ヒラメは凪が釣れるという説は古い!ヒラメは凪で釣れない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




広告





人気ブランド大集合!ファッション通販サイト「Rakuten BRAND AVENUE」




広告

 

私がサーフヒラメを始めた10年以上前

ヒラメは凪がいい

という説が当たり前であり、波があればサーフにすら立たないというのが常識

それは、古い話であり、今は凪では釣れないという事になりつつあります

 

ヒラメは凪が良いという説

ちょっと古い話ですが、私はサーフヒラメを始めた頃。今から6、7年前の話ですが、その頃は雑誌にも見開きで特集が組まれてる程度。

その時代に言われていた定説が、ヒラメは凪の日がいいというもの。

理由は、波が高くて底の砂を巻き上げるような時は、ヒラメが潜ってしまう、濁りが入って視界が悪くなると、ヒラメが捕食しなくなる、とか。

んまぁ~、今となってはってやつですよね(笑)

実際に凪よりいい条件

実際は、小荒れが一番です。波の高さが1~2mくらい。逆に言えば、凪の日は日が昇ったら食いが落ちるのが顕著です。

濁りに関しても、ゴミ交じりの茶濁り以外は大丈夫。

表面上の白濁りは全く問題ありません。

私の自己記録は、海面はほぼ白く濁った状況で、真昼間、波は1.5mくらいで断続的に入ってる状況でした。

実は波がある方が釣れる!のは確かですが、危険もはらむ・・・

波が2m~3mくらい入ってる状況でも釣れてます。

これくらいの波になると、波打ち際に立つのは危険なレベル。

かなり後ろに下がって、波が絶対に当たらないくらいの位置になります。

初心者にはお勧めできない状況ですが、慣れると安全な位置が分かります。

サーファーとは仲良く?

こっちでは、危険レベルの波かどうかの目安はサーファーです(笑)

危ない時は、サーファーもいません。

波は結構あるのにサーファーが居るような状況がベスト(笑)

波が入ってる方が流れもでき、離岸流などの変化も見つけやすい。

波が強いと感じたら、レンジキープを意識したルアーを通すといい。

ミッドダイバー系が通せる状況ならいいんですが、波の具合では、バタバタし過ぎて釣りず辛い時があります。

そういう時は、30g前後のヘビーシンキングやメタル系。

底をゆっくり通す意識で若干スローで巻いてやるといい感じにレンジキープできます。

危険かどうかを判断する方法

波が高い、と思ったら、準備する前に缶ジュースでも飲みながら、数分くらい海を眺めてください。

怖い

と感じたら帰りましょう。

安全な位置、そして、釣れそうな位置が確認で来たらGOです。

誰でも釣れるヒラメ如きに命賭けるのはアホですのでww

ヒラメに限らず、捕食に入った魚は、濁っていようが荒れていようが、エサを食う行動を取ります。

とある川漁師さんの話です。

四万十川は増水して泥濁りの茶濁りになったら、鮎が岸部に群れて逃げてる時があります。

スズキなんかに交じって、でかいヒラメもガバガバ食ってる時があるそうです。

ま、極端な例ですけどね。

個人的に感じてる事

凪=ソゲ
荒れ=座布団


今は、凪ってると釣れる気がしません。

 

広告

何が出てるか毎日分からない・・・Amazonタイムセール!

少しだけタックルを買うならAmazonが経済的!?

早い者勝ち!【プライスレス】楽天市場半額以下商品!

毎月ルアー1~2個を買えるくらいの数千円稼げるアンケートを紹介してみる

マクロミルのアンケートをお勧めします 多分、月に2000~3000円くらい稼げる アンケートに答えるだけ ↑とりあえず,,,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

行けぜよ 関連記事

台風ってか
  まさかの10月台風ですね~ とか言いながら、昔
続きを読む...

Amazonで売れているタックルランキング

楽天市場で売れているタックルランキング

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)