平気で目測で

メタルジグが100m飛びました

という輩のMOSS77です

 

た・ぶ・ん それくらい

という目測もいいとこで、とりあえずメタルジグフルキャスト=100m超え

と書くことにしている

 

だって、メタルジグ100mって表記多いんだも~ん

俺だって一人前に飛ばせるぜ

って思いたい

 

問題はそれじゃなく

メタルジグなんざ、飛びゃあいい

だれも見てないんだから、120m飛んだ、と書いても良い

 

でも、問題はそれじゃなく

今シーズン試したい、17cm前後のビッグミノーでのヒラメ攻略

 

正しい飛距離を測って得たいもの

 

それは単純なモノ

 

自信

 

ですwww

 

12cmミノーから14cmミノーに切り替えたら、妙に飛ばなくなる感じがする

キャストした後、ハンドルを巻いて飛距離を測ると大して変わらん

やっぱ、でかいから妙に飛んでないような感覚になるんですよね

 

で、今シーズンは更にでかい17cmクラスのルアー

普段通り飛んだとしても、多分、かなり手前に落ちた感じがする事必須

 

大丈夫、飛んでる飛んでる

と思い込ますのも短時間だけw

 

普通に飛んでるぞ

という確証が欲しい

 

ラインカウンターで正しく飛距離を測る

 

ルアーをフルキャストした後に、ラインをち〇こに絡みつけて飛距離を測る

ハンドルで巻いても、およその飛距離は分かるけど、俺の性格上、およそではなく、見た目の数値が欲しい(笑)

多少、もしくは、結構飛距離がズレたとしても、目視で数字があった方が安心ゴム付

 

どっかのラインカウンター

 

 

 

ラパラ ラインカウンター

 

 

 

 

この二つのラインカウンターは基本ベイトタックル専用らしく、スピニングだとカウンターが下向きになるらしい

 

 

プロックス ICデプスチェッカー

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プロックス ICデプスチェッカー (デプスカウンター 水深計)
価格:3531円(税込、送料別) (2018/10/10時点)

楽天で購入

 

こっちは、カウンター部分がくるりんぱと出来るらしく、スピニングにもベイトにも対応

っちゅう事で、こちらを注文してみた

 

妄想中に起きた問題

 

ルアーを巻いて測る訳でございますので、途中で魚が食ってくる可能性あり(笑)

そうなったら、一緒に巻くしかないですよね(^^;

どうせ焦ってるしwww

 

これで大座布団なんか掛かって逃がしでもしたら・・・

なんて妄想で困るwww

 

正しい飛距離を測る事でモチベーションを持続させるべ

 

でかくて飛んでないと思ってしまうルアーでも、ちゃんと普通通り飛んでる

と思ってもらえることで結果は違うよ

 

飛んでないようでも、ちゃんと飛んでる

 

そう思い込むことも大事っすね

 

ちなみに、他の使い方もできるラインカウンター類

 

飛距離を測る事

実はこっちがメインではなく、糸巻き量を測るもんらしいwww

 

あと、真下に落として巻く時に測れば、水深もOKってこと?

 

150m巻きのラインは、本当に150mあるのか、とかね( *´艸`)

 

ま、とりあえずICデプスチェッカー待ちっす