飽きた

もう飽きた

サーフヒラメルアーは飽きた( *´艸`)

 

どこかのパンクバンドが言うとりました

 

おひとつ流行りゃタケノコみたく あちらにこちら猿マネルアー

 

今シーズンはちゃんとサーフヒラメを狙おうと思ってるんですが、何か刺激が欲しい

 

という事で

 

乳とルアーはでかけりゃいい

 

とサーフヒラメアングラーの9割は思ってるそうなので、今年はビッグルアーでのヒラメを妄想してみようかと

 

ヒラメにビッグルアーは有効か?

 

まずはそうくるわな

 

釣れるヒラメの99%(俺に至っては100%)雌のヒラメ

となると、美巨乳というフレーズが一切通用しない

だからと言って、デカちんで攻略とは思わない

あくまでも美巨乳路線のビッグルアー

 

とりあえず、ヒラメにはビッグルアーが通用するか

そりゃするわ

 

理由その1

14cmのルアーに14cmのヒラメが食ってくる

 

食えるかどうかではなく、食いつけるかどうかがヒラメの捕食スタイル

ソゲクラスの幼魚だから興味津々でなんでも食う、という事も考えられるが、やってないだけであって、40cmのルアーに40cmのヒラメが食わないとは言い切れない

 

理由その2

カマスパターンが存在する

 

カマスが湾に入ってくる

30cmくらいのカマス

それを漁師のおっちゃんが

「それ針に付けて泳がしてみい、ネイリやらヒラメが食うぞ」

と教えてくれた

 

カマスが入るとネイリが釣れる

見えてないだけで、やっぱりヒラメもカマスを追って入ってくるらしい

 

とりあえず、釣れないという事はないでしょう

 

実際によくあるルアーチェンジ ルアーを大きくして食わせる

 

ヒラメ講座的なサイトによくある

ベイトに合わせてルアーも小さく

これは俺やらない

やって良かった試しがない

あ、ソゲは釣れたか( *´艸`)

 

俺がやるのは逆のパターン

釣れないならでかくしてアピールさせて食わせる

 

これは効果的

実証済み

あ、でも10枚くらいしかこのパターンで食わせてない( *´艸`)

 

まぁ、ヒラメ相手、ましてやデイゲーム中心になってくると、ルアーを小さくだの、ちっせえロリ攻略なんて考えないで、でかくすりゃいい

 

小さくて細かく動く、ましてや早く動く

これに反応が良くなるのはソゲクラス

 

でかいヒラメはでかいルアーがゆっくりのんびりさせた方がいい

 

自然に目立たせるには、カラーチェンジではなく、サイズチェンジ(でかくね)の方がサーフヒラメでは有効

というメソッド

俺はこれを信じてるので

 

ヒラメにはビッグルアーは有効である

 

と言い切ります

 

サーフでのビッグルアーの使用感

 

14cmのルアーの話にはなるが、11~12cmのルアーと比べると、非常に安定したレンジキープができる

これ、ヒラメに大事よ テスト出るよ

小さいルアーだと暴れるような横の水圧でも、安定してレンジキープ

しっかり泳ぐビッグルアー、左右からの乳圧には圧倒的に弱い俺のビッグダディとは違うぜ

 

更にでかいビッグルアーだと、その安定感たるや、ガッキーや深キョンレベルだと妄想されます

 

 

ビッグルアーの問題 タックルのパワー不足

 

ビッグルアー・・・ここでは15cm、いや16cm以上の巨根、いや、美巨乳を言う

16cm、17cm、このサイズですね

主にはシーバス用、特にでかいベイト偏食パターン用?でしょうかね

高知西部以外は知らんけど、高知西部ではヒラメの偏食パターンが成立する程のベイトはおらん

真冬の堤防キビナゴパターンくらいじゃろ、そんなもん

 

シーバス用と言っても、ヘビータックル用も多い

スピニングタックルというよりも、ベイトタックル?

中には50gとか、足に落としたら骨折しそうな重量のもあるくらい

 

サーフヒラメタックルは、重量化するルアーに対応してる、とは言え、せいぜい40gのルアーが背負える程度

16、17cmのミノーを振り切るには、40g以上の重量があったらとても無理

恐らく、ある程度重量が絞られたタイプでないと、全く飛ばんでしょう

 

そんな訳で、サーフヒラメタックルでも使えそうなビッグルアー

 

DUO タイドミノースリム175・175フライヤー・200

 

楽天にはねえ

在庫がねえ

 

 

一番使いたかったんですがね~

特にタイドミノースリム200は20cmで27g

飛ぶかどうかは微妙っすけど、フォルムといいサイズといい、使ってみたいビッグルアーだっただけに残念

ちなみに

タイドミノースリム175=27g

タイドミノースリム175フライヤー=29g

タイドミノースリム200=27g

なんとも絶妙なサイズと重量でございました

 

SHIMANO エクスセンス サイレントアサシン 160F

 

 

 

16.3cmで32g

これくらいならサーフヒラメタックルで背負えますね

しかも、結構安いではないか

SHIMANOはぼったくり感を持っちょったw

潜行深度(レンジ)40~80cmと若干浅め

フローティングという事を考えると、ちょっと底から切った釣りになりそう

 

DAIWA ショアラインシャイナー SL170F

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ ショアラインシャイナー SL170F
価格:1992円(税込、送料別) (2018/9/9時点)

 

 

軽く2,500円は超えると思ってたビッグルアー群でしたが、DAIWAも安いね

これより材料が少ないはずの12cmサイズルアー、しかも量産してるはずなのに、ルアーメーカーもぼったくってるねぇ( *´艸`)

 

潜行深度(レンジ)は15cm~80cm

相変わらずのDAIWAレンジっすねwww

ロッド立てりゃそりゃ水面近くも引けるわ

そういうところまで有効レンジに入ってるのがDAIWA

 

サイレントアサシン同様、レンジは浅めなんで底から切った釣りになるね

 

 

ima kosuke 170F

 

2018年10月発売予定っす

 

今までのビッグルアーの中では最も重い39g

これはギリギリでしょうな

もしかしたら、皆さん使ってるタックルではパワー負けするかもしれまへん

kosuke110Fはかなり良かったんで、これも期待してます

が、重いね

 

鉛に頼らない そんなサーフの釣りを展開したい

 

断言します

今シーズンは鉛でヒラメ釣りませんとは言いません

 

状況ですよ、状況

どうしてもメタルジグじゃないとダメな時もあるし、ここならメタルジグで出る、という使い方してますから

離岸流見たらメタルジグ放ってストップゴーでやるようなハードゲイ無し攻略はしません

 

ここぞという時に、17cmのルアーをぶっ込んで、座布団ヒラメを食わせてやりますよ

 

すごい自信でしょ?

なぜなら

 

妄想だからです

 

 

妄想は事実より気持ちいいナリ

 

大人になったコ■助はそう言ってます

 

オフシーズンには妄想力を鍛える事も大事です