【初心者】サーフでは長い釣れない時間をどう過ごす?確実に釣るための当たり前だけど意外とできない行動、そんな大人の話【ヒラメマゴチ】

釣りの上手な人ってどんな人でしょうか

行ってすぐに釣れる人?

私の思う釣りの上手な人は「誰も釣れない場所、時間」などで釣れる人だと思ってます

何人も叩いたようなポイントでも過去の経験値であーだこーだして釣る人

そんな人は上手だな~って思います

「行ったらすぐに釣れた」「狙い通りの場所ですぐに釣れた」

これをアピールする人は、脱初心者ではあるけど特別上手い人ではないと思います

ずっと釣っていくと、すぐに釣れる、ピンポイントで釣れることは普通になります

活性が高い時、いきなり時合いの時、魚の着き場

そういうのは経験して行くとよくある事で、分かるようになることです

ここで大事なのは、その先です

釣れて当たり前の好条件で釣れるのは当たり前で、それで釣れなかった時なんかどうやる?

そこが大事じゃないかなって考えます

好条件で釣れる事しか考えてない人は、すぐに帰ります

今日は魚が居ない

そう思うくらいならかわいらしいもんですが

俺がやって釣れないなら釣れない

なんて考えを持ってる自称釣り名人も結構多いんです

「ここは釣れないよ!しばらく叩いたけど釣れない!他に行った方がいいよ!」

かわいそうな口臭達です・・・

サーフの釣りだけでなく、ルアーフィッシングは釣れない時間が案外多いです

簡単に釣れる時もありますが、トータルで見れば釣れない時間が長い

俺は行ったらすぐに釣るよ

そんな人はトータルで釣った数を見ればすげー少ない

行ってすぐに釣った記憶をしっかり持ち、行ってすぐに釣れなかった時は無かったことになってるんです(/ω\)イヤン

初心者レベルをちょっと超えると、釣れる場所・ポイントがある程度分かるようになります

朝マズメに行けばすぐに釣れちゃったりします

ここでお上りさんになっちゃうんですよね

私もなってました(/ω\)イヤン

サーフ初期の頃、めちゃくちゃ釣れてたんです

行けば釣れる、ボウズなんてありえない、そのビギナーズラックがずっと続いてあっという間に50匹60匹と釣っていき「あ・・・堀〇氏超えたわ、俺」って本気で思ってたんです

しかし、私には口臭達と違ってヒエラルキー思考が当時から無く「昼間でも釣れる?」「あの浅い場所でも釣れる?」とどんどん横に広げていきました

視野が広がるってやつですね

自分が上だと思っちゃうヒエラルキー口臭思考だと、どうしても自分が上だって思っちゃいます

そうなると・・・相手のやってる事を簡単だと言ってしまうんです

「四万十市では誰でも簡単にヒラメが釣れます」「こんな簡単にヒラメが釣れる環境がうやらましい」なんて呟いちゃう訳です( *´艸`)

