堤防ショアジギ、どういうタックルを揃えればいい?ロッド編、そんな話

コロナワクチン接種4日目

やっと普通に動けるようになったかな~と

まだちょっと頭痛が残りますね

元気よくごにょごにょしようという感じではないです(´Д`)ハァ…

さてさて、前回に引き続き、堤防ショアジギという括りの話です

今回は、タックル選び(* ̄- ̄)ふ~ん

堤防ショアジギのタックル選び

堤防ショアジギというせまいせまい括りの釣りでタックルを選ぶ

手持ちのロッドとリールで始めても全然OKなんすよ

エギングロッド然り、アジングロッドも強めのタイプなら全然OK

シーバスロッドなら尚更OK

で、俺のタックルはこれ

created by Rinker
ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)
¥48,900 (2022/05/20 01:16:41時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
天龍(Tenryu)
¥31,403 (2022/05/20 07:19:19時点 Amazon調べ-詳細)

この2本がメインであり、明確に使い分けてます

で、この2本・・・人によってはうんうん分かるよ同士よ~っていうFカップ女子アナもおれば、いやいや、こんなガチンコロッド恥ずかしくねえのかよwっていうQカップ専門学生(女子)もおるわな

それは、ターゲットの違いによるもの、それが大きい要因かな~

多分ね、四国西南部で堤防ショアジギやってる人からしたら、うん、それくらいはいるねって言ってくれると思うの

ターゲットはこういう魚になります

  • ネイリ(カンパチ)・・・40cm~70cm
  • 水深・・・20m以上の深さもあり

60cmオーバーのネイリは、事故レベルではなく、毎シーズン確実に釣れるくらい、俺以外も何人も釣ってるくらい可能性のあるサイズ

これって、多分水深も関係してると思う

なので、自然と強いタックルが必要になって、ジグも60gクラスのメタルジグを使う

そういうタックルを使ってても恥ずかしくないの( ー`дー´)キリッ

いやね、タックル見られて、うわっ・・・マジやんけこいつ

っていう目線を感じる事もあるけど、俺から言わせると、お前らちいせえのしか揉んでねえんだなwwwwって思っちゃうのよね

バカにしてる訳ではあるんですけど、シーバスロッドとかエギングロッドに小さいジグ付けてやってるの見ると、でかいの掛けてバラすなよって思っちゃう( *´艸`)

バラしってのは、俺は最悪な出来事だと思ってる

口に掛かったままだと魚は死ぬろうし、運よく外れたとしてもメタルジグとフックとリーダー、ラインが海底に残っちゃうしね、全てにおいて良くない

ライトタックルで大物掛かって切られて自慢こいてるバカはあの世からお呼びが掛かれって本気で思ってる

相手に対して確実に捕れる最大限の努力をする、これが俺のタックル選びの基準

そういう訳で、しっかりとした、ちゃんとしたロッドを選んでる

ターゲットが小さい、そして水深も浅い、そういう場所ならシーバスロッドやエギングロッドでも楽しめる

  • ターゲットの青物が30cm未満が多い
  • 水深も10m以下

こういう事がはっきりとしてたらそれで良いと思う

ただし、潮通しのいい外洋に出た堤防とかはね、ほんまに凄い青物回ってくることはあるけどw

俺自身、普段エギングする地磯でメータークラスのシイラがうろうろしてるの見た事あるからね

あれはね、感動した

すんごいキレイな魚体してた

内湾であり、小さい回遊青物がメインってなら、持ってるロッドで一番丈夫そうなので大丈夫

初心者こそ、しっかりしたタックルで挑む

あまりルアーフィッシングに慣れてない初心者の人

そういう人ほど、ちゃんとした本気タックルで挑むべき

俺はそれを強く推したいタイプ

自分が上手いとオナ〇てるタイプのベテランが、自分より良いタックルを持ってる初心者に「ヘタクソが良い道具使いやがって」みたいな絡みをする話をよくよく聞く

これはね、俺は逆だと言いたい

初心者だからこそ、道具に頼るんだよ、って俺は思う

堤防ショアジギで言えば、初めて青物が掛かった時の衝撃は凄いと思うよ

それこそ、安いエギングロッドなんかで掛かったら、根元からギュンギュンロッドを曲げられてラインもキーンって高鳴りしまくって、すごいびっくりすると思う

そして、初心者にありがちな、ロッドを無理矢理立てるって行動を起こしやすいと思う

そうなると、本当にでかい魚だと、破断限界の曲がりまでいってロッドがポッキーンは十分にあり得る

パワーのある魚をパワーで勝とうとした時に、ロッドを立てるのは大きな間違いってのが分かってないとロッドを折っちゃうの

本気でやろうと思ってなくても、そのターゲットに合った、出来るだけ良いタックルを揃えるってのは絶対に大事な事だと思うな、俺は

なので、初心者こそ、ちゃんとしたショアジギロッドを選ぶ事は恥ずかしくもなく、すごくいい事だと言いたいね

無論、ヘタクソなベテランが絡んでくるとは思うけど、そういう奴らは本当に下手くそで何も分かってないので、「あはは、あたしFカップなのにお金に余裕あるんで買ってみたんですよ~、童貞で貧乏なおじさんはあたし見てオナ〇って来なよ~通報してやるからヾ(*´∀`*)ノキャッキャ」」って答えればOKよ

