またしても送り付け商法(代金クレジット先払い済み)にて

ディアルーナ届く

 

 

 

 

 

ディアルーナ S90MLのファーストインプレッション

 

 

軽ぅっ

 

頭の軽いすぐに乳揉ませ系が好まれる場合も多いですが

このディアルーナ

尻軽です

 

硬さも予想通り

SHIMANOらしいしゃっきりとした硬め

ぐにゃっとする昔の調子とは全く違いっせ

 

 

 

うわっ

 

グリップ

 

だっせ

 

 

おおおおおおお

リール付けたら活き活きしますなぁ

 

 

ここは四万十川

まだちょいと増水気味

県外から来られる方

泳ぐのは気を付けてくださいね

 

ビキニギャルっ子一人おらず

 

 

車で10分程度

今さらですが、うちから四万十川って思ったより近い(笑)

 

 

 

ハイ

午前中1時間程度試し投げ

投げね

試し釣りではない( *´艸`)

 

 

ディアルーナ S90MLのキャスト感

 

G-CRAFTのロッドで飛ばせるようになってたら、かなりロッドのバットを曲げて飛ばすキャストになってるはず

最初はこの感覚で振るので、Gクラ以外のロッド振ると飛ばない(笑)

ディアルーナは軽くて、キャスト時に結構軽く曲がるので、ロッドのティップを曲げて飛ばすような感じで投げると飛びます

っちゅうか、それが多分、普通のルアーロッドのキャストなんで、普通に飛ぶロッドっす

で、スパンと振り抜けるので、予想以上に飛びますwww

バイブレーション24gが向こう岸に刺さりそうになりました

 

ルアーウェイトは32gまでになってますが、あくまでもキャストできるギリギリが32gですな

 

川スズキとしてのディアルーナ S90ML

 

軽いので、操作性は素晴らしい

ロッドの感度はすんごくいい

特にトップウォーターは大変使いやすい

 

逆に言えば、28gのバイブレーションには完全に負けてる

流れの強い場所でのバイブレーション操作は正直きついね

恐らく、流れの中でヒットしたら苦労しそう

そもそものロッドの魚に対する強さは分からんので、とりあえず掛けるまでの妄想では、俺の中ではバイブに負けてる

 

ま、どーせこのブログ見にくる人って、夜のバイブレーションの事ばっかり考えてる輩ばっかりでしょうから、昼のバイブの話しても伝わらないかもしれません

よくよく考えたら、バイブレーションって昼使うもんでしょ

機械に悶える姿に興奮する変態が使うもんでしょ

俺みたいな歩く七三分けみたいな真面目な人間には妄想も尽きませんけど

 

ディアルーナ S90MLを判定

 

これね、思った以上にグリップがクソクソださいけどロッドとしての性能は高いと思われます

2万ですからね

SHIMANOがOEM引き受けてるかどうかは知らんけど、これをOEMで他メーカーで売ったら、余裕で3万超えで売るでしょ

その辺の自社窯持ってないメーカーの3万くらいのロッドくらいの性能は余裕であるっしょ

メイドインチャイナですけど、この価格帯ですから当たり前

 

サーフヒラメ用としてディアルーナをどう見るか

 

サーフ用として最初の一本のディアルーナのS106MとかS110Mとか勧めちゃうかもしれない

ただし、サーフヒラメとして堀田氏の釣りをディアルーナでやるとなると話は違います

俺がNESSAシリーズが合わないのは、あまり重量系ルアーを使わないから

NESSAシリーズのルアーや、DUOのビーチウォーカーシリーズを買い集めて釣るなら、ディアルーナの選択はルアー重量に負けるかもしれん

28gまでのミノーとかを中心に、今はやりの鉛系ではなくミノー系を使う方なら、ディアルーナはぴったりま〇こです

 

 

1時間やった感想

 

水分は必ず持っておきましょう

 

川に浸かってると涼しいんですが、この暑さでは死ねます

 

夕方はちいさいおっさんがチヌ釣るとかいうので、ちょっと何か魚を掛けてみたいと思います