メタルジグの使い方

Pocket

広告

 

サーフヒラメでのメタルジグ

これはしょっちゅう質問されますが、サーフヒラメでのメタルジグの使い方が分からない、というもの。メタルジグの使い方が分からないで他のルアーが使えてんのか?と言ってやるw というと怒られるので、自分なりのメタルジグの使い方というか考え方を書いてみます

 

メタルジグは特別なルアーではない

メタルジグは使い辛いでしょうか?僕にとっては普通のルアーと変わらないです。というのも、普通のルアーと同じ使い方をしてるからです。要するに「タダ巻き」メインなんです。

狙いの場所へフルキャストして底を取ってタダ巻きするだけです。なので、他のルアーで届かないポイントや、他のルアーでやりずらい条件の時にキャストして、普通に他のルアー同様タダ巻きして使います

タダ巻きにおけるメタルジグのデメリット

メタルジグのメリットは「飛距離が出る」「沈みが速い」「レンジキープがし易い」事が挙げられますが、逆にデメリットは「シルエットが小さい(小さすぎる」事だと考えています。12cmのミノーからしたら半分程度。個人的にはカラーやフラッシングのアピール力よりも、ルアーが大きい方かヒラメに見えると考えています。この小さくなるシルエットはメタルジグの弱点だと考えています。

もう一つは「低速のリトリーブだと底を擦りやすい」というものです。ミノーやダイバー系が底を擦っても全く問題なく釣れます。ある程度の大きさがあるので、ヒラメにも十分アピールしてると考えています。ところが、メタルジグの大きさだと底を擦りながらだと、ただの鉄片です(爆)底から切ってリトリーブしないと見えにくいのではないかと思ってます

 

遠浅では使いづらい?

正直、自分のテリトリーの1m前後の水深の遠浅サーフでは使いづらいです。すぐに底を擦ってしまいます。ですので、ある程度ロッドを立てながら少し速めのリトリーブを心掛けています。もちろんタダ巻きメインです。

ロッドを上げ下げするリフト&フォールもいいかもしれませんが、遠くにあるメタルジグにとっては、たかだか10~20cmくらい持ち上がってあっという間に落ちる程度のアピールです。それなら底を切って早巻きしてハンドル止めてテンションフォールかけた方が楽でしょう。

遠浅でも使いやすいサーフヒラメ専用メタルジグ

 


 
このフック位置は正にタダ巻き専用メタルジグと言えます。底を切りやすし、思った以上にヒラ打ちしてキラキラと海中を泳ぎます。これはエグいです(笑)はっきり言って値段もエグイ(爆)これは売れますよ。卑怯っすわw

逆に言えば、これをジャークしたり動かすとあっという間にリーダーに絡む「エビ」の状態になりやすいです。リフト&フォールやジャークで誘いたい場合は、ノーマルタイプのメタルジグがトラブルが少ないです。フック位置はフロントでもテールでもヒラメは掛かってきます。メタルジグ自体が小さいので、ヒラメは大口を開けて飲み込もうとするようで、フロントフックでもちゃんと掛かります。
 

 

 

 

 

 

各メーカー、サーフヒラメ専用のメタルジグを開発しています

どれもよくできたもので、引き抵抗もなく、遠浅サーフでもストレスなく使えます

2017年以降も、メタルジグでのサーフヒラメ攻略は欠かせないものになるでしょう

広告



2016年の売れ筋タックル            2016年の売れ筋タックル  
セフィアCI4が半額             セフィアCI4が半額

広告

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)