フラットフィッシュ

【マゴチ動画】やっぱりマゴチは夏なのか?

214311219_624.v1459006869

[adsense2]

Palms Anglersrepublicの動画がUPされてました

真夏のサーフでフラットフィッシュ

浅い・・・と言っても、高知西部の遠浅よりは幾分深めのサーフ

こっちらへんで言うと、興津サーフなんかが近い形状な感じっすね

県外の方がこっちの遠浅サーフを

「思ったより浅くて釣りづらい」「浅すぎて釣れるきがしない」

そんな感想で帰っていく人にも結構会ってきました(笑)

こういうサーフを遠浅サーフと認識してたら、高知西部の遠浅サーフは別もんですねwww

 

 

 

 

ルアーはブロテ

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 

面白いルアーですね

炎月投式みたいなもんっすわwww

こういうごちゃごちゃしたルアー

個人的にはサーフでは使いたくない

でも、ロックフィッシュ狙いなら大あり

なんか、そういう変な偏見があるんですよね、俺( *´艸`)

 

 

最近は動画ばっかり見てます(笑)

ロックフィッシュ系のは既に見飽きたwww

楽天市場 フィッシング用品 半額以下商品!

 

マゴチの話

P1000343



広告

 

 

みんな大好きマゴチのお話

マゴチはサーフで釣れる魚
このブログでは、
夏場に見られるビキニギャル
9月残暑にイレギュラーに見られるビキニギャル
に次ぐ、三大砂モノの一つと考えてます

もうサーフヒラメで有名になった魚ですが、マゴチは高級魚であり、美味い魚
同じ大きさならヒラメよりも大暴れして、独特の頭を振りまくるファイトを楽しめる
釣り味、食味ともにヒラメを上回る魚だと思ってます

高知西部ではよく釣れる
むちゃくちゃ釣れる
年中釣れる

釣れなかった月は2月くらいで、多分、2月も毎週通い詰めたら釣れると思う

高知西部のサーフでは割とありきたりの魚ですね

 




広告

 

 

よく低層を引くとマゴチ、その上を引くとヒラメと言いますが、強ち間違ってはないと思います
が、食い気のある、というか、ルアーを食おうと思ったマゴチはかなり上まで跳ね上がって食いつきます
でも、ボウズ逃れでマゴチでも・・・と思ったら低層を引く事が多いし、それで釣れますね(^^)

で、なぜここにきていきなりマゴチを語ったかというと

たまたま見たサイトにこれを見たから

クロダイ用らしいが、これは絶対にマゴチ用だ

と思っちゃうくらい、これは普通にサーフで底をポンポンしたら釣れると思う

まぁ、これがルアーに見えないので俺は使う事は無いと思うけど、なんとなくウナギにも良さそうな気がする(笑)

P1000343 rp_213385983.v1414558439.jpg rp_215324897.v1417578941.jpg

俺の中でルアー釣りらしいマゴチ狙いで使うのが、スプーンでのリフトフォール
大きくゆっくりしたボトムバンピングと言った方が早い気がするけど、マゴチは落ちるものに反応がいいような気がする

そして、金(ゴールド)の方が反応が良いような気がする
※そう思い込んでるから使うルアーがゴールド系に偏ってるとも言える・・・

マゴチはヒラメよりも波打ち際にいる確率が高い
特に日が昇っても一度サーフに入ったマゴチはそんなに頻繁に沖に行かない
真昼間でも波打ち際やダダ浅の流れ込みなんかを通すとガツンと来る事も多い

間違っても手で掴んではいけない
エラに鋭い棘があって、ざっくりやられます(^^;
一度、波打ち際でぽろっと落ちて、分かってはいましたが掴んで投げたら大出血したことがありますw

