ルアーフィッシングの中でも、かなり長時間になりがちなサーフでの釣り

特にデイゲームでヒラメが釣れる事が分かってからは、特にそういう傾向になってる

長時間の釣りの中で、1日1回だけのアタリを待つ

そういう精神的な耐久戦にもなりがちなサーフヒラメですが、自分なりにどういう考え方でサーフヒラメに挑んでるか、ちょっとまとめてみました

ヒラメは狙って釣れるとは思わない

何度も同じ場所に通い、何十匹とヒラメを釣っていくと、ある程度狙いを絞って釣る事ができる

それも、かなり高確率に釣れる時もあるけど、初心者や初めて行く場所では考えない

というのも、狙って釣った、というのは、ある意味、究極の後付け論

サーフに行って、数投で仕留めて帰る

これを何回でも繰り返せるなら「ヒラメを狙って釣る」スーパーアングラーと言えるかもしれん

ただ、そんな人はほとんどいないのが現状

数回そういうのが続いただけで有頂天になって自称名人になってる人も多いかも

実際のサーフヒラメは、何時間もかけて、いい場所を探し、粘ったり見切ったりしながら、自分の思うポイントで釣る、長時間の釣り

その数時間の中で1枚のヒラメを釣ったとして、それが果たして「狙って釣った」と言えるのかどうか、と考えてます

サーフヒラメはヒラメが釣れるまでの過程を楽しむ釣り

ヒラメを釣るのはそんなに難しくなくなってる

ある意味、ルアーのターゲットの魚の中では、難しく考える程の魚ではないと思ってる

ヒラメの口先にルアーを通す、これが出来ればヒラメは釣れる

しかし、そこまでの時間が長い

だだっ広いサーフ、起伏はあるものの、これといった見た目が変わる訳でもないポイント

ぱっと見では、何も景色が変わらない場所で数時間かけて釣る事が多いのがサーフヒラメ

同じ景色が数時間も続いて、すごく飽きてしまう人も多いと思う

サーフヒラメの最大の敵は、集中力の低下で釣りを辞めてしまう事

当たり前ですけど、ヒラメが釣れるまでルアーをキャストし続けなければヒラメは釣れない

集中力が切れてしまう原因は様々だが、なるべくそれが起きないような釣りをするのがヒラメを釣るコツ

色々な要素をどんどん変えていき、なるべく長時間、集中力を切らさないように釣り続けられるかどうかが大切なポイント

ヒラメが釣れるまでの過程を飽きずに長時間続けるための方法

ヒラメがルアーにヒットする理由はこう考える方がいいです

ルアーが目の前を通ったから

とにかく、難しく考えない、ヒラメが釣れる理由は単純に考える

数時間キャストし続けて、ヒラメの頭周辺にルアーが通るまで粘る、それが出来ればヒラメが釣れる可能性は高くなる

狙ってないと言えば狙ってないけど、釣った時点で狙い通りって言うだけで狙い通り釣れたってなるから気にしない(笑)

1 好きなルアーをたくさん持って行く

サーフヒラメブームで、とにかく種類が多いのもサーフヒラメの特徴

カラーも豊富で種類も豊富、逆に迷ってしまう事が多いくらいです

その中でも、このルアーを使いたい!というのをなるべく沢山作るべし

使いたいルアーが多くなればなるほど、何度もルアーチェンジをして、結果、長時間釣り続ける事になる

好きなルアーを色々と使う過程でヒラメが釣れる

のルアーだからヒラメがヒットしたとは思わないようにするのも結構大事な要素

凝り固まった考えも、長時間キャストし続ける弊害になるため、どのルアーでもヒラメは釣れる事は基本に置いておきましょう

2 使いたいカラーを持って行く

これもルアーの種類と同様で、自分が好きなカラーを使う

もちろん、好きなカラーだけ持って行ったら意味は無い

普通にベイト系のシルバーカラーや、マズメに強いと言われるゴールド系なんかは持っておくべきで、そのカラーの中に、一つ自分が使いたいカラーを入れておく

個人的には使いたいカラーは突拍子もないカラーにしてる(笑)

