何ゆえにハンドメイドルアーか

Pocket

僕がハンドメイドルアーに手を出す理由
今まで何十種類とミノーを試して来ました。
しかし、瀬を泳ぎ切ったルアーには1回しか出会ってません。
それは、とあるルアービルダーのハンドメイドルアーだけ。
泳ぐんすよ
泳ぎ切るんすよ
ゴンゴンの瀬を
まぁ、分かってます。
あの方の経験と知識と恐ろしいまでのセンスで出来上がったハンドメイドルアーだからこそのものである事は。
ソルトルアーにしろトラウトルアーにしろ、
昨今では
重たくして安定感を得る
故にタックルがヘビー化する
自分の感覚と真逆なんですよね。
軽いけど流れに突き刺さって安定する
目標ではないです。
あんなルアーが作れたら、わたしゃ商売にします(爆)
あのルアーの感覚を掴みたい
その思いが僕のハンドメイドルアー精神なんすよ。
じゃぁ、そのルアーは?
って話なんですが、根掛かりでロストしてしまいました(T_T)
釣友は、3月の冷たい川に飛び込んで彼の生み出したルアーを救い出したそうです。
俺にはそんな根性が無かった
腰まで浸かって、濁った瀬に入り、足元が浮いた瞬間
恐怖
を感じてしまい、切ってしまった
罪悪感故に、ルアービルダーの名前は出しませぬ。
彼に憧れる事がせめてもの罪滅ぼし?
いや違うな(爆)
まぁ、自ら削る事で少しでも気持ちを同調させたいって感じかな。
木片に魂を
これ、俺のコンセプトにしよう(笑)
DSC_1767
DSC_1767 posted by (C)MOSS77

Pocket

カテゴリー: ハンドメイドルアー タグ: , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

何ゆえにハンドメイドルアーか への2件のフィードバック

  1. fuji のコメント:

    はじめまして(^^)
    宮崎のfujiと申します。元々興味はあったのですが、このブログに出会い、今年からサーフからのヒラメ狙いを始めました。全てこのブログを参考にしています(^_^;)
    土地柄、サーフの釣りは非常に盛んなようで、この時期、サーフから怪物を求められる方が多いようです。

    私は残念ながら未だヒラメに出会うことは叶ってませんが、今年中に1枚と考えて仕事前の僅かな時間にサーフへ通っています。
    ところで、このハンドメイドミノーはどちらのものでしょうか?

    • MOSS77 のコメント:

      訪問ありがとうございます!(^^)宮崎はオオニベなんかも釣れるんですよね。旅行がてらに行ってみたいもんです。
      このハンドメイドルアーはとある関西のビルダーの方のものです。ブログのリンクに貼ってる方ですが、ルアーもフライもすごいレベルの方たちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)