胃の中は割と甲殻類が多い
魚も食べるけど、やっぱり底にいる甲殻類が好きだと思う
ヒラメは甲殻類よりも魚を食ってる場合が多い

ヒラメもそうですが、マゴチも雄を釣った事がない
昔はある程度の大きさのマゴチになったら全部メスになるとか言ってましたが、最近の研究ではそうでもないというのが定説になりつつあるらしい

 




広告

 

 

マゴチは骨から良い出汁が出る
あら汁の美味さは天下一品
そもそも、頭がでかすぎるので、頭の身も食うべき(笑)

214333444_large.v1457651462

じゃ、どこで釣れるって

どこでも釣れるんですよね(^^;

強いて言えば、砂利混じりよりも完全に砂地のサーフがいい
川の影響があるような場所ならほぼ間違いなく釣れると思う
でもね~、砂利混じりの下田とか小名鹿でも普通に釣れる
※あの辺は泥混じりなので良いのかもしれん

何となく、マゴチについて語ってみましたm(__)m




広告

 

2月~3月 これからのサーフヒラメの展望




広告

 

 

高知西部も、サーフは最も水温が下がる季節。
まぁ、日本海とかの寒流域のサーフからしたらお湯でしょうけど、さすがに普段よりぐっと下がるので魚には影響あると思うよ(笑)

今週は2日、トータルで3~4時間サーフに立ちましたが、ウェーダーのつま先が冷たくなるくらい海水が冷たい。
2月、3月はヒラメが釣れないってのが定説になりつつありますが、周りを見ても聞いても、「釣れない」と行ってるだけで、釣りにすら行ってないw

だから、この時期は釣れない、となってしまうwww

 




広告

 

 

2月、3月にほぼ毎日1時間くらい早朝にサーフに立った年があるんですが、なんとなんと、見事に1枚も釣れなかった(^^;
その経験を踏まえ、ガチと思われる朝マズメに釣れないならやっぱり釣れない時期だと思い込んでたら、日中暖かく日が差した日の夕マズメはそこそこ釣れる事が分かった

そういう俺も、2回連続で寒い思いしてボーズ食らったら、何となくやる気は出ぬ(笑)

人間の悪いところ、時間がないと時間がある人が羨ましくて、釣りに行く時間がない、と自慢の如くボヤく( *´艸`)

下の娘が産まれる時、ご主人様と息子は実家に帰って、1ヵ月くらい一人だったんですよね。
しかも、12~1月という、ヒラメの最高の時期に。
で、釣りに行ったかと言えば、全然行かずに毎晩遅くまで飲んでた(笑)
まぁ、その時は、完全なる仕事のストレスで病んでた時期ですからね(*^^*)

で、産まれて行けなくなったら、ものすごく行きたくなるという・・・

そのお陰というか、マズメに釣る時間が無くなったけど、デイゲームでそこそこ釣果が出るようになったのは成長の一つかな~

話を戻して、今時期はヒラメの産卵期なんでしょうかね?
俺は高知西部というかなり狭い範囲でしか釣った事がないので全国的な規模ではさっぱり分からない
文献では、太平洋側は3月がヒラメの産卵期らしい
逆に北の方では、夏(初夏)がヒラメの産卵期らしい
じゃぁ、北海道とかは7月とか8月に急にヒラメが釣れなくなったりするのかな?という疑問

こっちで釣れるヒラメは、ほとんどが稚魚放流されたヒラメだと思う
養殖されたヒラメに、そういう産卵時期が脳にインプットされてるんでしょうかね?

