼球にフックが刺さりました

「僕がキャストする時は人が居ないことを確認しました!突然あの子が現れたんです!」

「釣りしてる人がいるのに監視せずに遊ばせてた親が悪いんです!」

あっという間に全国のサーフでルアーフィッシングが禁止になりますね

絶対にサーブキャストは真似しないようにしましょう

私としては、ルアーを後方に振ってからキャストする振りかぶりキャストもやめた方が良いと思います

結局はルアーを後方に振るんで、そこで切れたら後ろにルアーは飛んでっちゃいますからね

ペンデュラムキャストで飛ばせるようになった方がメリットは多いです

投げ釣りタックルはサーフの釣りには当然ながら向いてません

説明するまでもなくですが、飛距離重視であれば投げ釣りタックルです

しかし、現実的には無理なタックルです

100gのジグはサーフのラインナップにはないですし、そもそもPE1号にリーダー5号のFGノットで本気の振り抜きが出来たらキャスト切れします

サーフ用ルアーをPE1号リーダー5号のラインシステムでフルキャスト・・・という現実に擦り合わせていくと、結局はサーフロッドになるんですよね( *´艸`)

投げ釣りは「テーパーライン(力糸)」を使います

ナチュラム 楽天市場支店
¥1,045 (2024/05/26 19:40時点 | 楽天市場調べ)

100g以上のオモリをぶん投げるので、一番負荷が掛かる時には10号、12号とかの強さの糸が出てる状態にできる投げ釣り専用のリーダーです

テーパーラインで調べてもらったら分かりますけど、既にサーフのルアーフィッシングからかけ離れてます

スペーサーシステムってのにも当たるかもしれませんが、サーフ用のルアーであればスペーサーラインシステムにしてもそんなに飛距離は変わらないと思います(やってのことはない)

本当に遠くまで飛ばしたいのであればショアジギングタックルでフルキャスト

ルアーを遠くへ飛ばすのに大事なのはロッドの反発力です

腕力とか体の使い方も遠くへ飛ばすのに大事な要素ですが、それに合わせてロッドの強い反発力が必要です

反発力のあるロッドは硬い、重たいというロッドが多く、ショアジギングロッドなんかは見事にそれに当てはまります

10フィート後半のショアジギングロッドと大型リールでサーフ用のルアーをキャストすれば最も飛距離が出るハズです

鶴ヶ島タックルアイランド
¥59,400 (2024/05/26 05:44時点 | 楽天市場調べ)
ナチュラム 楽天市場支店
¥59,855 (2024/05/26 19:40時点 | 楽天市場調べ)

このタックルにPE1号を200m以上巻いて、40~50gのメタルジグをフルキャストすれば相当飛距離が出ます

恐らく150m以上飛ばす人も出てきますが、ほとんどのアングラーが全く曲げられずキャストスピードも出せずに「飛ばないタックル」になり、宝の持ち腐れになってる事にも気づかないかもしれません(´ー`*)ウンウン

飛距離が出せるタックルなのに・・・サーフで飛距離が出せるようになる精神論

先ほどの長いショアジギングロッドに超大型リールにPEライン1号を巻いてフルキャスト

しかし、飛距離がでない人がほとんどです

ロッドを曲げられないからです

ロッドは300g超え、リールも600g超えで、合わせて1kgくらいの重さがあります( *´艸`)

サーフロッドっで重たいタックルで揃えても半分くらいの重さですし、軽さを追求すれば300gちょっとくらいです

フルキャストなんてできませんってタックルになりますが、ほんとはめちゃくちゃ飛ばせるタックル

さて、本気で飛ばそうと思ってショアジギングタックルを揃えたとします

女子アングラーのみなさんは全く飛ばせなくて「え?」なんてことになります

「こんな硬いロッドの重たいタックルで飛距離出る訳ないじゃん!!!」

と思っちゃいますよね?

そうなると、自分が振れる範囲の軽いロッドと小さいリールを選んでいきます

ロッドは柔らかく色白で草食系で、リールは軽いだけですぐぶっ壊れる4000番です(/ω\)イヤン

10.6フィートのシーバスロッドは軽くて曲げやすいですよね?

そして40g近いシンキングペンシルをフルキャストして「え?飛ばないんですけど」となります

飛ぶわけないじゃん

そんな柔らかいロッドで飛ぶわけなんです

「こんなロッドで飛距離出る訳ない!」

最初にこう思っちゃうタイプだと、飛距離は永遠に出る事はありません( ー`дー´)キリッ

悪いのはロッドではない

飛距離が出ないのは、あなた、というかお前みたいな貴様がキャスト力に関して無能だからです(´ー`*)ウンウン

「このロッドが曲げられるスイングが出来るようになったら飛ぶだろうな・・・」

こう思えるかどうかが重要です

こう思うタイプは自分を鍛えます

ロッドを自分のあったのに変えるのは大事な事ですが、それは「快適さ」を追求する行動ですよね?

飛距離を出す、飛ばしたい、と思うならば「快適さ」を捨てる必要も出てきます

強く大きく早くスイングできる人は反発力のあるロッドを使えば使うほど飛距離が出ますが、ほとんどのアングラーはそうではないんですよね

ロッドメーカーも飛距離に振り切ったようなサーフロッドを出したところで売れないのは分かってます

「誰でも」という部分を強く出して曲げやすく軽いロッドを目指します

飛距離ってそれと相反する要素があるので、自分がキャストしやすいと思ったロッドは実は飛ばないという現実になったりもします

誰でもっていうのはいい意味では体格のあるゴリゴリ野郎から、腕力も体格も小さい素敵な女性アングラー、そして、とてつもなくセンスもない超ヘタクソなのに経験年数だけ長い口臭が酷くなったベテランまで含まれます(´ー`*)ウンウン

飛距離などの性能に振り切ると万人向けじゃなくなり、万人向けにすると飛距離がある程度限られる(限界がある)ロッドに仕上がっちゃいます

そして、自分の実力不足を認めないタイプのアングラーも多いのも困ったところであります

そしてそして、キャストがヘタクソっていう事実に本気で気付かない口臭アングラーが多いってのが一番困ったところですね(´ー`*)ウンウン

サーフロッドで飛距離を出す、本当に飛距離の出るロッドと飛距離が出せるようになる方法でした

outvision(アウトビジョン)
¥3,891 (2024/05/28 06:52時点 | Amazon調べ)

サーフ専用ロッドで飛距離の出るロッドと飛距離が出せるようになる方法を解説してみました

もし1本だけにロッドを絞るとしたら・・・

今手に入るロッドとしてはモンスターサーフのシンペンスペシャルです

数年ぶりにG-CRAFTのロッドを使ってますけど、やっぱり飛距離はすごいですね

完全に飛距離重視に振り切ってます

なので、ガッチガチですし曲げられない(飛ばせない)アングラーもいると思います

逆に言えば、変に曲がらないので大きく強くペンデュラムキャストで振り切れば、誰でも飛距離は出るハズです

MSS-1092-TRの方が私は飛ばせますが、もう品薄です

これまで使ってきたG-CRAFTのロッドだと、リミテッドシリーズの方が飛距離が出る反発力があるのに軽いという異常性があります

モンスターサーフリミテッドの方が飛ぶのかな・・・という憶測はありますけど、新品で定価で手に入る事は無いと思うので、憶測で終わりでしょう(´ー`*)ウンウン

最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m