【計算無し・失敗無し】リールにピッタリPEラインを巻く方法・下巻きの仕方【高速リサイクラー】

5年前くらいの記事だったんですけど、ちょっと古くなったのでリライトしました

さて

新しいリールを買って、PEラインを買いました

さて、そのまま巻いてもダメですよね

リールには下糸というものを巻く、下巻きという作業が必ず要ります

初心者は釣具店で巻いてもらうのがいいと思いますが、釣具店にもいろいろ、店員もいろいろ、やってもらって気に入らなかったからと言って文句も言えない、みたいな事も多少はあるようです

最初は人任せでもいいと思いますけど、だんだんと自分でやりたくなるはずです( *´艸`)

それがDカップ女子大生のサガなんです

どうやったらリールにぴったり巻けるんでしょうかね~

ちょっと考えたら分かるとは思いますが、その作業をちょっとラクチンにしたのがこれから解説するやり方

別にマネしなくてもいいです( *´艸`)

リールにPEラインをぴったり巻く方法・準備するもの

リールとPEラインは確実に準備してください

必要なものはこの3つ

  • 高速リサイクラー2.0
  • 下糸
  • セロハンテープ

安い訳ではないけど、これは自分で巻き巻きしてる人10人に20人が使ってるという噂

下巻き用のライン(下糸)とは・・・

下巻き用のライン(下糸)は以下のようなものがいいと思います

  • 使い古したPEライン

何年もルアーフィッシングをしてたら、嫌でも2~3回はPEラインを替えてるかな~

俺の場合、巻き替えた時のスプールを必ず保管してます

PEラインを替える時にその空スプールに巻きとってから交換します

手でくるくるくる~てしてゴミ箱にポイはしてません

20年くらいルアーフィッシングしてると、相当いっぱいお古PEラインがありますね( *´艸`)

で、まだ釣り歴が浅かったらそういうのが無いですよね

  • ダイソーナイロンライン

昔はダイソーに釣り具自体が無かったので、下巻き用のはボビン巻きの安いナイロンラインを買ってましたが、今はダイソーがあります

100円(税抜き)で150m巻きが買えます

今もありますかね?

で、号数は1.5号か2号でOK

それより細くても全然OKですけど、2つ買わないとダメだったりします

サーフやショアジギのリールはでかい方なんで、もしダイソーラインを買うなら2つ買っておくといいかな

あまり太い糸(3号以上)にすると糸と糸の間の隙間が大きくなってメインのPEラインを巻き終えた時の仕上がりがボコボコになったりするんで、細目がいいです

下巻きする時に必ず頭に入れておくこと

ほんで、一つ大事な事があるんですよ

リールに最初に10mくらいはナイロンかフロロを巻かないとダメです

最初からPEラインをリールのスプールに巻いてしまうと、何とラインがスプール内で滑るという現象になる時があります

俺もそれは経験済みwww

魚が掛かった時にリールを巻いても巻いても全然寄ってこない、ドラグも出てないのにラインがシューって出てるんです

あれはね、笑える( *´艸`)

最初に10mでも5mでもナイロン(フロロ)を巻いておけばスプール空回り事件は起こらなくなります(´ー`*)ウンウン

リールに下巻きをしてPEラインをぴったり巻くやり方(手巻き編)

使うPEラインをピタッと巻けたら気持ちいい

でも、何も考えずに大体こんなもんか?って下巻きすると、ほぼほぼラインが余ったり、すんげースプールの内側に収まったりするもんです( *´艸`)

しかも、PEラインって同じ号数でも太さがバラッバラ

なので、ぴったりに巻くとしたらこういう理屈になるんです

  1. 最初にメインのPEラインを巻く
  2. 次に下糸用のラインをスプールいっぱい(お好みまで)まで巻く
  3. それを1回空スプールに全部巻き取る
  4. 巻きとったラインをまた空スプールに巻きとる

ここまでやると、下糸から巻ける状態になってリールにぴったり巻けます

これ実行すると、何回も手で巻き直すって事です

メインラインだけで200m、下巻きも100mとか200m、下手したら合計400m手で巻きます?

しかも2回もwww

でも、この理屈のやり方をすれば100%リールにぴったり巻けるんで、それを高速リサイクラーでラクチンにする方法を編み出したんです( ー`дー´)キリッ

リールに下巻きをしてPEラインをリールにぴったり巻く

まずは、リールにどれくらいまで巻くのが適正?