当ブログを見てるサーフ初心者女子アナのみなさんは、そういう思考になってはいけません

思考が歯垢になり口臭になり周囲に迷惑をかけるようになります( ー`дー´)キリッ

サーフの釣りで確実に釣れるようになるには「釣れない時間」と上手に付き合う事が大事です

釣れない時間にヒマを持て余すか

釣れない時間を釣れるまでの段階にするか

釣れるか釣れないかの分かれ目ですね

釣れないけど、俺は釣りが上手い

なんて凄まじい口臭おっさんにならないために、釣れない時間の過ごし方を解説したいと思います

魚が釣れる時、それは時合いです

サーフの釣りだけでなく、色んな魚が釣れる時はほぼほぼ時合いの要素です

時合い=魚が活発になる時

月・火のモーサテで中原みなみアナの声が聞こえた瞬間なんかは一瞬で時合いに突入したりしますよね(´ー`*)ウンウン

時合いが来ると一気に海の様相が変わって、あっちでもこっちでもボイルが起きたりしますし、ルアーを通しても頻繁にルアーにアタックしてきたりします

時合いの時間も色々ですが、基本的に一瞬、時間的には1分、2分くらいで終わる事が多く、状況が良かったら日に何度も時合いは起こります

特に朝マズメは時合いです

サーフでは浅い、岸に近いというベイトを追い込みやすい地形も手伝って、朝マズメの時間帯は必ず時合いと言ってもいいくらいですね

時合いが起こる要素は流れや潮流の変化で合ったり天候の変化であったりするようですが、正直これだ!というものはありません

あればデータ上で確実に釣れるというものが存在するはずですからね

その不確定要素ですが、起これば確実に釣果に大きく作用するのが時合いです

その時合いが起こる確率が極端に高いのが朝マズメ、次いで夕マズメです

これはYouTubeなどでも証明していますよね

これがすごい!この釣り方が釣れる!

というお題で「おはようございまーす」と朝マズメにサーフに行ってます

遠回しに「誰が行っても釣れる時間帯に行ってるのにこのルアーが釣れるってすごい〇カみたいな事やったんな」とか言ってるんじゃないですよ( ゚д゚)ハッ!

あなたも将来のYouTuberを目指すのであれば「サーフは朝マズメ」という公式は外さないようにすれば、新しいルアーやロッドなどのタックルを引っ提げて「〇〇は釣れる!爆釣!連発!」という作品は簡単にできます( ー`дー´)キリッ

朝マズメはほぼ確定要素の時合いが起こる時間帯ですが、その後も時合いはよく起こります

ただし、時合いのタイミングや時間は全く分からない

満潮から干潮へ(その逆も)の潮変わりという時間帯も時合いの起こりやすいタイミングで有名です

ベイトの入り方では結構頻繁に起こったりと、ホントに日によるものです

このいつ起こるか分からない不覚的要素を味方にすると「確実に釣れる」サーフアングラーに1歩近付きます

釣行回数を重ねて釣果を重ねていくと、状況と時合いが分かるタイミングが出てきます

何千回と通って何百匹も釣った統計的なものであり、プロアングラーはそういう読みが凄く強くて正確性も高いですね

これも面白いところで「こうだから釣れた!」と確定的要素で言っちゃうおっさんて口臭が酷いんですよね

釣った数が少ないから確定的要素になっちゃうんですが、本当に釣ってる人って不確定要素が何通りも浮かんで、実際に釣っても不覚的要素の一つだと捉えます

もちろん、メーカー契約してるプロアングラーは使ってるルアーが釣れた!という要素をアピールしますが、それが本当に確定的要素であれば、数年前には全く違うルアーで同じことを言ってたって部分を突っ込みたくなります