もっと言えば、初心者であればあるほど、シーバスロッドや短いロッドでホントにでかいネイリとか掛かった時に、ドラグ調整、ロッドを曲げないファイト、堤防側へ突っ込んで来た時にラインを守る方法、そういう大物対策と慣れがないと魚は上がらないと思う

1つのロッドを万能にちゃんと使える人って、結局は基本が出来てる上手い人

自慢ですけど、俺はアジングタックルで50cmのネイリを釣ったからね

死ぬか思ったけどwww

切れる限界と折れる限界、本当のパワーの掛け方とか分かってなかったら一瞬でぷりーんってラインブレイクしてたと思う

なので、初心者であればあるほど、ちゃんとしたロッドを買う価値ってのはすごくある

道具が助けてくれる、道具が上手にしてくれる、そういうのがあるから

使うルアーはメタルジグが中心、重さでタックルも決まってくる

堤防ショアジギでは、だいたい40gまでのメタルジグでOKってのが定番

でも、さっきから言ってるように、ターゲットと水深によるのよね

こっちみたいにデカいのも掛かるし水深もあるってなると、60gくらいのメタルジグが普通に扱えた方がいい

こっちでは60gのメタルジグが30カウントする場所も結構ある

俺の行く場所では一番深いところは、60gが50カウント以上する

そういう場所なら使うメタルジグも重たくなるので、シーバスロッドでは背負えなくなる

そういう事を言うとね、こういう輩が現れる

「え?僕はシーバスロッドで、エギングロッドで普通に60gのメタルジグ投げてますよ」

って自称釣りウマのバカが

あのね、勝手にやってろ

お前の祖ち〇ロッドでどんなの使ってし〇ってもいいけど、それを人に勧めるな(# ゚Д゚)

SNSで女性で初心者っていう方がね、エギングロッドでショアジギしても大丈夫?みたいな事呟いたら

「ええ、僕はエギングロッドで60gのメタルジグを普通に投げてます( ー`дー´)キリッ」

って書き込んでるバカが気色悪かったんですよ

ほんと、いい迷惑

お前のロッドをどう使おうが良いけど、それを勧めるな

俺が上手いって思わそうとしたのか、最悪本気で使わせてトラブルになれっていう悪質さか分からんけど、規格外の使い方を初心者に勧めるなんて信じられん

ロッドの限界値や限界を超えた時の投げ方とか初心者は知らないし分からない

ほんとに使ってロッドが折れた時、お前保証すんだろな?

あ・・・・それが狙いかΣ(゚∀゚ノ)ノキャー

折れた?ごめんね・・・僕のせいで折れちゃった・・・僕が新しいロッド買ってあげるから、今度一緒に釣ろうね・・・そして夜は僕のロッドで君のジョイントを・・・・

そうか・・・それが狙いか

お前のすべてが正しかった( ー`дー´)キリッ

そういう訳なんで、今から堤防ショアジギやるぜって人は、ライトクラスのショアジギロッドを選択肢に入れる方がいいと思う

結構あるからね、ライトクラス

ライトクラスになると、40gくらいのメタルジグがぴったんこってのもいっぱいある

んで、メタルジグは40gが中心かもしれませんね

どんな水深でもやれるっちゃあやれる

10mから30mくらいまでは40gでもOK

ただし、俺の実績で言わせてもらうと、水深が20m超えてくると、釣果に繋がってくるのがメタルジグの重さ

特に30mくらい深い堤防だと、軽いメタルジグしか使ってない人との釣果の差は出る

これは俺がちゃんと体験してるからね

長い堤防で5~6人がメタルジグ投げてる状況で、見る限り小さい30gくらいのメタルジグをみんな投げてる

ロッドはシーバスロッドくらいで、シャクってるけどロッドがぐにゃぐにゃしてるだけ

その後に俺が入って、60gのメタルジグをガチンコショアジギロッドで颯爽とワンピッチジャークして一人だけ掛けるってやつ

一度だけ遭遇したこちらでは大変貴重なぷりんぷりんの釣りガールが、後から入った俺が連発してるのみて、「すごい・・・なんか後から来て一人だけ釣りよる」とブラ外して来た時もありますからね(/ω\)イヤン

