遠浅サーフのデイゲーム攻略はスローリトリーブが必要不可欠という話

Pocket

 

もうすぐ40歳です

四十路です

パンチラみたら即勃起してたあの頃の俺はもういません

後頭部に円形脱毛・・・夜も2時まで眠れない・・・

 

それが原因かどうかは分からんが、ここ数年は、ほとんどがスローリトリーブ

どんなルアーを使おうが、「あ、早巻きしてる」と思って遅くするくらい、ほとんど早巻きはせずにスローに誘ってる

 

スローリトリーブを多用する訳

 

スローリトリーブ

ゆっくり巻く事

これは誰でもわかりますねwww

 

では、どれくらいの速さでハンドルを回すのか

この答えは

ルアーによって違う

 

特にリップのあるタイプは、泳ぐとティップ(竿先)に重みが掛かったり、リールのハンドルにブルブルという感覚が伝わってくる

その泳ぐか泳がないかの境目より泳ぐ側、というのが俺の中のスローリトリーブ

 

なぜ、スローリトリーブが良いのか

それは、自分自身の実績からなるものです

ここ最近は、ゆっくりルアーを動かして良い思いをしてます

 

特にデイゲームが中心になってから、ほとんどがスロー気味のリトリーブで釣果が上がってます

 

早巻き(ファストリトリーブ)の欠点

 

もちろん、早巻きを否定する根拠はございません

早巻きでもヒラメはヒットしてきます

しかし、デイゲームで早いアクションでやると、ソゲ率がぐんと上がってしまう傾向にあります

波打ち際でソゲが泳いでるのを目にする機会が結構ありますが、そのソゲが反応するのが早い動きのルアー

必ずルアーを追っかけてきます(笑)

逆に、ゆっくり動かすと、見えてないかの如く無視・・・

 

勝手な妄想ですが、マズメやベイトがたくさんいる状況のヒラメは、食い気まんちくりん、エサみたら追っかけるぜぇ~って感じで泳いでると思います

そういう状況だと、ファストリトリーブで中層泳がしてもヒラメはバイトしてくるでしょう

 

遠浅サーフのデイゲームだと、大きいヒラメだと、どうやらそういう反応が薄くなってる

一言で言えば、やる気ナッシング

早く動くルアーには、興味が湧かないようで、逆に言えば、まだまだ子供のソゲちゃんには、たまらなく興味がそそられるようです

 

アピールというアクション

 

デイゲームではヒラメが視覚を頼りに捕食する

多分、これは合ってると思います

なので、ルアーをアピールする事が大事になります

が、

このアピールという言葉がまやかし

アピール = 派手

フラッシング という言葉や トゥイッチ・ダート という動き

これがアピールだと思うと、どうしてもルアーを早く動かしたくなりませんか?

 

デイゲームのふにゃちんヒラメには、このアピールは、アピールではないと思います

あ~、今日は眠たい・・・おねーさまにもかわいこちゃんにも興味ないっすよ・・・

みたいな日中に、いきなりスカートめくって見せられても、ちょっとガン見するくらいで終わりっすよね

やる気のないふにゃちん状況では、派手なアピールはどうでもいいんすよ、多分

 

ところが、そもそも大好きなルアー・・・ここではパイオツと表現した方が分かりやすいと思います

どうでもいいっす・・・と思ってだらだらしてる時に、ゆっくりと近づいてきて、パイオツをゆっくりと鼻先に持ってこられて、ちょいじっくり見せられて、あ・・・と思ったら逃げそうになったらどうしますか?

即バイトでしょう

ちょっと待てと、たぐり寄せて食らいつくでしょ?

 

ちなみに、釣れるヒラメの99%が雌である

 

遅い動きは、自然に動かす不自然アピール

 

ゆっくりルアーを通すと、自然に泳いでるようで、細かな水の動きに揺れ動く、不自然な動きをします

良く聞く表現ですが、「可変」というヤツですね

可変アクションは、デイゲームのヒラメのキーワードと言えるくらい重要です

もっとわかりやすく言うと、フラフラ動いてるルアーに反応が良い

なんだかんだ言っても、遠浅サーフのルアーの届く近距離に居座るヒラメは、なんか食べたいんですよ

でも、眠い、みたいな

そんなテンションでも、目の前においしそうな動きをする違和感が通ったら、ひとまず食ってみる、というのが、デイゲームスローアクションの根拠です

 

どれくらいのスピードで巻けばいいのか

 

スローに、スローに、を具体的に

ラインは張ってないとダメです

ラインは張り気味で、ルアーはゆっくりと動き、波が横から来たら、横にちょっと動く、くらいのアクションができるくらいのスロー巻き

これが基本です

この揺らめくような横動きをするのが、シンキングペンシルだと思います

リップの大きいミノータイプだと、どっちかというと、リップから派生する派手系の動きが強い

シンキングペンシルは、水流に対して、素直に反応するルアーです

遠浅サーフで使いやすいのは、これ

 

 

SHIMANO シマノ シースパロー の楽天市場最安値を表示

 

お腹にフックがないタイプ

それゆえに、底を泳ぐ時に違和感がない

コロコロと転がるのがロッドにきちんと伝わってくる

DSC_0008

デイゲームのヒラメには、派手なアクションよりも、自然な不自然さを

 




アンケートモニター登録

2016年に最も売れたタックル

楽天市場 フィッシング用品 半額以下商品!

Pocket

カテゴリー: サーフヒラメ関係記事 タグ: , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)