個人的にって話にはなるけど、シマノはAR-Cスプールなのでほぼ100%まで(フチまで)巻いて、ダイワは95%くらいで納めてた

でも、今のDAIWAのスプールもAR-C化してスプールエッジが斜めになってるんで、ほぼフチまで巻いても大丈夫です

スプールエッジギリギリまで巻くとエアノットが起こる?

そうそう、フチまで巻いたらエアノットが起こるというレベルの名人たちに絡まれた事あったんですけど、エアノットはスプールエッジを超えるくらい巻くとエアノットが起こりますけど、ほぼ100%、エッジギリギリまで巻くくらいではエアノット起こりませんからね

エアノットの原因は巻きが緩いからなんですよ

きっちりテンション掛けて巻くクセを付けれてればエアノットは怖くないです

俺がエアノットした原因は風の強い日にスローリトリーブをしてたからなんですよね

やばいかな・・・と思った瞬間べしべしべし~ってwww

もしエアノットがスプールエッジギリギリまで巻くのが原因なら、キャストした瞬間にエアノットする

エアノットってルアーが結構飛んでから起こりません?

という事は、スプールエッジギリギリまで巻いた事が原因じゃないんですよ

そういうの全然分かってもないのに短いモノサシで人を測っちゃうって・・・そういう事言うからダメなんですよね俺( *´艸`)

でも、スプールエッジよりも出ちゃうくらい巻くとエアノットしますからね(´ー`*)ウンウン

適当に下巻きしてメインラインを巻いて、あ、ちょっと余ったかな、ま、ええか、と余分に巻くと即エアノットになっちゃいます

そういうのも防止できるのが今回のやり方っす

リールに下巻きをしてPEラインをぴったり巻く・高速リサイクラーとは?

リールにPEラインを巻く時にクソ便利なのがこの高速リサイクラーですね

これ自体がリールみたいな機能があって、リールからラインを巻き取る事もできる

ライン交換でリールから手でラインを巻き取るの、すっごい大変なんですよ

逆はね、鉛筆さして両足の指で支えてりゃでくなくはないけど( *´艸`)

この高速リサイクラー2.0という輩ですが、シャフト?が短いのと長いのがあるので、長い方を使います

机に固定して使うタイプなんですけど、机がないという奇抜なお宅では使用できませんw

リールに下巻きをしてPEラインを簡単に完璧にぴったり巻く順番

1 PEライン(メイン)と下巻きラインをセットする

高速リサイクラーに下巻き用とメイン用のスプールを両方セットします

長い方のシャフトを使う理由はコレ

左右入れ替わっても問題ないですけど、2つ一緒にセットするのがコツです

これをしないと巻き戻す度にメインと下糸のスプールを入れ替えるというマヌケな作業が増えます( *´艸`)

2つくっつけてハンドルを回して、綺麗に両方がくるくる回るか調整しておきましょう

2 メインのPEラインを巻く

先にメインのPEラインから巻き始めます

画像の矢印のつまみでテンションが調整できるので、ガッチガチまで締めると巻けなくなりますw

リールで巻けるけどしっかりピンと張ってる状態のテンションを掛けましょう

この段階からテンション掛けておくと最終的にぴったり感が増します( *´艸`)

画像が数年前の使い回しなんで、リールが旧タイプのストラディックですw

C3000の大きさだとPE1号でスプールエッジ近くまで巻けますけど、あと少し、1mmくらい

下糸用でここを埋めます

3 下巻き用のラインを巻く

今度は下巻き用のラインを巻きます

今回はもう使わなくなったナイロンラインを巻いてます

多分1号くらいの太さです

下巻き用のラインはナイロンを使うと最初に書いたスプール内側で滑る問題が無くなりますね

PEラインと下糸は適当に電車結びでOK(※あとで切るんで)

使い古しのPEラインを使う場合は、5m~10mくらいナイロンラインを準備します

ここもテンションを掛けて巻くんですけど、ナイロンラインだとちょっと伸びるのが分かりますけど気にしないで巻いてますw

伸びでもミリ単位ですからね、気にしねえ( *´艸`)