養殖と天然の違いはパンダかどうか

という説があるが、最近の養殖技術では、放流ものもほとんどパンダが出来ないという話もある
高知西部は相当数のヒラメが稚魚放流されています(小学校の行事であるくらいです)
実際、ヒラメの産卵は沖合で、稚魚の時は深い場所にいる、という事を書いてる文献が多い

しかし、高知西部のサーフには、2~3cmのヒラメが波打ち際に無数に見えたりする
恐らくこのヒラメ達は、海に深場がある事を知らずに大きくなる
2~3年でヒラメサイズの40cmくらいになるヒラメ。沖まで落ちなくても、ベイトさえいれば浅場で成長できるはず

本来の魚は、水温なんかにシビアなはずだと思いますが、年から年中ショアから釣れてる事を考えると、やっぱり養殖放流でそういう本能的なものがズレてるのが多いんじゃないでしょうかね
稚魚放流の盛んなところは、かなりソゲの釣れる確率が高いような気がします
逆に言えば、自然の摂理のみのフィールドでは、ベイトを追って遠浅に入ってくる大きくなったヒラメが多いんじゃないかな
なかなか釣れないけど、釣れたら座布団級、そんなサーフもあるんでじゃないでしょうか
サーフ以外で言えば、磯場なんかがそれですよね

妙に何を言いたかったか分からんなってきましたが(爆)今のヒラメ事情では、産卵期やら気にしない方がいいような気がする
自然繁殖してるヒラメよりも、圧倒的に養殖放流のヒラメが多いと思う

そうそう、ここまで来て話を変えるw
ヒラメの雄を釣った事がない
周りの誰に聞いても雄を釣った事がない
なので、3桁以上のヒラメを釣っても、1匹もオスに当たってないんですよね~

あ~、ヒラメは生き餌しか食べないってのも違うんですよね~
堤防からおっさん達が、死んだキビナゴで狙って釣ってますからね

だいぶアルコール消毒が効いてきました
訳分からんなってきた~

何が言いたいかって、誰か毎日サーフへ行って、この時期でも釣れるんだという情報をくれwww

ここまで放流魚が多くなると、定説的なものが通用しないと思うですよね~
高知西部だけでなく、放流の盛んな県だと同じだと思う

もしかしたら、川の鯉釣りのように、毎日同じ場所に1パック100円のキビナゴを撒き続けたら、ヒラメの魚道が出来て爆釣とかね(笑)
なんか実験してみたい気がするな( *´艸`)




広告

 

30g・・・37g・・・42g・・・重量化していくSHIMANOルアー

DSC_0139

 

 

 

 




広告

 

 

SHIMANOのルアーがまたしても重量化傾向のようでござる。


もちろん、悪いとかそういうのではなく、ますます投げ切らるロッドが限られてきそうな気がするな~と

もともと投げ竿チックなルアーロッドからの~、AR-Cからの~、NESSA?

かなり軽くはなったけど、やっぱり重量系ルアーが得意分野のロッドなのかな?

初期のAR-C GAMEを持ってたんですが、硬くて曲がらなかった(笑)

今のSHIMANOのロッドはどうなんかしらんけど、この重量体制のルアー群が投げれ

るとなると、やっぱりその傾向があるんでしょうかね?

 

ちなみに、70mを超える飛距離!という売りは、そうびっくりするもんでもない。

永遠のライバルDAIWAのヒラメハンター115-LD-Sでもそれくらい飛ぶ。

 

スピンブリーズ130Sは30g

これが振り切れる体力とロッドがあれば、使うに越したことはない。

というか、遠浅サーフにおいて、こういう重量系のミノーが重宝することは割合多い。

波が強いと、水深1mくらいの遠浅サーフだと、底近くまで波の上下は入り、かなり重たくて底付近をレンジキープできないと釣れない時がある。

同じくらい飛距離が出るヒラメハンター115-LD-Sでは、軽くて浮いてしまう時に、このルアーしか選択できない場面が想像される。

シースパローとスピンビームの重量化はどんなもんかな~という妄想が正直なところ。

今の重量で十分なんですよね(笑)

スピンビームなんか、もともと飛ぶので、「あと数グラム重かったら~」と思った事がない(笑)

ミノーなんかは時々思うんですよね。「あと1gか2g重かったら・・・」

 

