【サーフ】時間帯によって変わるヒラメの釣れるレンジをちょいと細かく考えよう【初心者】

サーフでヒラメを釣る場合に考えるレンジ

本日は

時間帯とレンジ

です

ちなみに言っときます

これは「ベイトがたんまり」とか、好条件な時は外してます

ベイトが打ち上げられてるようなサーフなら、キャスト繰り返してれば釣れるんでw

普通の、あくまでも普通の海って事で考えて下され

もっと言えば、天候や波でも違ってきますけど、今回は普通の海で考えて下さいm(__)m

サーフでヒラメの釣れるレンジとは何でしょう?

このブログでもレンジレンジとアホみたいに言ってますが、それほどまでレンジっちゅうのはヒラメを釣るのに最重要項目なんですよ

レンジっちゅうのは、ルアーを通す層(ルアーの遊泳層)を指すと思います

すごく大雑把に言うと

  • 表層(水面直下)
  • 中層
  • 下層(ボトム)

サーフでヒラメやマゴチを狙う場合は「下層(ボトム)」を狙うって事になります

なんて言うと、僕はフローティングミノーでの展開でヒラメを釣ります( ー`дー´)キリッ

みたいな気色悪い事を呟く人が・・・あ、そういう事言うからいけないんだった(/ω\)イヤン

釣り方はどうでもいいんですよ

何してもヒラメはバカだから釣れるんで

でも、下層(ボトム)のレンジを意識するってのがサーフでヒラメやマゴチを釣る事の基本なんです

ヒラメやマゴチは中層や表層を悠々と泳いでないですよね?

底を泳いだり砂に隠れたり好きな女の子のベッドの下に潜んでたり・・・

ペット用にカメラを設置して外でもスマホで見れるんだぁ~ってスイッチオンしたら知らんおっさんが部屋をうろうろしてたってニュースもありましたね(^^;

いや~、俺もDカップ女子大生だから分からんではないけど、びっくりするってレベルじゃないでしょうね?

え??これあたしの部屋??って思っちゃいそうです

被害がそれくらいで終わったんで笑えない笑い話で済んでますけど、まぁええか

ヒラメやマゴチは常に底を泳いだり潜んだりしてる魚です

ルアーフィッシング全般ですけど、魚はどこにいるかな~って考えるのが基本で、ヒラメは下層というよりもボトムにいるってのを意識するのが基本

あとは自由なんですよ

ボトムからルアーを食ってくるヒラメに自分のやり方をぶつけていくだけ

よく聞く、よく見るヒラメの釣れるレンジ

  • 底から〇〇cm

あ、俺も言ってますね( *´艸`)

そこから10cm圏内を攻めなさい、というやつ

ベイトが湧いてたらレンジの考えは捨てるべし

めったにないんですけど、遠浅サーフだろうが急深サーフだろうがベイトが湧いてる時があります

そういう時は一番大好きなルアーを投げて下さい(´ー`*)ウンウン

ベイトがばっしゃばしゃしてる時はオールレンジ、オールパン、レミパン状態です

ノーブランド品
¥32,700 (2022/11/30 13:58:38時点 | Amazon調べ)
平野レミ(Hirano Remy)
¥9,889 (2022/11/30 13:58:39時点 | Amazon調べ)

平野レミさんっておしゃべりおばさんってイメージであんまり好きじゃなかったんですけど、よーく見たら結構美人なんですよね(´ー`*)ウンウン

オールパンも良いらしいです

使ってるおばはんが言ってたんですけど、底がへっこんだけど無料で直してくれたって

無料で修理ってところより、鍋の底がへっこむくらい何したんだよってビビりましたけどね( *´艸`)

時間で変わるサーフでヒラメが釣れるレンジの基本の考え方

ヒラメの釣れるレンジってのは、日が昇るにつれて狭くなっていく

基本中の基本ですが、ヒラメの釣れるレンジが狭くなるという事は、ボトムからヒラメがヒットするレンジが狭くなるという事です

サーフ・ナイトゲームの時間帯でのヒラメの釣れるレンジ

ナイトゲームだと全レンジと言えるという事らしいwww

俺はナイトゲームのヒラメやったことないから人からの情報ですけど( *´艸`)