4 下糸が巻けたら目印を付ける

下糸がリールにお好みまで負けたら、下糸を切らずにセロハンテープで目印を付けます

セロハンテープでなくてもいいんですけど、セロハンテープが便利です

5 下巻きした下糸とメインのPEラインを巻き戻す

セロハンテープで目印を付けたら、高速リサイクラーで下糸を巻き戻します

高速リサイクラーはギア比3.5なので巻き戻すのも楽ちんです

巻き戻す時は下記のようにラインを指で調整しながらになります

出典:第一精工公式サイトより引用

あんまり指で押さえると摩擦熱が起きるのでここは加減してくださいね

下巻き用の下糸はともかく、メインのPEラインを巻き戻す時に指で摩擦熱出すと弱くなりますからね

頼みますよ( *´艸`)

で、この作業では下巻きした下糸を巻き戻します

メインのPEラインとの結び目が見えたら、ここをチョッキンして切ります

切った部分はセロハンテープを貼って固定します

そうしないとメインのPEラインを巻き戻す時にビロビロして邪魔になります( *´艸`)

下巻きを巻き戻したらメインのPEラインも巻き戻し

スピニングリールってここでヨレが結構気になる人もいるかもしれないですけど、俺は気にしない

だって、普通に使っててもPEラインってめちゃくちゃヨリが出ちゃいますから

指でつまみながら巻く位置を調整するんですけど、メインのPEラインは大事に扱わないとダメ

さっき書いたけど、なるべく摩擦熱が起きないようにやさしつ摘まんでゆっくり巻き戻しましょう

このメインのPEラインですけど、スプール幅が狭いタイプだと巻き戻すのが大変です( *´艸`)

ちょっと油断したらシャフトの方に巻きとられたりします

今回の作業では一番気を使うべきところが、このメインのPEラインを巻き戻す作業ですので、何十回と言いますけど、やさしくゆっくり取り扱いましょうね(´ー`*)ウンウン

はい、これでメインも下糸もお戻りになりました

メインのPEラインも端糸をセロハンテープか何かで止めときましょう

メーカーによってはテープ的なモノが最初からあると思うので、それを使ってもOK

6 下巻き用の下糸からリールに巻く

ここもテンションを付けて巻きます

下巻き用のラインがPEラインの場合は、めんどくさいかもしれませんけど先っちょに10mくらいナイロンかフロロを結んで巻きます

ほんとにこれ大事で、いきなり下巻きもPEラインにすると痛い目に遭いますから( *´艸`)

スプール内で滑り出したらどうしようもないですよ

めんどくさかったら最初から下糸はダイソーナイロン糸巻いとけ

さっきつけた目印(今回はセロハンテープ)が見えたら、ここで切ってメインのPEラインと結びます

切った端っこをまたテープで止めときましょう

下糸とメインの結び方は電車結びでOK

これ、やるやらないは自由ですけど、結び目にテープ貼ってます

そうすると、巻きコブ?が出にくくなります

結び目を爪で埋め込むという猛者もいますが、この結び目がそのままだと下糸が出るくらいまでPEラインの容量が少なくなったときに邪魔になったりするんですよね

あとはメインのPEラインを巻いて終了です

図のようにピッタリに巻けます

高速リサイクラー2.0の詳細動画など

高速リサイクラー様様の方法です

これが無かったら全部手巻きで巻き直す作業なんですけど、第一精工すばらしい

どの号数使ってもこの方法ならリールにピッタリになります

下巻きは1回やっとけば、次から同じラインを使う時はメインのPEラインを交換するだけなんで簡単です

めんどくさいのが、同じ号数でもメーカーで太さがバラバラってところ

違うラインに買い替える時にまた合わなくなったら、最初からやり直しになるんですよね~

これがめんどくさいので同じメーカーの同じラインを買う人が多いかも( *´艸`)

まだ買ってない人はこの動画を見といた方がいいです

第一精工ってもしかしたら馴染みない会社?

いえいえ、ルアーフィッシングやってる人はお世話になってる人多いと思いますよ~

エギングしてる人はオートキングギャフ持ってる人多いかも

俺も持ってるし(使った事はないw)

ジェット天秤懐かしい~

もしかしたらエサ釣りの方が第一精工さんは馴染み深いんかな?

計算も失敗も無し・高速リサイクラーでリールにピッタリPEラインを巻く方法・下巻きの仕方でした

という訳で、高速リサイクラー様様な方法でした

変わったところで言えば、スプールを2つくっつけて作業する部分かな~

これに気付かない人は、巻き戻す時にいちいち入れ替えて巻いてる( *´艸`)

最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m