遠投は有効?

Pocket

広告

 

サーフヒラメには遠投が必要か?

サーフからヒラメを釣るにあたり、飛距離は必要か否か。

あえてここでは

必要

とします

 

ヒラメがヒットする距離

サーフから釣れたヒラメは90%以上が波打ち際から30m以内。ちょい投げの範囲。ならば、遠投はいらんのでは・・・と頭に過ります。確かに、それが全て近場に泳いでたヒラメだとしたらそう言えます。

私は、遠くから追って来たヒラメが食ってる場合もある、と考えてます。ベイトを追い込んで食う、というのが基本だとしたら、ヒラメが追い込む場所は水面?まぁ、そういう場合もあるでしょうけど、そんなにないでしょう。

 

ヒラメが捕食する場所

追い込む場所は、海底。特に、ブレイクに差し掛かる部分で捕食してるんではないでしょうか?ルアーを追って来て、どこで食うか、それが、岸近くのブレイクラインではないか、と考えてます。

急深サーフでは、かなり足元でヒットします。それも、同じ理屈で考えてます。個人的な経験では、ルアーのリップが当たるか当たらないか、もしくは、リップが擦ってるような場所。そういう時にヒット率は上がります。

何となくですが、ルアーを追ってる感じが伝わる時がありますが、やはりヒットするのは手前のブレイクです。いわゆる追い食いという形で、遠浅サーフではありがちなんじゃないかな?と考えています。

底に当たった瞬間ヒットした、という話は聞いた事ないでしょうか?

底に当たった時のルアーの動きに対するリアクションバイトかもしれませんが、ルアーを追ってきたヒラメがブレイクで捕食するつもりで追ってきたとも言えないでしょうかね?(^^;

100m投げて、80m追っかけてきて、20m手前のブレイクでヒット・・・

これは大げさかもしれませんが、遠浅サーフでのヒラメの捕食はそれに近いものがあるのではないかと推測しています。

 

遠投の必要性

ヒラメは底付近を泳ぐ魚だと考えると、ベイトを追い込むのは海底だと考えるのが妥当かと。遠目から呼び込んで、手前で食わせる。

よって、遠投は必要、だと考えてます。

でも、こればっかりは想像の範囲から出ませんね。そう思い込んで、遠投して釣ってるだけかもしれません。

ですが、フルキャストする快感、ストレス発散は別の意味の大事な事(笑)ヒラメを釣る事だけ考えれば、チョイ投げ多投が良いかもしれませんが、唯一の趣味、ストレス発散できるのも釣り。
気持ちよくスカッと釣りたいんですよ(笑)

 

広告



2016年の売れ筋タックル            2016年の売れ筋タックル

楽天市場 フィッシング用品 半額以下商品!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)