やはり、私たちのような美形素人現役女子大生アングラーはプロアングラーが釣ったルアーを釣れる要素として見ちゃいますよね

それでいいんです(´ー`*)ウンウン

ルアーが売れないとおまんま食べれないし、メーカーも倒産してしまいます

ルアーを買う事はすごくいい事

ただし

そのルアーだから釣れたと捉えない事

釣れた場所や流れ、時間帯、地域など、もっと広い視野で釣れた要素を捉えることが大事です

きちんとした釣り動画は場所や時間帯、潮周りなども詳細に出してくれます

場所を晒すなという人は自分以外が釣るのに嫉妬して起こる、大変気色の悪い、口臭や体臭が酷くて見てられない種族の自分の悪臭が他人に迷惑を掛けても平気な動く口臭です

釣れる要素は時合いというものが強く、その時合いまでに何をする、どうやって過ごす、これが大事って事です

それを可能にするために、ルアーを買うんです

疲れないタックルを探すんです

一生懸命釣れる場所を探すんです

釣るためには時合いというタイミングを逃さない、という考えをしっかり持つようにしましょう

サーフの釣りは案外釣れない時間が多い

サーフのタックルは11フィート近いロングロッドと4000番前後の大きなリール

PEライン1号を巻いて30g、40gという重たいルアーをぶん投げます

他のルアーフィッシングと比べてもかなり長いロッドと遠投を意識したタックルと言えます

広いサーフで思い切り振ってルアーを遠くへ飛ばして、リールでくるくる~って巻きます

キャストしてから手元までルアーが戻る時間はだいたい1~2分くらいだと思います

それを繰り返して、海中をルアーが通ってる時間を増やしていくと釣れるタイミング、時合いに当たった時に魚が釣れる可能性が上がります

すっごい当たり前の事を言ってますが、これができない人も結構多い

10分くらいルアーを通したらさっさと切り上げる

結構そういう早漏アングラーも多いです

どう見ても良い流れも出てる、潮変わりのタイミングを狙ってきちんとサーフに立ってるのに、すぐに辞めちゃうんです

サーフには思ったよりヒラメやマゴチの数はいないと思います

そこに居るのに反応しない、そういう釣りではなく、どこにいるのかを当てていく釣りです

初心者にはちょっと難しいかもしれませんが、ここは釣れるって場所は過去の実績と今の状況の重ね合わせです

サーフでもそういうポイントはたくさんあって、遠浅サーフでは水深が大きく動くという要素があるんで色んな場所がそういう好ポイントに変わります

逆も然りで、良いポイントだと思ってた場所があっという間に〇んだようになる、なんて事も考えないといけません

それが分かってて切り上げたのか、良い場所なのに経験不足、実釣経験不足から「ここは釣れない」と判断するか

こういう気色悪いアングラーに出会う事があるかもしれません

「ここはいないよ!どんだけ叩いても出ないよ!他に行った方がいいよ!」

今までこの言葉を他のアングラーにベテラン名人気取りで言った事のある方がいるかもしれません

気が付いた今、その口臭をケアするチャンスです(´ー`*)ウンウン

あなたが下手なだけですよ

あなた以外があなたよりも上手なのかもしれません

周囲のアングラーはあなたを見てて「ヘタクソなおっさんやな・・・」と思われたのかもしれません

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

それに気が付いた今、その体臭をケアするチャンスです(´ー`*)ウンウン

サーフは投げて巻くだけの時間が案外長く感じる釣りです

景観も良い、広い視野、それも要因になりますし、ザー・・・ザー・・・と規則的に入ってくる波の音も、ずっと聞いていくと単調になって飽きがきたりします

実際に釣ってて、釣れないな・・・って思うまでの時間はどれくらいでしょう?

私の場合は、全く分かりません( ー`дー´)キリッ

気が付けば2時間くらい同じ流れで行ったり来たりする時もあります

3投で切り上げる場所もあります

口臭達と違うのは、結果的に「釣れる」って事です

釣れるまで釣るまでの時間が長くても短くてもあんまり気にしてないんです

サーフで釣ってる時にこれをやってみてください

最後の10投

結構やる人も多いと思いますが、最後の10投がどれくらいか、これも釣れるまで釣る要素になります

私の場合、このルアーで10投、サイズを変えて10投、カラーを変えて10投・・・

最後の10投と決めてから1時間くらい経つ時も多いです

そんなに釣ってたらそりゃ釣れるだろ( *´艸`)プププ

はい、その通りでございますm(__)m

異論も反論もございません

しかし、そんな簡単な事もできずに釣れないようなクソ野郎どもに言われる筋合いはありません

釣りたくてたまらないのに、実際に釣ると文句をつけてくるんですよね

仕事出来ないベテランほど、若手の仕事っぷりにケチをつけるんです( *´艸`)

実績0件なのに、若手の獲ってきたい契約をくまなくチェックして誤字脱字を探すんです

今ある商品を今の状況で売る話をしてるのに「昔はね・・・」と遠くを見つめて過去の極少ない実績を語り始めるんです

そして65歳定年までそれを続けるんです

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

サーフでヒラメ・マゴチが釣れない時間に何をすればいい?

