マゴチの話

Pocket

広告

 

みんな大好きマゴチのお話

マゴチはサーフで釣れる魚
このブログでは、
夏場に見られるビキニギャル
9月残暑にイレギュラーに見られるビキニギャル
に次ぐ、三大砂モノの一つと考えてます

もうサーフヒラメで有名になった魚ですが、マゴチは高級魚であり、美味い魚
同じ大きさならヒラメよりも大暴れして、独特の頭を振りまくるファイトを楽しめる
釣り味、食味ともにヒラメを上回る魚だと思ってます

高知西部ではよく釣れる
むちゃくちゃ釣れる
年中釣れる

釣れなかった月は2月くらいで、多分、2月も毎週通い詰めたら釣れると思う

高知西部のサーフでは割とありきたりの魚ですね

 

広告

 

よく低層を引くとマゴチ、その上を引くとヒラメと言いますが、強ち間違ってはないと思います
が、食い気のある、というか、ルアーを食おうと思ったマゴチはかなり上まで跳ね上がって食いつきます
でも、ボウズ逃れでマゴチでも・・・と思ったら低層を引く事が多いし、それで釣れますね(^^)

で、なぜここにきていきなりマゴチを語ったかというと

たまたま見たサイトにこれを見たから

クロダイ用らしいが、これは絶対にマゴチ用だ

と思っちゃうくらい、これは普通にサーフで底をポンポンしたら釣れると思う

まぁ、これがルアーに見えないので俺は使う事は無いと思うけど、なんとなくウナギにも良さそうな気がする(笑)

P1000343 rp_213385983.v1414558439.jpg rp_215324897.v1417578941.jpg

俺の中でルアー釣りらしいマゴチ狙いで使うのが、スプーンでのリフトフォール
大きくゆっくりしたボトムバンピングと言った方が早い気がするけど、マゴチは落ちるものに反応がいいような気がする

そして、金(ゴールド)の方が反応が良いような気がする
※そう思い込んでるから使うルアーがゴールド系に偏ってるとも言える・・・

マゴチはヒラメよりも波打ち際にいる確率が高い
特に日が昇っても一度サーフに入ったマゴチはそんなに頻繁に沖に行かない
真昼間でも波打ち際やダダ浅の流れ込みなんかを通すとガツンと来る事も多い

間違っても手で掴んではいけない
エラに鋭い棘があって、ざっくりやられます(^^;
一度、波打ち際でぽろっと落ちて、分かってはいましたが掴んで投げたら大出血したことがありますw

胃の中は割と甲殻類が多い
魚も食べるけど、やっぱり底にいる甲殻類が好きだと思う
ヒラメは甲殻類よりも魚を食ってる場合が多い

ヒラメもそうですが、マゴチも雄を釣った事がない
昔はある程度の大きさのマゴチになったら全部メスになるとか言ってましたが、最近の研究ではそうでもないというのが定説になりつつあるらしい

 

広告

 

マゴチは骨から良い出汁が出る
あら汁の美味さは天下一品
そもそも、頭がでかすぎるので、頭の身も食うべき(笑)

214333444_large.v1457651462

じゃ、どこで釣れるって

どこでも釣れるんですよね(^^;

強いて言えば、砂利混じりよりも完全に砂地のサーフがいい
川の影響があるような場所ならほぼ間違いなく釣れると思う
でもね~、砂利混じりの下田とか小名鹿でも普通に釣れる
※あの辺は泥混じりなので良いのかもしれん

何となく、マゴチについて語ってみましたm(__)m

広告

Pocket

カテゴリー: サーフヒラメ関係記事, 日記 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)