波打ち際~

実際に魚が掛かって一番緊張するし、一番興奮するところですよね

でも、魚が掛かってからの話ですねぇw

サーフでは波打ち際というものを意識するのが定番?なようで、俺自身はそんなに固執してないんすよ

その理由・・・ま、ヒマな人は見て下さいm(__)m

サーフでのルアーフィッシング・・・波打ち際の重要性??

波打ち際・・・サーフでの釣りでは重要なポイントではありますよね

毎回ルアーはそこ通るし、嫌でも目の前でざーざーするし

なぜかちょこまか動く小鳥がすげー速さでエサ漁ってたりwww

サーフの波打ち際は忙しいんすよ

俺にとってはランディングで一番緊張する場所

上手く波に乗せてずり上げて

どーんってなる

どーん!どんどーん!!!

あ、間違った

真面目に経済番組見てるのに角谷アナが気になって内容が入ってこない、そんなストレスに悩まされる毎日

だって~、横になった時の角谷アナのニット乳すげー威力なんだもん

夏が終わったら次はニットの季節ですね

ミトちゃん、かやちゃん、朝から楽しみがいっぱい

だいたいね、そういうイヤらしい目線はダメですよ

とか言いながら、飲み会とかになったらこれでもかとVネックのぴたぴたニット女子多いですよね

右にある醤油をわざわざ左手で前かがみで取る・・・

・・・

サーフでのランディングがなぜかニット乳の話になるとは・・・

意外性がありすぎですね、サーフフィッシングは

で、波打ち際では俺にとってはニット・・・じゃなくてランディングの場所として一番意識してますな

押し寄せた波からどーんって

どんだけ釣ってもこの瞬間だけは、よっしゃーって声出てるwww

ちょっと恥ずかしい( *´艸`)

波打ち際はヒット率が高い!はほんと??

波打ち際はヒット率が高い!!

確かに高いですね~

でも、俺のデータ上は、圧倒的に波打ち際以外が多い( *´艸`)

なんかね、イメージ的に強い、サーフの釣りでは単純に「波打ち際」って軽いパワーワードなだけで、そこまで波打ち際に集中する訳ではないって俺は思ってる

なので、俺は波打ち際に固執した釣りは全然意識してない

波打ち際だけ叩いても釣れる??

波打ち際だけ集中して叩いたら釣れる

というのは動画でもあるんですが、正解と言えば正解です

が、そういう日もあるよってだけ

その波打ち際集中攻撃で1シーズン通して、他のシーズンと比べて2倍、3倍の釣果がありました

そんな事言ってる人いません

80cmのヒラメが釣れました~、そのメソッドを紹介~

って・・・一生に1回釣れるか釣れないかの大座布団ヒラメが、たまたま釣れただけ・・・

とか言っちゃうと怒られる、もしくは負け惜しみか、とか言われる( *´艸`)

でもね、その時だけの釣果を大げさにするって人が多いのも事実なんよ

たかだか10枚20枚釣っただけでメソッド成立の釣れるルアー釣れるカラー・・・

もっと釣りなさい、100枚、200枚釣ったら分かるの

ヒラメなんざどんなルアーでも釣れるし、波打ち際以外の方が釣れるし、そもそも大きさなんて100%運なんすよ

なので、波打ち際だけ叩いても釣れる、は正解ではあるけど、大した事はない事実って事

波打ち際ではヒット率が上がる!それは正解!!

波打ち際はヒラメやマゴチが集まる

それはね、俺は間違いだと言い切る

というのも、波打ち際ってあの波が行ったり来たりする場所でしょ?

あんな水が大きく動くような不安定な場所を好き好んで集まる訳ない

それが俺の答え

でも、波打ち際、いわゆるサーフでのルアーのピックアップ寸前

ピックアップとは、回収してる時、要するに回収寸前のサーフの波打ち際でのヒット率は高い

そうです、波打ち際でのヒット率は結構高いんですw

さっき釣れねえよって感じで言いましたけど( *´艸`)