釣れるまで釣る

釣れるまで釣るという事は、時合いが起こるのをひたすら待つ

日によって時合いがいつ起こるかは読めません

朝マズメくらいです

デイゲームになるとひたすら時合い待ちの時間が続きます

私くらいのスーパーモデル並みのしっとり現役女子大生になると時合いを待つだけなく、恐らくいるであるという場所を練り歩いてヒラメやマゴチの時合いを待ちます( ー`дー´)キリッ

恐らくですが、私がボウズ食らう事が少ないのは、あまりにもセクシーだからです(違います)

初心者アングラーである女子アナの貴女は、とにかく時合いが起こるのを待つという事に徹するべきです

いかに長時間サーフでルアーをキャストできるか

まずはそこから釣れる女子アナになるか、釣れない女子アナになるかの分かれ目でしょう(´ー`*)ウンウン

釣れるまで釣るだけなのに、それができないから口臭だけが酷くなっていくんです

私がぴちぴち初心者サーフ釣りガールだった頃、釣れるまで釣るという事に徹したと言えます

あ、私って最初からバンバン釣ってました( *´艸`)

今思えば、釣れるまで釣る事をひたすらやってたなって思いますね

釣れる場所とかタイミングとかもよく分からず、サーフ見ても流れがよく分かんないってレベル

何してと思います?

ひたすらキャストです

当時のタックルはアピアのアンチェインという250g超えのロングロッドに初代セルテート

あのタックルをこじんまりしたサーフで4時間くらいぶん投げてました

ルアーも裂波やタイドミノーサーフとか、飛距離も50~60mくらいしか出てなかったと思います

私だけでなく、初心者釣りガールの方も結構出来てると思います

ひたすら投げる、ひたすら釣る

ビギナーズラックって言葉があります

新人かわいこちゃん社員はよく分かってないから倉庫整理に誘って仲良くなるところから始めて、運が良かったら汗の香りを楽しめる

そんな意味合いの言葉ですが、ビギナーズラックは単純に釣りという動作を楽しめるから引き寄せられるものです

釣れない時間ですら楽しい時間になってます

釣れない時間がヒマじゃないから、結果的に釣れるまで釣ってるんです

サーフで長時間釣り続けるのはルアーをいっぱい使えば簡単

20年前はサーフ用ルアーはあまり少なかったんで、ひたすらシーバス用ルアーを試してました

今はサーフ専用ルアーとして、各メーカーがものすごい数出してます

ひたすらそれを使う

持って行ってるルアーのフックを全部錆びさせる

ホントにこれだけです

お小遣いを制限されて、嫁が怖くて手でもしてもらえない

そんな事情があるのは理解します

サーフでヒラメやマゴチを釣りたいけど、ルアーはあまり買えないから最低何個っていう形で教えて欲しい

5,000円しかルアー予算はありません

もし女子アナの方にそういう相談を持ち掛けられたとします

もちろん、私とパパ活する事をおすすめします

そしたら予算が上がりますからね(´ー`*)ウンウン

パパ活ってお前らが思ってるようなヌルヌルではなく、ホントにデートだけです

わかばちゃんとパパ活してわかばちゃんの泣きぼくろをスケッチブックいっぱいに模写したいんです(´ー`*)ウンウン

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
釣具のバスメイトインフィニティ
¥729 (2024/05/24 22:54時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

5,000円でも結構買えそうです( *´艸`)

お財布の味方のメジャクラだと浜王21gとジグパラサーフ28gだけで好きなカラーを5,000円以内で結構買えます

これで成立します

ただ一つ言いたいのは

お前はこれで3時間サーフで投げ続けられるか

最低3時間はキャストできる?

