砂ヒラのススメ

ヒラスズキ



広告

 

 

高知西部の3大砂モノ

ヒラメ

マゴチ

そしてヒラスズキです

そのヒラスズキは、サーフから意外と簡単に釣れます

ヒラスズキ

サーフからヒラスズキを狙う(砂ヒラ)

スズキの中でも外洋性が強い

スズキには大きく分けると3種類が高知西部で釣れます

マルスズキ

タイリクスズキ

ヒラスズキ

この3種類ですね

マルスズキは落ちアユパターンが有名で、河川で良く釣れる

タイリクスズキは愛媛県のとある川で村越氏が釣ってた動画がある

こっちでも釣れるらしいけど、俺は釣ったことない

ヒラスズキは、外洋性の強いスズキで、黒潮の影響を受ける場所で釣れる

ヒラスズキを狙う釣りで有名なのは磯ヒラ

磯で荒れてる時に釣る「磯ヒラ」は有名ですね

難易度も危険度も高い、正にマニア向けの釣りが磯ヒラ

沖磯に行かなくても、サラシ(白泡)の広がる地磯で釣れる

荒れれば荒れるほど釣れるという恐ろしい魚故に、当然釣り人の危険度も高い

あまり初心者向きではない釣り

ちなみに、わたくしめは最初に取り組んだルアーフィッシングが磯ヒラw

砂浜(サーフ)から狙うのが砂ヒラ

では、危険な磯じゃないと釣れないのか?と言うとそうではない

外洋に面したサーフで普通に釣れる魚です

危険度も低いし、磯ヒラよりもかなり釣れる確率は高い

後述しますが、ある条件を守れば、相当高確率で釣れる

ヒラスズキはかなり美味しい魚

市場に出回る事は稀で、釣り人だけが食べられる超高級魚

外洋性が強いだけあって、身のクセもなく白身でうまい

冬のヒラスズキなんか、捌いたら脂でぬるぬるになるくらい脂が乗ってる

スズキと言えば、旬は夏?という感じかもしれませんが、こっちで釣れるヒラスズキは晩秋から初冬が旬だと思いますね

狙わないのはおかしい?砂ヒラは狙う価値がある

高級魚ヒラスズキは、砂浜から狙えます

しかも、割りと簡単に、です

砂ヒラと呼ばれてますが、コツさえ掴んだらかなりの高確率

なかなか大きいサイズは出ませんが、50~60cmのサイズはかなり釣れます

時には90cm近いランカーサイズも釣れます

その砂ヒラを釣るタックルや釣り方を書いてみたいと思います

 



 

サーフのヒラスズキ・砂ヒラのタックル

砂ヒラ用のロッド・リール・ライン

難しい事は言いませんw

ヒラメなんかで使ってるサーフ用のロッドを流用すればOK

リールもそう、ラインやリーダーもそう

すべて、サーフヒラメタックルを流用すればOK

なので、サーフヒラメやってる人は、特別に買い足すタックルはあまりないんですよね

それでもって、美味い魚が簡単に釣れてしまう訳です

ほら、やらないなんて損でしょ?(笑)

必須アイテムは1つ?

サーフヒラメ流用で賄える釣りですが、1つ必須アイテムがいります

それが、ヘッドライト

ルアー交換はもちろん、ランディングでに必須です

最近は充電式なんて出てるので、おススメですね

 

 

ジェントス 充電式LEDヘッドライト GT-303R の楽天市場最安値を表示

 

サーフからヒラスズキが狙える時期

高知西部のサーフの砂ヒラシーズン

個人的には、ヒラメの延長と前哨戦としてやってるので、ヒラメの時期と一緒

10月から1月、4月から6月

この時期に狙っていましたが、厳寒期の極寒朝マズメでも、あまりボウズを食らってません

大概、釣れてます(笑)

サーフヒラメを本格的にやってた時期は、ボウズ逃れのために、朝暗いうちから釣ってたくらいですからね

人に聞くと、真夏の夜中でも50cmくらいのは釣れるみたいです

80cm級のランカーサイズは、晩秋から初冬が多いみたいですが、50cm前後のサイズは年中釣れてるようですね

サーフからヒラスズキが釣れる条件

磯ヒラ同様の条件でも釣れるが・・・

前述したとおり、磯ヒラのように、サーフが荒れてる日に釣れる

特に、沈み根や磯周りでサラシが出てるような場所は狙い目

となると、砂浜から投げてるだけで、やってることは磯ヒラです(笑)

しかし、サーフからだと、荒れる、という条件に不向きなんですよね

荒れると、サーフ自体に立てない

立てる程度の波だと、ヒラスズキを狙うよりもヒラメ狙った方が早い(笑)

立てないほど荒れると、もちろん釣りにならない

荒れ=砂ヒラ はあまり成立する釣りではないっすね

砂ヒラが高確率で釣れる3つの条件

1 ナイトゲーム

2 満潮・干潮

3 凪

1の条件の通り、基本は夜

ナイトゲームでの釣り

明るくなると、途端にアタリが無くなります

狙い方としては、朝マズメ1時間くらい前にサーフに立って、徐々に明るくなる時間帯を狙う

薄ら明るいくらいまで釣れるので、ヒラメ狙いのついでに、ちょっと早起きするだけでOK

夕マズメ後も、ちょっと暗くなるまで延長すると、手元が見えなくなったくらいから急に釣れたりします

どっちかと言えば、朝マズメの方が釣れてるんですが、朝だと場所をある程度知っておかないと、見えない状態でのキャストなんで、全く的外れなところに投げたりして泣きそうになるw