ちなみに、スピンビームは「底を釣る」ルアーと考えずに、「オールレンジ対応メタルジグ」と考えた方がいい。

無論、シースパローもそう。

このブログ見てたら、特にシースパローは底近くを通すルアーみたいに見えるかもしれん

が、頭の中では一つの手段として「シースパロー低層スロー巻き」があるだけであって、

スズキ狙いや青物狙いで表層通すしね。

 

サーフヒラメにおいては、レンジを刻むという手段は有効

ミノーだけだと、上からレンジを刻むだけになるけど、メタルジグなんかの重量系ルアーは、下から刻んで上まで行けるルアーなんですよね。

まだまだ遠浅サーフでメタルジグ使えないという人が周りにも多いけど、ミノーしか使わなかったらそれだけしか釣れないですからね。

そういう自分も、ここ最近やっとこさバイブレーションが使える感じになったきた(笑)


DSC_0139

正直、このキビレはバイブで始めてまともに釣った感じなんですよ(笑)

やっぱり釣れるんだ~と感動( *´艸`)

これもオールレンジで探れるルアーですから、もうちょっと幅広く釣れるようになったらええかな

そういうのがサーフヒラメでは大事なんです

釣れるルアーを探すのではなく、色々なルアーを使いたいという事は、必然的にキャスト数が増えるので釣果も増えるという計算

俺もルアーチェンジ1発でヒラメ釣った事は多々あるけど、そのルアーの威力は全く感じず、1発で出た方がたまたま感を感じる

探って探って長く使って釣った方が、そのルアーで釣ったという感覚になる

さて、今日もビール2本で抑えた
あとは焼酎ロックで頭クラッシュさせて寝るだけ

 

毎月ルアー1~2個を買えるくらいの数千円稼げるアンケートを紹介してみる

マクロミルのアンケートをお勧めします 多分、月に2000~3000円くらい稼げる アンケートに答えるだけ ↑とりあえず,,,

2016年 サーフヒラメ 売れ筋ランキング

2016年にこのブログのアフィリエイトで注文いただいたサーフヒラメなどのタックルのランキングですメーカーの思うようにいかないのもありw...

楽天市場 フィッシング用品 半額以下商品!

ハウルの動くサルベージ

DSC_0083

DSC_0083

ハウルの入れ物がでっかくて、一瞬コンドームかと思った
あ、ゴムか、一緒か

そして、2本入ってることに驚いた(笑)

サルベージ・・・電動じゃないバイブです

苦手克服

最初はシンペンなんか使えるもんじゃねえ、と思ってたのに、今ではほとんどがシンペンでの釣果

ではでは、ハウル

DSC_0084

 

コンドーム型の箱を開くとゴム二つと卑猥な頭が一つ

そして、不可思議な空間の何かをセットされたフックが一つ

DSC_0086

5万のデニムを母親に洗濯されて縮んだ時以来の???????という感情

DSC_0088

 

ひとまず、尿道のような穴に通す

DSC_0087

何となく、ち〇こ痛くなる

しかし、このソフトルアーのヌルヌル感が嫌い。

異性以外のヌルヌルは基本拒絶反応が出る

 

DSC_0089

 

サイト見て、こうセットすると判断

そして、ここで違う判断。
このフック、スプリットリングを開く的な何かを持ってないと、このソフトルアーの部分の交換ができない。現場にいつも持ってない俺には、もう一つスペアに付いてた違う色のゴムを現場でカラーチェンジすることはできない。

しかも、頭ごと根掛かりロストしたら、余ったゴムはコンドームとしても使えないので全く利用価値がない。

このスペアはいらないので、200円で良いので安くして( *´艸`)

DSC_0090

 

ハイ、無事セットオン

 

こりゃ釣れるでしょ

っちゅうか、これでばかり釣ってたら、恐らく引き出しはこれだけになる
そんな威力を感じさせる

DSC_0085

 

一方サルベージは特に変わった点は無い
背びれが気になる程度

どちらも27gと重い方

ダメならすぐ売るさwww