遠浅サーフで扇形に攻めるのは本当は無駄が多いという説

サーフヒラメの教科書的攻め方

扇形に攻める

個人的には、この攻め方を否定ちゃうの( *´艸`)w

なるべく広範囲を無駄なく叩いて行く、所謂ランガンスタイルの攻めが基本のサーフヒラメ

高知西部のような超遠浅サーフなら尚更、あっという間にポイントが干上がってしまう場合も多々

そういう時は、無駄なく広く広範囲を叩く必要があるんです

扇形にルアーをキャストする攻め方

扇形にルアーをキャストして探るの、そんな定番ネタみたいなのがある

こっちでも、よく見てたら、これを実践してる人も結構います

同じ場所から左45度~真っすぐ~右45度~

人によっては、財布でも落として探してるの?というくらい、同じ場所からあっちこっちに投げてる

実に無駄が多い、遠浅サーフでの扇形に探る事

遠浅サーフでは扇形にルアーをキャストしてるとこんな心理状態になっちゃう

  • 広く探ってるような気分になる

扇方にキャストすることは、確かに広く探ってる事になります

1ヵ所から4~5方向へキャストして、3~5m程度動いて同じことを繰り返す

これは、ほとんど完璧に、ルアーの届く範囲を攻める事になります

恐らく、ルアーが通ってない部分は無いでしょう

でもね・・・現実としてできると思いますか?

こんな攻め方は出来ないっすw

疲れるし、人間どうしても、離れた遠くの場所が良く見えるんですからw

すぐに「あっち行きてえ・・・ここでぐずぐずしてる間に他の人がそこに入っちゃう・・・あそこには俺が入れてえ・・・」

ってなっちゃう

ちなみに、急深サーフは扇形にキャストして波打ち際を探るのは正解

扇形のキャストは、どうしても波打ち際が被ってしまいます

この攻め方が正しいのは、急深サーフなんですよね

急深サーフは、足元がどんとカケ下がっていて、足元のカケアガリを丁寧に攻める事も重要です

遠浅サーフでは動かずに広くキャストすると無駄なコースが多くなる

高知西部のような超遠浅では、波打ち際をそこまで気にすることはござんせん

じっとして、キャストすることの方が、実に無駄

じっとして扇形に探るのは、足元は重複するは、沖目は幅広くなりすぎる

実は、無駄が多い攻め方とも言える

20170320001

県民性も影響?じっとしてられない体質、それが「いられ」www

時間を掛けて移動しながら釣れる方には向いてますが、高知県人・・・

あなた高知県人?

高知県には「イラレ(いられ)」という人種が多い(爆)

待ってられない、短気、おっぱいは大きさより形、そういう意味ですね

俺もそうなんですよ

俺はホントにそうなんですよ

俺の見て来た限り、地元ナンバーのアングラーで、扇形キャストをして、じっくりやってる人はいねえ( *´艸`)

みなさん、扇形にキャストしたら、大移動してますwww

基本の様な「扇形に探り、2~3m移動して、また扇形に探る」

これを実行して、釣れないならヒラメは居なかったと言えるでしょうけど、10m範囲を叩くのに、数十分かかってしまう

これはかなり非効率になっちまうんじゃないでしょうかね

遠浅サーフでは「逆扇型に探る」これが正解と言いたい!!

俺のやってる探り方は「逆扇形」

こんな感じ

20170320002

この攻め方だと、波打ち際の無駄がなくなります

沖目の無駄が大発生します( *´艸`)

まぁ、その辺はご心配なく

遠浅サーフでは、沖目の狙うべきポイントが程度絞りやすいんですよね

  • 離岸流の出口
  • 沖のシモリ根
  • 波と波がぶつかる場所
  • 周辺より波が立ってない場所
  • 泡が浮いてる場所
  • 潮目

そんな沖目の目標物がはっきり見えるのが遠浅サーフの特徴でもあります!(^^)

これって、急深サーフでは見つけにくいポイントですよね

だから、俺は急深サーフが苦手なんですよ

どこを目標に投げて良いか分からん

足元を扇形にじっくり探れないイラレ体質

上記のリンクにちょっと逆扇攻略を載せてます

真っすぐ投げてを繰り返すというのも一つの攻略法だとは思いますが、これはこれで「単調になる」という敵が現れる

単調になってくると、すぐに飽きてきちゃうんですよね

飽きると釣れないと判断するのが早くなるんですよ

すると、サーフの釣りの原点である、長時間の釣りから外れてしまう

何かの目標物に向けて逆扇型にフルキャストして探る

遠く(沖目)に目標物を探して、それに向けてフルキャストしながら逆扇形に探る

これが俺のやり方っす

離岸流の出口なんかがはっきりと分かったら、逆扇を繰り返しながらルアーチェンジです

1回キャストしたら5mくらい移動して次のキャストするくらい移動の幅を取る事も多いです

短気な俺でも、怪しい場所はじっとしないで広く動きながらも無駄なく怪しい場所を探れますね

これが逆扇キャストの良い所です

遠浅サーフ攻略には重要なメソッドだと思ってますよ