ヒラメはゴールドカラーが釣れる・・・

Pocket

長い間語り継がれている定説 ヒラメ=ゴールドカラー

サーフヒラメがまだ全国ブームでなかった頃からの定説の一つで、ヒラメはゴールドカラーが効く、というのがあります。

必ずタックルにゴールドカラーを入れておこうという話から、ゴールドカラーに替えて1発で食ってきた等・・・色々な説がありますね。

サーフヒラメブームが来て10年以上経ちますが、このヒラメ=ゴールドという定説は今となっては?でしょうか?

個人的にヒラメ=ゴールドカラーが成立している!?

実は、この説については肯定的です。

実際に、ゴールドカラーは良く釣れる。

というのも、自分の中でゴールドカラーで釣れた記憶と、このゴールドカラーが効くという説がマッチして、自然とゴールドカラーをキャストする回数が多くなってるだけの事だとは思います。

しかし、マズメ時の薄暗い時間帯に、ゴールドカラーのフラッシングは人の目から見ても強いです。

ボヤっとですが、自然の光力が落ちて少ない光でも、力強く光るというか、そんな感じです。

恐らく、濁りが入ってる時も同じような感じで、ゴールドのフラッシングは何か強いアピールをしていると考えています。

シルバー系の自然なフラッシングとは違う【不自然な】フラッシング色がヒラメのバイトを誘う・・・そんな捉え方です。

もちろん、そのゴールド系で釣ったヒラメが他のカラーでは食わなかったなんていう検証は不可能ですから、あくまでも結果論と思い込みから来てるのは確かですね。

しかし、その思い込みが良い方向へ向かえば、勝負所でこのカラーで食わなければもう釣れない、という判断が出来るし、ここは怪しい・・・というポイントでゴールド系を投入して釣れれば、それはそれで納得できます。

統計してみると、ゴールドカラーが圧倒的という程ではない

ゴールド系で釣れた比率が高いかと言われたらそうでもないですね(笑)

実際、ここ最近はヘビーシンキングペンシルでの釣果が多く、そのルアーにはゴールドの強いカラーが無いのが現状。

しかし、それでもしっかり釣果が出てるのは確かです。

ゴールド系を使う時はマズメ時が多い

速く動かして、というより、底をゆっくりスローで誘う、結果的に動きでのアピールが出ない分、ゴールドのフラッシングで少しでもアピール・・・そういう考えで使う事が多いですね。

深みがある場所で、底近くに光が届きにくいポイントなんかも必ず通したくなります。

結局は、ヒラメが好きなカラーなんかヒラメに聞かないと分からない訳ですが、自分の中で納得のできるカラーがゴールド系になってます。

【ヒラメはゴールドカラーが効く(釣れる)】説への答え

個人的には「正解」と言っておきます(笑)

とにかく、このカラーを使ったら何となくでも納得できるカラーを作る事が大事です。

それには、何回も通い、何枚もヒラメを釣り、しっかりとした統計が出るようになったら初めて分かるものです。

実際、ヒラメをしっかりと釣ってる方(数枚釣っただけで語ってる人ではなく)にも、ゴールド=ヒラメという定説を持っている人も多いと思います。

メーカーの出すヒラメ専用ルアーには、必ずゴールド系が入ってる事を考えると、やはりこの説は正しいと思ってもいいんじゃないでしょうかね。

こういうお守り的なカラーやルアーを持ってると、集中力を高める要素にもなります

ゴールドカラーだけでなく、何か強みのあるカラーを自分なりに作るのも、サーフヒラメ攻略の一つですね

 

■■アンケートに答えるだけでルアー代を稼げる■■

アンケートモニター登録

↑↑登録で30ポイントGET↑↑
■■毎日とどくアンケートに答えるだけで稼げる■■

2016年に最も売れたタックル

楽天市場 フィッシング用品 半額以下商品!

Pocket

カテゴリー: サーフヒラメあるある, サーフヒラメの取扱説明書, サーフヒラメ関係記事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)