ヒット率は上がる、というか、波打ち際でヒットしてくる事は多々あるんですよ

というのも、ヒラメやマゴチが波打ち際に潜んでいてベイトを待ってる、という事ではないんです

もっと波打ち際から離れた位置からルアーを追ってきて、波打ち際で仕留めに掛かる、そういうヒラメやマゴチは多いって事です

ベイトが追われて水面が割れる、ってのはサーフから見えます

堤防や磯からでも青物がベイトを追い回してばっちゃばっちゃなるのも一緒ですね

要するに、ベイトが逃げられない場所に追い詰めて仕留めるんですよ、フィッシュイーターは

なので、波打ち際まで追いかけてきたヒラメやマゴチ、もちろんスズキもそうですけど、逃げ場が無くなる波打ち際でルアーをパクっと食うんだ、考えてます

ベイトを追い込む場所、それが波打ち際・・・

目の前をルアーが通った場合は、そのままルアーにアタックする、そう考えてます

ちょっと遠くから追いかけてきた時に、波打ち際になってれば、そこでヒットしてくる

で、同じような場所が、カケアガリとかブレイクとか言われてる場所です

なので、そこにヒラメが集まってる、という意識ではなく、そこはルアーを仕留めに掛かる場所なので、もっと広い範囲からブレイクに差し掛かる、波打ち際に差し掛かる、そういう意識

ピックアップ(回収)寸前のヒット率が上がる理由もそうだと思います

水面にルアーが差し掛かると、そこが仕留める場所になるので、いきなり下からガボってパターンになる

サーフではこれが波打ち際になる、ショアジギなんか海面近くでメタルジグの動き見よーって動かしてたらネイリがいきなり食ってくる、なんてパターンもありますねwww

常にフルキャスト論、これが俺のサーフの釣り方( ー`дー´)キリッ

で、ピックアップ寸前の波打ち際にも気を付けてるって感じっす

波打ち際のヒットが上がりやすいルアーもあるの

波打ち際のヒットが多くなるルアーもあります

ヒットが多くなる、というとちょっと語弊がありそうですが、波打ち際でルアーを留めやすいって事です

例えば、リップが大きいタイプのルアー、MD系とかですね

created by Rinker
DUO(デュオ)
¥1,777 (2021/12/07 05:39:28時点 Amazon調べ-詳細)

こういうルアーは波打ち際に差し掛かると、がっつりリップが突き刺さるんですよw

で、突き刺さるたびに止める、を数回繰り返すと波打ち際でのヒットが意図的になる

もちろん、止めた瞬間とかルアーがめっちゃブルブルするんですけど、そのブルブルとアタリが分からんような状態でヒットするんで、急に重たくなったりして焦る( *´艸`)

ちなみにブレイク(カケアガリ)も同じ理屈です

ブレイクに差し掛かるとリップが突き刺さるので分かりやすいwww

もう一つがスプーンですね~

っちゅうか、俺はスプーンが大好きなんですwww

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥581 (2021/12/07 05:39:28時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
IVYLINE(アイビーライン)
¥762 (2021/12/07 05:32:54時点 Amazon調べ-詳細)

波打ち際は水の動きが複雑になる

水の動きが複雑になる時にスプーンは大暴れするw

スプーンの基本は、暴れる時にストップする( *´艸`)

この前釣ったマゴチなんか、正にこのパターン

手前がちょっと掘れてるような場所になってたんで、一応波打ち際ブルブルでストップしたらガツガツ!

ランディングまで4秒くらいでしたw

あんな水流が激しい場所でもしっかりルアーを食ってくるんだから、奴らのハンティング能力は相当高いですよね~

過去ではこれはブレイクに差し掛かった時にスローで巻いてガッツリ

これはシンキングペンシルなんで、ちょっと慣れないと分かりにくいルアーではあります

波打ち際やブレイクはヒット率が自然と高くなる場所、それを意識した釣り方とは

波打ち際やブレイクに魚が集まってる訳ではなく、そこが魚に取ってハンティングポイントになってるという話でした

で、そこを意識する釣り方は・・・簡単です

ブレイクに差し掛かる、波打ち際に差し掛かる、その時はルアーが暴れたり重たくなったりします

その時に、ハンドル2~3回ゆっくりゆっくり回すだけでOK

もちろん、止めてもいいですよ

俺はそれを混ぜてます

止めたり、ゆっくり巻いたり、とにかくルアーからリールを巻く手に伝わる感覚が大きく変わったら、ゆっくり巻いたりストップさせたりします

それは、海底に変化があったサインと捉えてます

波打ち際は2~3回ゆっくり巻いたり止めてみたり・・・

もちろん、気分によっては回収!!!!!って速攻でピックアップしたりもします( *´艸`)

さすがに毎回毎回はやりませんw

1回の釣りで何百回もルアー通す訳なんで、テキトーに意識しながらでOK

さすがにマズメ時はかなり集中しますけど( *´艸`)

そんな訳で、波打ち際の実情と対策を話してみました

あくまでも個人的な見解なので、実際にする場合は自己責任でお願いしますm(__)m