ラインシステムの基本 FGノットの簡単なやり方

PEラインとフロロリーダーを結ぶラインシステム

このラインシステムも、釣り歴が長い人なら「電車結び」は一つの方法ではあります

しかし、PEラインを使うルアーフィッシングでは「電車結び」は現場での緊急用であり、事前準備段階では確実に覚えて欲しいノット(結び方)があります

それが「FGノット」と呼ばれる結び方

摩擦系と呼ばれるノットで、ほぼ100%の強度が出る

これが難しい・・・と言われていたのはひと昔前

ここで紹介する動画を参考何度も練習すれば、あっという間に確実にFGノットが出来るようになります

私自身も動画のやり方でFGノット結んでます

ラインシステムの基本「FGノット」の簡単なやり方(動画)

動画でFGノットを覚えよう

この動画を見てFGノットが簡単にできるようになったという方はかなり多いらしい

個人的にも、同じやり方でFGノットを組んでます

慣れれば、現場で立ったままでもFGノットが出来る

編み込む理屈が分かれば、後はPEラインの張り具合を覚えるだけ

編み込んだ後の締め付けも必要なく、摩擦で弱くなるPEラインを無駄に弱くする事もないですね

ちなみに、堀田氏が編み出したものではないです(笑)

動画で紹介してる編み込み方で、最初に登場したのは、ルアー雑誌でしたね

※YouTubeが流行るよりも、かなり前から登場した編み込み方なので、〇〇流、と紹介するのは、個人的には如何なもんかな?と思う節はありますw

堀田光哉氏のFGノット紹介動画

少し見にくい部分もあるが、PEラインを張って、フロロリーダーを編み込んでいく

頭にある程度入れて、実際にやってみましょう

そんなに難しくないので何回かやればあっという間コツを覚えると思いますよ

現場でのFGノットの編み込み方が分かりやすい動画

https://youtu.be/AbhTDfoNztg

中山氏の紹介動画で、画像が鮮明で分かりやすいです

※他サイトでの再生が禁止されてるのでクリックしてジャンプしてください

この方法だと、ロッドティップ(竿先)が徐々に絞られていくので、油断してたらティップが曲がってて焦る事もありますwww

FGノットだけではなく、結び方は動画で覚えよう

YouTubeの良いところは、実際に目で見られるところですね

ほんと分かりやすい

今までは雑誌や本と睨めっこしながら覚えて、しかも出来上がりが本当に合っているのか不安もあったけど動画だと出来上がりまでしっかり確認できます

上手な人の結び方は非常に参考になりますね

色々なノット(結び方)を参考にし、実際にやってみて、どんどん自分のモノとして吸収していきましょう

ちなみにFGノットの他で個人的に使ってる結び方はファイヤーノットとビミニツイストです