サーフヒラメ用のリールとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
dsc_1098




広告





人気ブランド大集合!ファッション通販サイト「Rakuten BRAND AVENUE」




広告

 

サーフで使用するリール

特にヒラメ狙いで使用するリールは、ある程度の性能があれば十分です

あまり散財するタックルではないリールですが、ある程度いい性能のものを買えば、メンテナンスも楽になります



 

ヒラメ用のリールは巻ければOK!?

サーフヒラメにおいてもっとも拘らなくても良い部分が、リールかもしれません。

ターゲットをヒラメにメインを置くと、ヒラメのファイトを想定して、リールの性能が及ぼす影響はあまりありません。

ヒラメは一瞬の瞬発力はかなりあります。

ドラグを一瞬で引きずり出すような事もありますが、実は長距離引っ張るような動きはあまりしません。

ヒラメが走ったらドラグに頼らずヒラメの走る方向へ自分でも走るくらいで動きは止められます。

慣れは必要ですが、ファイトで言えばヒラメはそう走る魚ではないです。もちろん、油断は禁物ですが。

リールの大きさとスプール

リールはダイワ・シマノが主流です。

この2つのメーカーで考えます。大きさで言うと、シマノなら4000番、ダイワなら3000番がサーフではちょうどいい大きさです。

というのも、ロッドが9.6~11フィートという事を考えると、バランスがちょうどいい大きさになります。

最近のリールは巻き上げるパワーも上がり、もうちょっと小さ目でも問題ないかもしれませんが、サーフでは何十回、何百回とルアーを巻く釣りなので、あまり小さいリールだと巻き上げる力も余計に必要になり、釣れれる原因となりかねません。

ある程度の大きさは必要だと考えてください。

できればスプールが浅溝タイプがPEラインを巻きやすい。

下糸を巻いて調整する事になるんですが、普通のスプールだとかなり下糸も必要になります。

ただ、浅溝タイプのスプールが最初から搭載されている機種も限られています。別に浅溝スプールだけ購入するもの手ですが、ちょっと高いですね(1万近いです)

下糸は一度調整してしまえば次からは楽なので、最初に巻くときに時間は掛かりますが、巻いたり戻したりして調整することをお勧めします。

シーズンが冬の太平洋側ならではの問題?

リールにはハンドルが付いていますが、どんなタイプでもOKです。

私自身、アルミノブのパワーハンドルを使用していましたが、高知のヒラメシーズンは冬でして、ノブが冷たくて辛い思いをしました(笑)最近ではEVA素材のノブにしています。

ノーマルギアとハイギアはどちらがサーフヒラメ向き?

ノーマルギアとハイギアというタイプがありますが、ダイワにしろシマノにしろ、ハイギアタイプをお勧めします。

サーフヒラメでは魚が掛かった時よりも、ルアーを巻いてる時間が圧倒的に長く、回収をスムーズに行うために、少しでも糸巻き量が長いハイギアタイプが楽です。

最近のリールはハイギアでも巻き重りする事はあまり感じないらしいですね。

ちなみに私の愛用のリールもハイギアタイプですが、巻き重りは感じないですね。

 

 

2大メーカー

シマノかダイワか、これは結構悩みますね。

どちらも防水機能が充実しており、ノーメンテナンスが売りになってます。SHIMANOはコアプロテクト、DAIWAはマグシールド。

2017年には1万円台のリールから搭載されており、既に普通のリールも防水機能というのが当たり前になってます。どちらがいいかはよく分かりません(笑)

ただ、サーフで釣りをしてると、かなり砂が入ってきます。

リールの細部にも砂が入り、以前はセルテートの旧タイプを使ってましたが、毎年ギアがゴリゴリしてきて、分解洗浄をしてましたが、最近ツインパワーに替えてから、使った後の水洗いのみでノーメンテナンス。数回程度の使用ですが、全くゴリ感もなし。

ロッドがSHIMANOやDAIWA以外ならどっちのリールを使ってもいいでしょうけど、ロッドがDAIWAならリールもDAIWA、という風に合わせるのが無難でしょう(笑)

ちょっと違いが出るのが、スプールです。

SHIMANOのAR-Cスプールは、エアノットがほぼ起こりません。

DAIWAのスプールは糸巻き量が多すぎるとエアノットが多発します。ちょっと加減が必要なのがDAIWAです。

が、SHIMANOのスプールは浅溝タイプが少なく、下巻きがかなり必要というのも注意しておかないといけません。その点、DAIWAの浅溝タイプは下巻きも少なくて済みますね

SHIMANO(シマノ)のおススメリール

初心者おススメのシマノのリールを解説してみた

ラインナップが非常に分かりにくくなってるシマノですが、サーフ用としてのおススメを書いてみました

下記リンクを参考頂けるとうれしいです

 

シマノリールを迷わないように初心者向けに無理やり解説w

まだまだ続く シマノのリールを分かりやすく解説してみる

 

サーフタックルで資金を削れるのがリール(笑)

最近のリールは廉価版でも非常に高性能になりました。

軍資金に余裕があれば最高級機種でもいいでしょうけど、ちょっとでもリーズナブルなタックルにするなら、リールの部分が一番削れるんじゃないでしょうか。サーフヒラメだけで考えたら1万のリールでも十分に使えます。

売れ筋サーフヒラメリール

 

2016年よく売れたタックル ~リール編~

 

結果は・・・2万円以上のリールはほとんど売れてません(笑)SHIMANO・DAIWA共にリーズナブルなリールが売れ筋でした。

2017年も恐らくその路線には変わりません。というより、廉価版にどんどん最新技術を搭載していますので、更に低価格化は進むと思います。



 

広告

何が出てるか毎日分からない・・・Amazonタイムセール!

少しだけタックルを買うならAmazonが経済的!?

早い者勝ち!【プライスレス】楽天市場半額以下商品!

毎月ルアー1~2個を買えるくらいの数千円稼げるアンケートを紹介してみる

マクロミルのアンケートをお勧めします 多分、月に2000~3000円くらい稼げる アンケートに答えるだけ ↑とりあえず,,,

行けぜよ 関連記事

シャロー攻略 ショアラインシャイナーZバーティス120S
    kosuke110Fが海へお帰り
続きを読む...

Amazonで売れているタックルランキング

楽天市場で売れているタックルランキング

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)