ヒラメ攻略に絶対に欠かせないルアー・シースパローの話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シースパロー95HS




広告





人気ブランド大集合!ファッション通販サイト「Rakuten BRAND AVENUE」




広告

 

昔はサーフで使うなんて想像もしなかったシンキングペンシル

ヘビーシンキングペンシルで普通に釣れる、これが今の声

サーフヒラメ専用では元祖とも言えるシースパロー95HSです

シースパロー95HS

シースパロー95HSの詳細

シースパロー95HSの仕様

メーカー シマノ(SHIMANO)

ルアー名 熱砂 シースパロー95HS

大きさ・重量 95mm 28g

重心移動(AR-Cシステム)を搭載

シースパロー95HS

座布団数枚仕留めてますので、名誉の傷が付いてます(笑)

シースパロー95HSを上から

シースパロー95HSの厚み

厚みは11mmというところですね

~メーカーサイト抜粋~

アクションはタイトなローリング。また、フォール時は水平フォールで細かくボディを揺らせるフォーリングバイブレーションを発生。ベイトフィッシュをイメージした105mmのサイジングは季節・場所を問わず、サーフの青物狙いに効果あり!

なんとなんと、ヒラメ、という文字はないw

元々はサーフの青物用って事?

カラーは思い切りヒラメ意識してるカラーも入ってます(笑)

シースパロー95HSの使用感(インプレ)

飛距離が出る!

噂通り、鬼のように飛びます。

メタルジグ並み。メタルジグ以上?

AR-Cシステムという重心移動システムで、かなり飛ぶ

バネの入った重心移動システムなんで、キャストの際はテールに移動するシンカーが、途中でバネの力で重心(シンカー)は前方に戻る、という感じ

なので、ちょっと失敗したりすると重心がぐらついて飛ばなかったりしますね

特に、疲れが出てるとキャストミスが多発(笑)

フックがテールにしかない

スローで引いて底近くでレンジキープ

流れに当ててそのままコロコロ転がす

そんな感じの使い方

もちろん、リトリーブスピードを上げたら中層も引けますが、中層を引くならフロントフックが欲しい

底近くを狙う場合、フロントフックが砂に当たり、フックが甘くなりやすい

しかも、腹を擦ってるような動きをさせるので、そもそもがフッキングには関係ないと考えてます

なので、テールフックしかなくても全然問題ない

ただ、甘噛みされると外れやすく、それを克服するのにはシングルフック2本付けなんかが良いのか、ちょっと試行錯誤中です(;’∀’)

フックが1個ということは、経済的でもあります(笑)

引き抵抗がない分、使いにくい面もあり

このゆっくりコロコロは個人的には大好き

そういう使い方を多用するので、引き抵抗を感じるというよりは、単純にルアーの重みに頼る

正面から当たる流れの感度がちょっと鈍るので、流れに当たってるから止めて誘う、という動作がやりにくいかな~

横に転がってるのはラインの動きなんかで分かります

引き波が強いところや、離岸流攻略では、もうちょっと引き抵抗を感じるルアーが使いやすい

シースパロー95HSが威力を発揮する場所

遠くの浅場、沖目の離岸流の出口

こういう場所は、シースパロー95HSが威力を発揮

飛距離も出る、浅くても底を小突かないので釣りやすい

弱めの流れの中も、スローリトリーブする事で、ふらついて弱ったベイトを演出

この演出が効くかどうかは不明w

基本はフルキャストして、低層スロー

100mくらい飛ばして、スローに巻く

これがデイゲームで効くんですよね

やる気のないヒラメの鼻先を通す、そんなイメージ

日中って、ベイトも底、明るかったら尚更底、とにかく底にべったり

何となく、海からやる気を感じない日中は、低層スローに限ります(笑)

シースパロー95HSがやる気を発揮しない場所

オールレンジ探れるのがシンキングペンシル?

やり方次第では全層探れるのがシンキングペンシル

しかし、テールフックだけ搭載なので、ヒラメ特有の下から腹を噛み付くバイトのフッキングが気になる

中層より上を泳がせるなら、普通に2フック搭載のシンキングペンシルの方が安心できる

まぁ、気になるだけであって、釣れない訳ではないでしょうけど、使ってるルアーに不安があると、どうしても集中力が欠けるので、あくまでも低層スロー専用として使ってます

遠浅サーフ攻略には欠かせないルアー

 

シースパロー95HSは絶対にローテーションに入れましょう

金額的にも1,500~2,000円

カラーも迷うほど出てないですし、1個は入れておいて損はなし

大きいサイズのシースパローは要らない(笑)

シースパローには、95HSと、1サイズ大きい105HSがあります

105mmでなんと37g これは重たい!

NESSAシリーズの様な投げ釣り派生ロッドならともかく、これをブンブン投げまわるのはかなり疲れる

普通にヒラメを釣るには、ちょっと必要性を感じない105Hっす

 

 

SHIMANO シマノ シースパロー の楽天市場最安値を表示

広告

何が出てるか毎日分からない・・・Amazonタイムセール!

少しだけタックルを買うならAmazonが経済的!?

早い者勝ち!【プライスレス】楽天市場半額以下商品!

毎月ルアー1~2個を買えるくらいの数千円稼げるアンケートを紹介してみる

マクロミルのアンケートをお勧めします 多分、月に2000~3000円くらい稼げる アンケートに答えるだけ ↑とりあえず,,,

行けぜよ 関連記事

サーフヒラメ2017シーズン開幕に買いまくる?
 2017年のサーフもそろそろ開幕っす各メーカー色
続きを読む...

Amazonで売れているタックルランキング

楽天市場で売れているタックルランキング

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. フルチン より:

    シースパローが2年ほど前に、105HSを発売しカラーリングを一新したときから、95HSの重心移動システムが以前のシースパローに比べて明らかに軽くなって飛ばなくなってます。

    1. MOSS77 より:

      マジですか!?新しいカラーを使ってたら、何となくフニャフニャになる回数が増えた気がしたんですが、気のせいじゃなかったって事ですかね?(^^;
      傷だらけになっても古いの使った方がいいかもしれませんね(笑)

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)