これはジャンプライズの井上氏の動画を探しなはれ

全レンジとは言ってないけど、ヒラスズキと同じ感覚で夜はヒラメも釣れる、とおっしゃられてる

という事は、かなり表層テロテロで食ってくる可能性はありで、ナイトゲームのヒラスズキはボトムは全く意識せずに、波の高さとかで表層から中層より上を狙う

ナイトゲームでのヒラメ狙いはやったことないので偉そうなことは言えんけど、色んな人の釣果を見るとメタルジグでもミノーでも何でも食ってる

レンジが広がってる証拠でもあるし、それだけ活性が高い食い気のあるヒラメが多く寄ってるって事ですね

サーフ・朝マズメの時間帯でのヒラメが釣れるのレンジ

朝マズメ、まだ陽は出てないけど、手元はライト無しでOKくらいの明るさ

分かりやすく言えばエ〇トピアもライト無しで楽しめるくらいの時間帯

朝マズメって時間的にすごく短いですけど、全レンジで釣れる

ヒラスズキ狙いって感じで表層をドリフトペンシルテロテロに食ってくるからね

ナイトゲーム、朝マズメ、この時間帯は、レンジを気にせず、使いたいルアー、使いたいカラーを信じてキャストすべし

ほんとにどんなルアーでもカラーでも食ってくる時間帯

逆に言えば、夜や朝マズメはボトムを意識しない方が釣果は上がります

恐らく、ナイトゲームや朝マズメは泳ぎながらヒラメはベイトを探してる感じです

実際に元気の泳いでるの何回も見ましたし、朝マズメはヒラメライズが一番見れる時間帯です

あれはね、ほんとに興奮する

ぶっさいくに全身飛び出して腹打ちしてぺちーんってw

こういう時は異様に活性が高い時なんで、レンジも全域とみなしてOK

焦らずハンドルを1秒1回転ってルアーフィッシングの王道をキープしつつ、上からレンジを刻んだ方がいい

この朝マズメの時間はあっという間に過ぎるので、大体中層のレンジを泳ぐルアーを選んで、どんどん動きながらルアーをバシバシ入れて行く方が効率が良い

徐々に明るくなってくるけど、明るくなるにつれてレンジを下げていくと活性の下がったヒラメの鼻先に近くなる

そういう意識でルアーのレンジも徐々に下げていく感じですね

活性が高いのからガンガン食ってくるけど、すぐに活性が下がるヒラメがいるのも朝マズメですからね

時合いで食わせた後に、鼻先フラフラさせて思わず食いまで意識して釣ってます( *´艸`)

サーフ・デイゲームの時間帯でのヒラメのレンジ

お日様が昇って顔面照らし始めたら、朝マズメは既に終了と思った方が良い

あっという間にヒラメの態度も変わる

突然寸止めしてお小遣いを請求してくる新人かわいこちゃんくらい態度が変わる

朝マズメの終了の鐘が鳴り響くと同時に、ここから一気にレンジは下げた方が良い

ほんとに躊躇しなくていいです

空の赤みが無くなったら既にデイゲーム、春~夏なら、午前7時にはデイゲームと考えてOK

冬でも8時にはデイゲーム開幕

ナイトゲームから朝マズメはほぼ全層OKだったあの娘も有効レンジは毎回お小遣いをくれる下層のおじさんだけだと考えましょう

サーフのデイゲームでのヒラメの有効レンジの正しい考え方

底から〇〇cmとか、簡単にいう人が多いけど、俺の経験上は上図の通り、ボトム(底)から水深の3分の1がヒラメの有効レンジ

デイゲームでも、水深は深ければ深いほど、ヒラメの有効レンジも広がります

俺が10cm圏内って言うのは、俺の狙ってるサーフの水深が1mより浅い事が多いから

デイゲームでも水深50~60cmでも狙うし、平均的に80cmないくらいの水深が多い

浅い遠浅サーフだから、このブログで俺の良く言うレンジ、底から10cm圏内ってのになる

午前8時から午後4時くらいまでのデイゲームはこのレンジが基本になる

なんて言い切ると

いや、そのレンジを外して釣れるよ

って言いがかりをしてくるキショイのが出てくるけど、デイゲームで一番釣れてるレンジって話です

何十枚って釣果の話ではないです( *´艸`)