かわいいかわいい女子アナアングラーであれば、4時間も5時間も至近距離二人羽織りレベルの密着指導ができますが、おっさんだと1秒でも早く離れて距離を置きたいですよね

一人で3時間、最低3時間5,000円以内という制限で買ったルアーで粘れるか

ここなんです

サーフで釣れる人になるか、釣れない人になるか、釣れてもないのにいないと言い切り口臭になるか

良い場所で粘る、というのはなかなか難しい要素ではありますが、時合いを待つというのは時間との勝負と言えます

時合いが来たらボイルが見えたり、小魚(ベイト)が海面を割ったりして、ヒラメやマゴチなどの存在を示す何かが見えるハズです

存在が確認できた場所は、居るけど釣れない場所に戻ります

魚がいるけど釣れないところで時合いを待つ、ひたすら粘って時合いを待つ

潮が引くとそのポイントが潰れる、逆に釣れない場所が釣れる場所に変わる

これは経験値を重ねて覚えていくものです

とにかくサーフで何時間もルアーをキャストする、色んな所に歩きながらひたすらキャストする

1つのルアーで3時間も4時間もできる精神力であればOKです

5,000円以内の予算でルアーを買って、それができるならそれでOK

少ないルアーだとすぐに飽きる性格であれば、ルアーをたくさん買って持って行くべきです

予算振り切っていきなり10個も20個もルアーを買う人もいますが、それはそれでOKです

釣れもしないのに短時間で切り上げて「私というすばらしい腕前を持ったアングラーが完璧に叩いて出ない場所・・・ここはヒラメもマゴチもいないんだよ」ε- (´ー`*)フッ

この精神が最も釣れない人の特徴であり、口臭おっさんとして数多く存在しています

そっちの住人になりたくないのであれば

どうやったらサーフで飽きずにルアーを何時間もキャストできるか

初心者はそこを重点に考えるべきです

釣れない時間を過ごしてると魚が釣れる!それは時合いを待つって事

楽天ブックス
¥3,520 (2024/05/18 23:56時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
出演:ちとせよしの
¥5,980 (2024/05/23 19:25時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
Air control(エアーコントロール)
¥3,891 (2024/05/23 22:15時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

当ブログでも細かいメソッドをオナ〇てる記事はたくさんあります

レンジでのルアーの使い分け、流れの見方、釣れる潮周りなど、色んな事を書いてます

が、それは徐々に覚えていくことです

初心者は流れや潮位、水深の移り変わりを覚えるには、長時間現場に立ってないとダメでしょう

釣れない時間をいかに過ごすか

楽しく過ごすのも良いでしょう

色んなルアーを試すのも良いでしょう

色んなカラーを試すのも良いでしょう

最後に、20年近くサーフで釣り続けているスーパーモデル兼セクシー女優現役女子大生アングラーの私が初期の頃からずっとやり続けている事をお教えします

移動する、釣りを終わる時に最後の10投を色んなルアーで行う

後から入っても先に入ってても、他のアングラーより絶対に先に帰らない

今は色んなルアー、色んなカラーが出てて見てるだけでテンションが上がります

釣れるルアーはあれども、釣れないルアーはありません

どんなルアーでもキャストする事で、ルアーが水中を通る事で釣れる可能性は上がります

サーフの釣りは人気が出て、人が多すぎて動けないサーフもあるでしょう

しかし、他の人より先に帰らないってのは誰でもできる事です

釣れない時間をうまく利用して、時合いをしっかり待つってのが確実にサーフで釣る方法です

新しく出たルアーを買って、持ってるルアーを場所ごとに全部使い、周りに誰もいなくなるまで釣り続けるってのは初心者でもできる事ですね

釣れないベテランはこれすら出来ないんです・・・

これをやろうとするアングラを見て「ここは釣れないよ(俺が釣っても釣れないんだからお前らが釣っても釣れないよ)」と必死で釣果を上げさせまいと妨害していませんか?

それなのに釣れた瞬間「〇〇釣法は正しい事を私が証明した!」「満潮に水温が上がるタイミングにぴったり合わせて連発させた!」なんて確証バイアス全開になってる口臭の多い事(´Д`)ハァ…

初心者サーフアングラーの方にまず覚えておいてほしい事は

釣れる理由は100%時合いにある

という事です

その時合いの可能性が高くて敷居の低いのが朝マズメ

細かい状況を読めて、時合いが起きたら確実に釣果に繋げるアングラーは釣りが上手な人です

最初の内はね、自分の釣ってる場所から離れたところで時合いが起きたりします( *´艸`)

元気なうちは「うぉー!!」って走っていて着いた頃にはシーン・・・なんてよくありますw

やってるうちに、経験を重ねるうちにその時合いの起こる場所に近い場所に立てるようになるはずです

誰よりも釣る人は誰よりも魚に近い場所に立てる

最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m