この差って言うのは、重たいジグによる底取りの速さ(手返しが早くなる)、ジャークの切れの良さ(ロッドの硬さ)、あと、フォールスピードが速さ

ネイリだとそういう傾向が強いと釣れる状況が多いと思う

シュッて速く落ちるモノに興味を示して、いきなり目の前を素早く横っ飛びして、急にピタリと止まる

そういう動きが反応が良い事が実に多い

俺の感覚では、ジグがビタって横に向く瞬間にネイリが食ってるって感じっすね

ワンピッチジャークでビシバシするってのが俺の中では一番ネイリに効くと思ってるし、実際釣ってる

食い気が立ってたら楽なんですけどねー

青物ってホントに、時合いなったらバカみたいに食ってくるのよねwww

フォール中に何匹もメタルジグに飛びついてくるし、中層で止めてタダ巻きしてもゴンってくる( *´艸`)

特に朝マズメは結構そういう状況があるのよね

でも、青物の時合いはすごく短いと思う

そこで、ぺなぺなのシーバスロッドとか長さのないエギングロッドでやってると、魚が暴れて群れを散らすし警戒させちゃう事も多いのよね

そういう事も考えると、やっぱりショアジギロッドを選ぶ事も大事かなーと

ターゲットが大きくなくてもライトなショアジギロッドを選ぶ理由

さっきからほとんど理由は書いてますわ( *´艸`)

やっぱりターゲットの青物があんまり大きくないって場合でも、ショアジギロッドを選んだ方が良い事が多い

メタルジグのメリハリがはっきり出せるし、50gまでのメタルジグが扱えるロッドなら、その辺の堤防は水深関係なく余裕でやれるし

  • フォールの速さ
  • ジャークの切れ

これは確実に釣果アップにつながるからね

無論、俺はタダ巻きでやるから、って考えなら持ってるロッドでやりゃあええ

違う回で書こうとは思うけど、ワンピッチジャークのショアジギはぜひぜひやってもらいたいのよね

俺自身がワンピッチジャークの幅を広げる事で相当数のネイリを釣ってるから

理想のワンピッチジャークは短いエギングロッドや柔らかいシーバスロッドで軽いメタルジグではできんのよ

理想のワンピースキャラはカリファで185cm93・61・92・アワアワの実で石鹸ヌルヌルプレイです(´ー`*)ウンウン

ふにゃちんジャークは俺はやりたくない( ー`дー´)キリッ

Dカップをぶりんぶりんさせて次の日には全身筋肉痛みたいなやつwww

俺のくびれはワンピッチジャークで出来てると言っても過言ではある

でも、そこまででかい青物来ないし、あんまり深くないしってなら50gが扱えるショアジギロッドでOK

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥11,575 (2022/05/19 20:05:32時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
パームス(Palms)
¥25,713 (2022/05/19 20:05:34時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
天龍(Tenryu)
¥30,144 (2022/05/20 01:02:32時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)
¥43,560 (2022/05/20 08:31:10時点 Amazon調べ-詳細)

この中でもテンリュウのパワーマスターは2022年にリニューアルされるみたいで、これはちょっと楽しみ

多分、買っちゃいそう( *´艸`)

ヤマガブランクスはかなり強めのロッドでこのクラスでも60gメタルジグも扱えると思う

結構ね、ライトショアジギっていうジャンルで40gクラスのメタルジグを扱えるショアジギロッドは各メーカー力入れてますね

水深もあるし60cmオーバーの青物も釣れちゃうかもって場所なら、俺が最初に出してたロッドはすごく良いと思う

で、パワーマスター(テンリュウ)とブルースナイパー(ヤマガ)の明確な使い分けはね

ショアラバもやるかどうか

この要因です

今日の釣りで、ショアラバでも鯛やハタ系も狙うかどうか

この思いが強いかどうかです

ショアラバ要因なら、圧倒的にパワーマスターライトコアが使いやすい

パワーマスターはショアジギロッドでもマイルドに曲がるんですよね

これはショアラバでは結構有利に働く

で、ショアラバはやらない、メタルジグでビシバシジャークして60オーバー狙うぜって日はブルースナイパーを持って行く

ブルースナイパーはね、ほんとに強い

本気でガチンコショアジギロッドを選ぶなら、ブルースナイパー買って問題はないと思うな

堤防ショアジギロッドを選ぶにはターゲットと水深、そして使うメタルジグの重さで選ぼう

思った以上に長文になっちまったΣ(゚∀゚ノ)ノキャー

堤防ショアジギは手軽に出来る

という思いは捨てて

堤防ショアジギは手軽に行って、本気で青物をガチンコで狙うぜ

って思いましょう(^^)

青物はね、釣ったら分かるけどパワーはすごい

なので、思ったより1ランク上のパワーを持ったロッドを買うといいかな~とは思います

それではまた2040年くらいに会いましょう(@^^)/~~~

関連記事【堤防ショアジギ】