例えば、濃いピンクであったり、クリア系のカラーであったり、最初に通そうと思わないようなカラーリングを忍ばせる事も多い

  • ちょっと曇ってる、もしくは、まだ薄明るいのでゴールド
  • 潮の色がクリアなので、ベイトカラー

などという基礎的なカラーリングに、突如透明なルアーを投げたり、ド派手なカラーを登場させたりして、ルアーのローテーションにカラーチェンジのローテーションを加える

ここでも、このカラーだから釣れた、という思い込みは持たないようにしてる

カラーを変えて楽しんでいる過程でヒラメが釣れた、こう考えています

3 リトリーブスピードを変えよう

基本的にヒラメを狙う時のレンジは、低層(底から10cm以内)を通すだけにしてます

特に遠浅サーフだと、底近くでほとんどのヒラメがヒットする

なので、層のレンジを狙うような上層への変化はあまり意味はないと単純に考えてる

リトリーブのスピードはかなり意識して変えている

スローリトリーブとファストリトリーブ(早巻き)という考え方

基本はスローリトリーブ

時々、早巻き~ストップ、という動作を入れている(ストップ&ゴーなど)

リトリーブの違いというエッセンスを加えて、少しでも多くキャストする理由を作ってる

注意点は、ファストリトリーブの場合、少し落ち着いてゆっくり巻く(止める)動作を入れた方が良い

5~6回早巻きしたら、次の2~3回はスローに巻く、という感じ

というのも、ソゲクラスの小さいヒラメはしつこく追いかけてくるが、大きなヒラメになると、あまりルアーを追ってこないような傾向がある

個人的な釣果で言うと、ファストリトリーブには40cm以下の小さいヒラメが釣れ、60cm以上のヒラメはファストリトリーブで釣れた試しがない

これは確実に釣り分けができる訳ではないけど、ファストリトリーブし続けてヒラメがルアーに追いつけないようでは意味がない

常に、ルアーの後ろにヒラメが着いてきてるかも・・・と妄想して、ルアーのスピードを落とすタイミングを入れてます

4 遠くのポイントを良さそうに思う

基本的に、目の前のポイントを通す事になるが、リトリーブ中でも周りをキョロキョロして様子を見てます

というのも、ヒラメはピンポイントで狙って出る魚ではなく、怪しいポイントのどこかで出る、と考えてる

ルアーを通すポイントが大体決まれば、後はリトリーブしながら遠くで釣れそうな場所を探しましょう

目の前に広がるポイントがまだ魅力的ならもうちょっと粘ってみるのもよし

あまり魅力的ではなく、遠くに見えるポイントが良さげなら、一気にそこまで行くもよし

広い広いサーフで、1ヵ所に執着するのは効率がいいとは言えない

常に広い目線で、次に行きたいポイントを探しながらルアーをリトリーブしてます

もちろん、また元の場所に戻る、ってのも当たり前にやってます

色々やってる「過程」でヒラメが釣れるように考える

さっと行って、さっとヒラメは釣らない

サーフでは色々なルアーを試しながら、カラーも直感でどんどん変えてみる

たまにリトリーブのスピードも意識して変えてみて、またルアーを変えて、ついでにカラーも試してみよう

みたいな感じで、楽しむ時間を長く取れるように、ルアーローテーションやロッドアクションの変化をつけてます

サーフからの景観は壮大で心が安らぐ

波の音も心地よい

そういう環境で、のんびりとランガンしながら長時間ルアーをキャストし続ける

ヒラメが釣れたとしても、決して自分だから釣れたと思わない

誰でも釣れるヒラメに対して、自分が釣るのが上手だと思う事は、ちょっと恥ずかしい井の中の蛙です

好きなルアーとカラーを、使いたいルアーをどんどん使い、ヒラメがヒットするまでの過程を楽しむ

なるべくたくさんルアーを持って行き、集中力を切らせないように長時間粘る

とにかく歩いて歩いて釣れそうなポイントで沢山ルアーチェンジをする

数枚ヒラメが釣れた程度で凝り固まったルアー論を展開するような小さいアングラーにならないようにお互い気を付けましょう(笑)