夕マズメの時間帯でのサーフでヒラメが釣れるレンジ

夕マズメ・・・これが一番微妙なんですよね

デイゲームでヒラメが釣れる状況だと、単に活性が低いヒラメがその辺にいるって判断できるんですよ

そうなると、夕マズメから夜にかけて活性が上がる可能性が高いから、だんだんとレンジが広がっていく

だいたいみんな、釣れねえぜ!ヒラメなんかおらんわ!!ってテンションでは挑まないと思うので、徐々に暗くなるにつれてレンジを上げていくルアーチョイスでいいと思う

理屈では分かるんですけど、夕マズメって真っ暗にならないと魚の活性が入れ替わらないと思うんですよ

ずっとデイゲームの活性を引きずってる感じが否めない(^^;

暗くになるにつれて徐々にレンジを広げていく、ってのは分かってるんですけど、俺はデイゲームのレンジのままで暗くなるまでやってしまいますw

ルアーチェンジにライトが必要になったら中層より上、ヒラメというよりヒラスズキの回遊がくるのを意識します

俺のダメなところなんですけど、デイゲームでダメだなって思ったら夕マズメは粘らないの(^^;

これも俺の思い込みかもしれませんが、ダメな時は潮が入れ替わる(下げから上げに代わる)までダメなんですよね

夜中に上げ下げが変わって潮が入れ替わったらまた違ってくる

夕マズメにちょうど干潮とか満潮が重なったらちょっと粘る時もあります

潮の変わり目はどの魚でも活性が急に上がる時ですからね

時間帯でのサーフのヒラメの有効レンジの考え方

普通に釣るとしたら、こんなレンジの考え方が正しい

  • ナイトゲーム・・・オールレンジ
  • 朝マズメの初期・・・オールレンジ
  • 朝マズメの真っただ中・・・オールレンジ~中層
  • 朝マズメの終わり~デイゲーム初期・・・底から水深の3分の1程度
  • 夕マズメ・・・暗くなるにつれてレンジを広くしていく

もう一つ言うと、そういう頭の切り替えをした方が、迷いがなくなる

これは、ヒラメがどういう形でベイトを待ち受けているかってのに繋がるかな~

暗い時間帯は意外と中層を泳いでるんです

明るくなったら底に潜むんです

これを頭に入れて、ルアーをレンジに入れて行くって考えで行きましょう

サーフの水深があればあるほどヒラメの釣れる有効レンジは広がる

急深サーフなんかの水深のあるサーフだと、有効レンジはかなり広くなる

底から水深の3分の1は余裕でヒラメが釣れるレンジと言えますね

もう消滅してしまった下田サーフ(四万十川河口)は、かなり水深がある急深サーフ

たぶん、5~6mが平均で、深くなったら10mくらいあるサーフでした

ここでは、昼間でも底から2mくらいは余裕でヒラメがアタックしてきた

俺が座布団釣ったのも、ヘビーサーファーをかなり上まで持ち上げてフォールさせてた時でした

多分、底から2m近く持ち上げてたタイミング

普通に1.5~2mくらい潜るミノーとかでみんなヒラメ釣ってましたからね

ほぼ中層って言えるようなレンジを通してもヒラメは釣れてた

だって冷凍キビナゴの浮き釣りで狙ってるおっさん、完全に中層流してましたからね( *´艸`)

急深サーフが簡単とは言わないけど、レンジに関してはあまり難しくはない

深い場所だと、有効レンジってのは底からかなり上まで

ヒラメの有効レンジはボトムから3分の1論で考えれば

  • 水深3mだと底から1m
  • 水深5mだと底から2m弱
  • 水深10mだと底から3m~4m

それ以上深いサーフは知らないので分かりません(/ω\)イヤン

ただし、深くなればなるほど、ベイトの遊泳層ってのを考えないといけないんですよね

ベイトの遊泳層までヒラメは突き上げてくると考えた方が分かりやすいと思う

昼間でも表層にベイトのかたまりがある時は、その直下をふらふら泳いでるらしい

時間帯によって変わるヒラメの釣れるレンジをちょいと細かく考えよう

単なる時間帯という範囲でのサーフでヒラメが釣れる(釣れやすい)レンジを解説してみました

冒頭で述べたように、時間帯だけではなくベイトや天候、波で全然違っては来るんですけど、まずは基本中の基本の時間帯によるレンジの変化を書いてみました

もちろん、自然相手なので絶対はないんですけど、これまで釣れたヒラメはこういう傾向が強かったよって事です

最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m