鰻の話

Pocket

うなーぎうなーぎのお話です

既にウナギは絶滅危惧種
まだ釣ったらダメとかいうレベルではないですが、
実際に釣れなくなってるのが事実

おいらがこまい頃の話です
親父は川漁師ではないですが、仕事しながら朝晩川漁をやってました
ウナギといえば「ころばし」とか「はこうえ」とか言う仕掛けで獲る訳です

イメージ的にこんなやつ
竹で作ってたりしてましたが、毎朝10匹以上のでかいウナギを獲って市場へ持って行ってたみたい
当時はキロ2000円とかだったと思いますが、今はキロ1万くらいらしいっす^^;

中学とか高校になったら、夏に夜釣りに友達と行く
ミミズを掘って、夕方川まで行って、橋の上から釣るという(爆)
近くのカップラーメンの自販機でラーメン作って(お湯も出るやつ)
ビールとか買って飲み食いしながらwww
ちなみに、当時から下戸なんで、泡だけ呑んでましたわ(笑)

竿に鈴付けて、鳴ったら上げる
それでも7時~10時くらいで一人3~4匹は釣れてた
親父の作ったウナギ捌き用の小さい包丁で捌いて、七輪で焼いて甘辛いタレに入れて煮る
うちでは蒲焼ではなくこの手法でしたね

親父が元気だったころは、毎年ウナギを獲って食わせてくれました
結婚してからは漁をするヒマもないので、それが楽しみでしたが、癌で亡くなってから
無いものねだりではないですが、うまい天然もののウナギを子供に食わしたいんすよね

四万十川のウナギでも、下流と中流ではちょっと質が違う
下流は脂が乗ってます
中流のは筋肉質
どっちが好きかは好みでしょうね~

小さいころから筋肉質のウナギ食ってたので、やっぱり買って食うウナギは好きじゃない^^;

で、畑を作ってミミズが出来たらええな~と
それでちょっと夜に行ってウナギを狙う

正直、めんどくさい(爆)

なので、実家に帰った時に延縄でも仕掛けてみようかと思ってる

先日、実家へ帰った時に、小さい頃に川へ降りてた道を見てみたら、もうもうと草と木が生い茂ってました
親父が死んでから、誰も川へ降りないんでしょうね
毎年草刈って道作ってってのが当たり前だったのが当たり前じゃなくなった

あと20年経つと、生まれ故郷の川漁師はほぼいなくなるでしょうね
生計うんぬんよりも、伝統的なものを受け継いでる人はいない感じ
特に川船を操る人なんていなくなりそう^^;

親父は川船も設計して自分で作ってしまうくらいの人でしたからね
正直、もうちょっとまともに色んな技術を受け継いでたら良かったかな

そしたら、今の仕事も気兼ねなく辞めるのにねwww

と、昔を思い出してみた

今年も丑の日は養殖ですな(笑)

■蒲焼き【特大】老舗うなぎ専門店の味をご自宅で!.■国内産累計販売【230t】の実績! テレビ…

Pocket

カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)