出たかぁ シースパローに105mmサイズが

Pocket

シースパローはもう1cm大きくなったら・・・と思った事がある人は日本に3人いると聞いてます
出ました、105mmサイズ
俺のはもうちょっと長いぜ!!
最初は必ず痛いって言われたぜ!!

大きさはともかく、重さが37gとかなり重たい部類
というのも、メタルジグと比べてもボティが大きいので振り抜き抵抗が大きい
1オンス(約28g)までの今となってはライトな部類のロッドではかなりきついと思う
SHIMANOの熱砂シリーズなんかは投げ竿コンセプトなのでこの重さでも余裕はあるでしょうけど
シーバスからの流用ロッドではかなり投げにくいのではないかな?
ま、俺の買ってな想像www

振り抜き速度が落ちると、結局は飛距離も落ちるという事になる
っちゅう事は、かなり強いロッドじゃないと飛距離という恩恵は受けれないんじゃないかな?
俺の使ってるタックルでも、恐らく振り抜けるのは95mmタイプのシースパロー・・・

しかし、これは海面が荒れてる時に使ってみたいフォルムではある
荒れてる時なんか、底近くをじっくり攻めたくなる(俺だけ?)
そこでリップが大きいダイビング系のルアーだと、かなり暴れて重たく感じて使いづらい
そういう場面ではヘビーシンキングがものすごく役立つけど、リップがあるタイプだと結局引き重りが強すぎて嫌になる
で、リップの無いシンペンが出てくる訳ですが、今までの95mmタイプだと大きさというアピールではちょっと弱い
そういう意味では、この1cmの大きさはここぞという場面の使い道があるんじゃないかと妄想してる


SHIMANO(シマノ) ルアー 熱砂 シースパロー 105HS AR-C OL-310N 43T 拘りヒラメゴールド

動画では青物狙いの下から目線ですけど、底近くでもこういう動き
底をゴロゴロさせてもちゃんと釣れる

超波打ち際でのヒット
超波打ち際でのヒット posted by (C)MOSS77
1月22日 ヒラメ 59cm
1月22日 ヒラメ 59cm posted by (C)MOSS77

しかしあれだね、このスペックなら、ベイトタックルで投げてみたら飛ぶんじゃないでしょうかね( *´艸`)

フライでヒラメ釣ったり、ベイトタックルでヒラメ釣ったり、なんかかっこええな
究極は浜から手投げでしょうけどね(爆)

Pocket

カテゴリー: 日記 タグ: , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)