夕マズメなら、岸近くに回遊してきそうな場所を下見できるので、釣りやすい

2の条件、満潮と干潮

大潮の満潮が一番釣れるし、型も大きいのが釣れやすい

釣れやすいだけで、暗い時間帯に満潮か干潮が重なると、その時間に集中して釣れる事が多い

もちろん、その条件が重ならなくても普通に釣れるけど、好条件で釣るに越したことはない

高知西部だと、冬の場合、大潮の満潮が朝マズメ前に重なる日もあるので、かなりおススメ

その条件で、釣れなかった事は、記憶の限り無いですね

3の条件、凪

実を言うと、ナイトゲームでも波があった方が釣れるし、大きい個体が釣れやすい

が、暗いサーフで足元を洗っていくような波が断続して入るような日は、危ないので行ってはいけない

第1ブレイクがどんと立ち上がるくらいの波がギリギリで、なるべく静かな日を選んだ方が釣りやすい

もちろん、凪でも普通に釣れますし、荒れた日を狙うよりも、上記2つの大潮満潮朝マズメ前を狙った方がいい

ナイトサーフでの危険性

暗い、というのは、本当に危険なんですよね

俺自身、波の強い時にサーフに立って、いきなり腰まで波が来て、必死で引き波に耐えて命からがら逃げた事がある

190c近い巨体だったので助かっただけで、あれが通常サイズの人なら、マジで死んでると思った

安全な凪でも釣れる魚なので、わざわざ危険は冒さないように気をつけましょう

 



 

サーフでのヒラスズキの釣り方

基本はシンペンの表層タダ巻き 波があればミノーも

波の静かな夜は、シンキングペンシルの表層タダ巻き

ヒラメ用の1オンス(28g)があれば十分

フルキャストして、普通に巻いたらOK

ゆるゆるに巻くと、バックラッシュが発生しやすくなるので、ルアーの引き抵抗をしっかり感じるくらいの速さ

砂ヒラ用で買うなら、21gくらいが表層を通しやすいですが、わざわざ買うのが勿体ないという方は、ヒラメ用を流用しましょう

もちろん、ミノーでも釣れます

特に、海面が上下するような波がある時は、80cmくらい潜るミノーが釣りやすい

個人的には、sasuke裂波140が使いやすい

飛距離は出なくなりますが、表層の波の下を探る感じで使ってます

シンキングペンシルにしろ、ミノーにしろ、ルアーが暴れない程度にしっかり引き抵抗を感じながらリトリーブしてください

さっきも書きましたが、ゆるゆる巻きはスプールのラインの締まりが緩くなって、バックラッシュしやすくなります

狙うは第1ブレイクの沖、届くなら第2、第3ブレイクを

岸から見て、最初に波が立ち上がる場所が第1ブレイク

遠浅サーフだと、その第1ブレイクより沖がポイント

波が手前で立ち上がるような場所は、手前までしっかり水深があるので、手前で食ってくる

遠浅サーフだと、かなり沖が第1ブレイクなんてことはざらにある

遠浅サーフのナイトゲームは、ある程度潮位のある日を選んだ方がいいと思います

アタリは明確

ヒラスズキのアタリはかなり明確にロッドに伝わります

ガツガツと頭振ってるのが伝わってきます

アワセが遅れると、結構簡単に外れてしまいますね(^^;

ロッドに違和感を感じたら思い切りアワセちゃいましょう

最初のルアーを吸い込むアタリも分かる時もありますので、集中しましょう

波の静かな日ほど、その前アタリも感じやすく、逆に言えば、アワセが遅れるとバラしやすい

磯ヒラやってると、トップに出るヒラスズキの捕食の下手さにイライラしますが、砂ヒラだと結構確実に食ってきます(笑)

ランディングの注意点

暗い中のでランディング

正直、波打ち際の方まで魚を持って来ても、見えません(^^;

なので、ヒットしたら、すぐにヘッドライトを点けます

海側にライトを当てても、ほぼ見えないので、穂先から出てるラインを照らします

そのラインの角度で、大体どの辺かを判断

近くまで来てると感じたら、後はゆっくり後ろに歩いてズリ上げましょう

これも、暗いので距離感が外れる事もあり、結構後ろに歩くハメになる事もあります(笑)

ヘッドライトを有効活用

強い光の出るヘッドライトなら波打ち際まで照らせるかもしれませんね

少々海面照らしても、いきなり釣れなくなったりはしないようです

ランカークラスは違和感を感じて逃げるかもしれませんけど、バラすよりマシ(笑)

あまり強引にズリ上げないで、ゆっくり、ゆっくり

スズキが反転して沖へ走ったら、自らも走ります(笑)

これ、サーフでの基本ですね

砂ヒラに向いたルアーのカラー

ナイトゲームが中心になる砂ヒラ

暗いうちに釣るのが中心ですが、カラーは色々なカラーで釣れます

パールカラーは目立つ

フラッシングが強いナチュラル系は、満月の夜なんかに威力を発揮

満月でもパールカラーでも釣れるし、まぁ、好みでOK(笑)

個人的には、チャートパールが好きですね

ヒラスズキが釣れる、というより、暗い中でもルアーを認識しやすい(俺が)という理由

ケイムラも効くかもしれませんが、ホントに手持ちのルアーで大丈夫です

個人的おススメ 砂ヒラルアー

 

 

エクリプス ドリフトペンシル110 の楽天市場最安値を表示

 

 

ima sasuke裂波140 の楽天市場最安値を表示

 

 

JUMPRIZE ジャンプライズ ぶっ飛び君 95S の楽天市場最安値を表示